天狗森
前週雨のため中止になった天狗森(馬路村)に本日行くことに。
馬路村に行くのは初めてのギッチャンです。
6時20分に一宮発、メンバーは今回は5名です。
晴れの予報ではありますが、どうもイマイチすっきりしません。
7時30分 安芸駅でお買い物 魚梁瀬ダム 遠い〜です お天気はこんな感じ

安田町のじねん工房までは来たことのあるギッチャンですが、それから先は初めて。遠いですね〜〜馬路村は。
道が広いとだいぶ違うとは思いますが、、、
林道は舗装もなくガードレールもなく、悪路です。ギッチャンの運転では無理。一人でも無理です。
かなり高い所まで上がり、登山口には9時30分着。
他にはだ〜〜れも来ていません。

9時50分 登山開始 クロモジ?アオモジ?ナンノモジ? 無残に折れた木がそこここに…

登り始めからいきなりの急登です。
天気のせいもあり足元も悪くて、なかなかきつい。。。動物の糞もフンダンに落ちてます。
ガスが立ち込め、小雨も降りで尾根に出ても視界はサッパリです。
山は、シキミ、馬酔木のほか、黄色の小花、コメツツジよりひと回り大きいかわいいツツジ(地元の人はコメツツジと言ってるそうです)
などが咲いて楽しませてくれます。
尾根では竜巻の跡かと思うような、折れた木が、、、なんか無残です。台風の爪あとでしょうか。

満開の馬酔木 これから最後の登りです 11時30分 やっと頂上着

頂上手前には広々とした台地が開けています。
ススキの茂った場所に、カモシカさんの遊んだ跡もありました。2本爪のまだ生々しい足跡が登山道に残っています。
遭いたかったなあ、、、日本カモシカさん。
最後の登りはしんどかったです。でも73歳の女性が、黙々とすぐ後ろからきてるのでギッチャンも頑張りました。。。
今回5人中最年少のギッチャンでしたが、体力も最小でした。

あちこちに咲いていたかわいいツツジ
定番シンプルランチ 12時00分 下山開始 少し明るくなってきました

頂上に着いたころは雨も止み、ガスも晴れてきましたが、下山中は又ガスの中。
折れて倒れた木を、何度もまたいで、どこが道かわかりにくいし、歩きにくいです。
リーダーがいないと、ギッチャンには無理ですねーー。
中腹まで下りて来たころに、ようやく視界が開けてきました。
山、また山の中に、魚梁瀬ダムと魚梁瀬の集落が、おとぎ話の絵のようです。

やなせ温泉
登る時には見えなかった景色

下山後はみなさん、やなせ温泉にて汗を流されました。
温泉が苦手なギッチャンは、今は使われてない森林鉄道のそばで、のんびりティータイム。
時の流れが止まったかのような、静かなのどかなひとときを過ごしました。
晴天にはのぞまれませんでしたが、とってもいい一日でした。