横倉山

歩き始め 馬鹿だめし 畝傍山 頂上 登山口
11:55 12:40 13:30 13:45 15:00

梅花黄蓮を見た後、まだ陽も高いので横倉山へ行くことにしたギッチャンたちです。(ギッチャン・Fさん・Kさん)

横倉山は訳あってこれまで敬遠して来たので、今回初めてです。
越知の町を過ぎて橋を渡った後、33号線から左手の道へと入って行きます。

すぐにでも登山口があるのかと思っていたところ、結構な距離を走行しました。
下・中・上と登山口は3箇所あって、今日は時間も遅いので、一番上の登山口から登ることにします。

広い広い駐車場、車はゼロです。
鳥居をくぐって登って行きます。
よく整備された登山道、大きな木があちこちにあります。
『この山は自然林ばっかりだから好きなんですよ』とFさんの言葉。

広い駐車場には案内板やWCが 鳥居の下が登山口 参道(登山道)

立派な神社や山小屋、休憩所が現れました。
山の中に広い場所が開けています。

アカガシ 杉原神社 ウラジロガシ

山小屋の下方には、安徳水という池がありました。

安徳水 横倉宮表参道石段 安徳天皇陵墓参考地

さて、横倉山と言えば”馬鹿だめし”、ギッチャンもここを楽しみにしていました。
横倉宮の後方にある岩山です。

馬鹿だめし 頂上方面 馬鹿だめしから北東の眺め

ここでランチタイムを。
2月というのに、春のように気持ちいい風に当たりながら、憂き世を忘れたのんびりしたひととき。
今日もおいしくいただきました。

畝傍山(うねびやま)から見る馬鹿だめし 下から見上げた馬鹿だめし

この後、畝傍山から眺望を楽しんで頂上へと向かいます。
この辺りでは、いくつかのヒイラギの木が目につきました。
こんな所にヒイラギ?と思ったのですが、”鳥が運んで来たのかしらね?”ってFさん。

桐見ダム 空池(からいけ)からの下山路 馬鹿だめしの下 ゾッとするような深い穴が


頂上という表示は特にありませんでしたが、ここが一番高い所という場所でティータイムをして下山に。
空池という、さながら日本庭園といった趣きの、広い苔蒸した窪地を通って行きます。

馬鹿だめしの大岩の下の方には、岩屋神社平家穴などがあります。

大きくて懐の深い山、というのが横倉山の印象でした。
今回は初めての山ですが、Fさんのお陰で安心して歩くことができました。
見どころが沢山あって、一日ゆっくりできるような山です。

梅花黄蓮も登山も両方楽しめて、いい一日を過ごすことができました。
Fさん、Kさんどうもありがとうございました。