2007年06月05日
工石山
登山口 北の頂上 南の頂上 賽の河原 妙体岩 登山口
08:50 10:10 10:40 11:30 11:55 13:00

今日は、天下晴れての公休。
家の掃除よりも、やっぱり山!とりあえず、近場の工石山やね。
平日なので、単独を覚悟していましたが…ありがたいことに、急な誘いにもかかわらず4名のパーティー編成が成立。
ヤマガツオ氏カタクリさんヤマトの急便氏が同行してくれることとなりました。
7:45 待ち合わせ場所を出発。
今回は車2台で行き、初めての城(じょう)登山口を利用することにします。ただし、下りで。
広く親しまれている工石山ですが、城からのコースは上級コースなんですよ〜〜。(上りはなかなかキツイようです)

一台を、城登山口近くの県道脇に置き、ギの車にて上の登山口へ。
先客はアリオンが一台のみ。
8:50 カツオ氏とセットのラジオ体操の後、出発。
昨夜は結構な雨が降ったので、緑が活き活きと輝いています。

静かな登山口 雨上がりの緑

一人で何度も歩いた道・・・4人でおしゃべりしながら歩けば、あっという間に杖塚に到着。
一緒に歩く仲間がいるのは楽しく、有り難いものであります。
行きは北回りで行く事にします。

四人静?(五人静もあったよ!)

この山にも二人静がよく咲いています。
9:40 八起白鷲岩。
ヤマトの特急便氏はなかなか植物に詳しくて、目立たない花の名前もいろいろ教えてくれます。

?折角教えてもらったのに忘れました… 定番 八起白鷲岩

気温18℃風はひんやりと快いです。

三辻山山頂(鉄塔の右のピーク) お気に入りの場所

快調にどんどん歩きます。
とは言っても、カツオ氏も特急便氏も健脚の持ち主、今日はずい分ゆっくり歩いてくれてると思われます。

毒キノコ@ 毒キノコA

北の頂上手前のWC(工石山は県民の森なのでWCも随所に設置されています)がきれいになっていました。
そういえば、この前来た時改修していたっけ・・・ご苦労様です。
10:10 北の頂上。

リニューアル 北のWC 北の頂上

誰もいない頂上。(アリオンの持ち主らしき方には途中すれ違いました)
シロドウダン・ベニドウダンがひっそりと咲いています。

シロドウダン ベニドウダン

そのまま進みます。北側の迂回路を通って行きます。
一人の時にはこの道はちょっと寂しいですが、静かで趣きのあるステキな道です。

夏のランチタイムの場所 ここで右へと進む 咲き残りオンツツジ

北側の斜面には、シャクナゲの木が沢山ありますが、勿論もう終わっています。
花そのものも少なかったみたい・・・色もうすくなった咲き残りが二箇所ほどにありました。

大ヒノキ ギンリョウソウがこんなに

10:40 南の頂上。ここでちょっとひと休み。
校倉造りの展望台の北側に、ホウチャクソウ(という名も教えてもらいました)が咲いていました。

南の頂上  ホウチャクソウ

ここから南回りで下ります。
11:30 賽の河原。ここから前回歩いた妙体岩へ下りて行きます。
11:55 妙体岩。遠くに浦戸湾が見える鳥居の下でランチタイムを。
静かでのどかで、気温も適温・・・穏やかで気のおけない仲間とおいしいお弁当、幸せなひとときであります!

12:20 林道を横切り、城登山口へ下りて行きます。
この林道下に森山小屋という、立派な避難小屋&WCがありました。
しばらくは、先日の雨ヶ森を思い出させるような岩と苔の狭い急な道、沢も渡ります。
やがて植林の道、木の間から遠くに妙体岩が望まれます。
足元にはテンナンショウがいくつも・・・二人静も二人どころか4人・五人といます。

ツクバネソウ 城登山口

13:00 城登山口。初めての登山口です。次はここから登らないと・・・・ね。
県道までの広い道をしばし歩きます。
ヘビは特急便氏が追い払ってくれました。
レンゲ、イチゴ、そしてマタタビがあったよ!少し失敬・・・。

県道まで歩きます 野イチゴ

工石山は、何たって近いので2時すぎにはもう帰宅。
サッパリ汗も流し、雑用も少しは捗りました。
ネコたちもマタタビに大喜び(だと思うんだけど・・・・)早速スリスリして戯れていました。

貴重な平日のお休み、有意義に楽しく過ごせた一日でした。
お付き合いくださった3人様、どうもありがとうございました。

夢心地・・・