高板山
体重を頑固に維持(?)しているギッチャンは、膝痛で憂うつな毎日ですが、
5月最終の休日あたりは、ゴヨウツツジの時季なので、またまた友人を誘って高板山に出かけることに。
高板山(こうのいたやま)は、『皇の居た山』が語源とか。。。修験の山でもあるようです。
3年前に行った時は、裏年でホント花がなかったです。
8時に自宅発。
8時50分 物部村役場 林道沿いにはこの花が沢山 大岩が!(ボヤけてますが)

久しぶりに通る林道梶佐古小桧曾線ですが、まあずいぶんと荒れています。
雨水で土砂がえぐられて、デコボコになった箇所も至る所にあり、落石あり土砂崩れありの悪路です。
1時間位の行程ですが、気が遠くなる程長く感じられました。
それでもゴヨウツツジの時季とあって、駐車場には8台程が停まっています。
ごく普通の軽四も2台停まってて、よくぞあの悪路を、と感心しました。

さて、高板山は駐車場すぐからの登り口と、林道をしばらく歩いてからの登り口とがあります。
隣の奥神賀山と合わせて登る方も多く、その場合は林道を歩いてからのコースをとられています。
ギッチャンたちは、すぐ登るコースにします。
10時10分登り始め。急登ですがヒメシャラやブナの木立が美しいです。

なんのキノコ? お天気はいまいちです 昨日の雨で落ちたのでしょうか

細い尾根に出る頃、足元に白い花びらが、、、あれーもう終わったのかな〜〜と、何とか咲き残ってる花を写します。
でも登って行くにつれ、咲いてます、咲いてます、ここにもあそこにも。
良かった、良かった。
ただ、お天気が悪く暗いので、ギッチャンの腕前ではゴヨウツツジの白さをうまく撮影できません。

いっぱいシャッターを押したギッチャンですが、いつものことながら、なかなかこれという写真がありません。
ゴヨウツツジと終わりかけのミツバツツジ、コヨウラクツツジ、ウツギなどが咲いています。

11時40分頂上着です。
ちょっと表示が寂しい頂上です。
ここでおいしい昼食タイムをしている時に、後からひと組のパーティーが到着。
『こんにちはー』と降り向いてお顔を見れば、ナンと山の会のメンバーのお二人が。。。!!
ギッチャンにも時々メールを下さる天女さんです。
5人で楽しいひとときを過ごした後、ひと足お先にギッチャンたちは下山に。
12時20分出発。    

高板山は岩場の多い山で、スリリングな箇所もいくつかあります。
前回来た時は、晴天で足元も乾いていたので、ロープの箇所も面白かった記憶がありますが、今回は足元はジュルジュル、
尻餅でもついたら大変なことになります。

写真右上は高板山のシンボル、四国岩です。
てっぺんにはお地蔵さまが祭られています。こんな高い所に設置するの大変だったでしょうねぇ。
天女さんパーティーは、後からすぐに追いついてきて、ギッチャンたちを追い越し、見えなくなってしまいました。

13時15分東側の登山口に到着。
ここから林道を歩くこと35分、イタドリを採ったりしながら延々歩きました。
駐車場にはもう3台しか車もありません。
それでも、この道は大豊とつながっているので、時折車も通っています。
えらいなあ、あの悪路を。。。
予算もないでしょうが、行政の方はもう少し補修して欲しいものですね。
帰路は往きにくらべ、時間も短く感じられました。
香北の某カフェで、おいしいケーキ&珈琲をいただき、満足の一日でありました。