綱附森

登山口 稜線 綱附頂上 綱附頂上 登山口
09:05 10:00 11:45 12:30
14:30

三度目の正直・・・・・またまた来ました、アリラン峠
メンバーは6名。ヤマガツオ夫妻と大座礼の4人(アミ姫・カタクリ・タミフル・ギ)です。
今回も天気予報は曇り&一時雨、でもでも何か希望の持てる兆しが。
7:00 南国市役所集合。
8:50 登山口着。
ギは、寝不足で体調イマイチ。車にも酔って登り始めはヨレヨレ、こんなんで果たして頂上まで行けるのか?
他の3人も、皆体調がイマイチ・・・・まあ、この歳で体調バッチリ元気ハツラツなんて日はありませんわ・・・。
毎日どこかしら調子が悪い…だからマイペースで、ゆっくり歩きます。
9:05 出発。

スリムなヤマガツオ氏を先頭に出発 右手に池があります 動物の遊び場? 前回はこの辺でUターン

今日は雨具は必携、傘も持ってます。が、思いの他の上天気ではありませんか!
『日頃の行いがえいがよね〜〜』と、またまた自画自賛の4人です。
10:00 前回撤退の場所までやって来ました。
雨もガスも無く、快い風を受けて、この前とは打って変わって歩きやすいこと!

ブナの林を行きます シカの毛が… 歩きやすい道

四国百名山(ヤマケイ出版)の中で、綱附のこのコースは”ゆっくり歩いて3時間の家族向けのコース”と紹介されています。
6年前の7月、3時間かかっても行き着かなかったギであります…。
そら人さんなんか、何と往復で3時間!
まあ、マイペース、マイペース。

アップダウンはあるものの危険な箇所も無く、稜線に出てからの歩きは、眺望の素晴らしさに足取りも軽くなります。

綱附が目の前に 6年前撤退の場所

はるか遠くに見えていた綱附も、やがて目の前に近づいて来て、この頃には車酔いも醒め、俄然元気が出て来ました。
行くぞ〜〜!!なんちゃって。

6年前に断念して、お弁当を食べた大岩の場所までやって来ました。
あともうちょっとだったのだけどね〜〜。

頂上直下 正面奥は土佐矢筈山 天狗塚、天狗峠、地蔵ノ頭をバックに


11:45 
やった〜〜!頂上です。ああ気持ちいい!!嬉しいです。
グルリ山・山・山・・・・石立山、中東山、剣、次郎笈、三嶺、白髪山、塔の丸、西熊山、天狗塚、牛の背、中津山、土佐矢筈山・・・・・
三嶺には雪が残っているのが見えます。

天狗塚、三嶺方面へと続く道 変わり映えしないシンプルランチ 南東方面 ずっと歩いてみたい尾根

頂上は13℃、風が冷たいです。
他に登山者はいないので、頂上を独占してランチタイム。今日もいろいろと、ザックから胃へと順調に移動していきました。
12:30 下山することに。
下りは速い、速い。もっともっとこの景色の中でのんびりしたい、と心を残しながら振り返りつつ下りて行きます。

枝ぶりがすごいブナ アップダウンがいくつもあります 振り返って見る綱附全容
バイケイソウの芽立ち シロモジ?の木があちこちに 大きな倒木が…
帰還 お天気も上々でした 緑がかった八重桜 何の花?かわいい花

14:30 登山口に戻って来ました。
お天気も上々、楽しい山歩きができました。

ツツジが咲く頃に、また来てみたいものです。
というより、再々来たいですね〜〜、とっても魅力のある山です。
今日は、単独の男性と犬を連れたご夫婦にあっただけでした。
道もきれいに整備されていて広いし、駐車場も広いですよ〜〜。

帰りは又、笹温泉にて汗を流し極楽気分を・・・・。
日常の悩み事も、しばし忘れた幸せな一日を過ごす事ができました。
皆さんお疲れ様でした。