2007年06月30日
三嶺
白髪登山口 白髪山 白髪分岐 韮生越 カヤハゲ 三嶺
08:30 09:25 10:10 10:45 11:00 12:05
三嶺 カヤハゲ さおりが原 林道 光石登山口
13:10 14:00 15:30 16:00 17:00

三嶺にも行きたいし、オオヤマレンゲも見たい・・・
ネット検索をしていたら、カヤハゲ付近にオオヤマレンゲがあるらしいです。ということで決定。
高知県側からはまだ、三嶺頂上に立った事の無いギは、幾分時間の短い白髪山コースにしました。
6:30 南国市役所集合、出発。メンバーは7名です。
朝も起き易いこの時期、出発時間をもっと早くするべきだった、と今回の反省です。
8:30 一台を光石登山口に置き、上の白髪山登山口駐車場に到着。ラジオ体操の後、出発。

駐車場より白髪山 階段ばっかりの登山道です

白髪山には4年前に来たかな・・・段々ばっかり続く登山道に、ヒーヒーハーハー登り着き、はるか遠くに見える三嶺を眺めるだけで感激した事でした。
頂上で一緒になった男性に「これからどちらへ?」と聞かれ、「いえ、もうこれで下ります」なんて答えて・・・。
今は少しはマシになったかな。

笹で覆われた山頂付近 白髪山山頂

9:25 白髪山。これから歩いて行く三嶺ははるか遠くです。
・・・でも、一歩一歩歩けば行き着くでしょう、行くぞ〜〜!

これから行く三嶺・・はるか遠くに 先日登った石立山

今日は初対面の方が1名参加されてて、ちょっとその方が遅れ気味なのが心配ですが・・・。

日本庭園の趣き バイケイソウ

白髪山から白髪分れまでの尾根道は、とっても気持ちのいい歩き易い道です。
まるで日本庭園のような光景、頬に当たる風の心地よいこと!
ここでいきなり前方」から『運動会!』の声と共に、元気な若者(男女)4人が疾風のように現れて、『こんにちは!』の声と笑顔とを残し、走り去って行きました。トレイルランナーやね。
この若者たちとは、また三嶺山頂で一緒になります。大学生で、今夜はオカメ小屋泊だとか。
まあ、ツルツルのお肌に生足・・・いいですねぇ、若者は。ほんと爽やかで、こちらも元気になれます。

ここで白いイヌが登場・・・ずっと付いてきます。
あっ、これがウワサの三嶺犬シロなのか・・・!
人懐こいおとなしいイヌで、この後ずっと山頂まで一緒にいてくれました。

若者4人のザック 登山道にはアザミが沢山

10:10 白髪分れ。先程の若者たちのと思われるザックが置いてあります。
ここにザックを置いて、白髪までランニング往復ながやね〜。若いという事はいいもんや〜〜。

韮生越 後方は白髪山 カヤハゲ 三嶺はガスの中

10:45 韮生越。急な斜面をころげおちるように下りてきました。アミ姫はシカを見たそうです。
下りたら又登って・・・ゼイゼイハーハー。
11:00 カヤハゲ。三嶺はもう目の前ですが、黒いガスに包まれています。ひと雨くるかな・・・?
カヤハゲにはオオヤマレンゲがどこかに・・・ちょっとドキドキしながら進んで行きます。
・・・と、前を歩いていたカツオ氏が右手を指差しています。
あ〜〜っ!!あった〜あった〜!ああ良かった〜〜!オオヤマレンゲさま、今年も会えました。

美しいオオヤマレンゲ 深山の貴婦人さま

結構大きな木ですが、登山道沿いに咲いてるばっかりに、格好の被写体。
かわいそうに大きめの枝が折れかけています。
植物を傷めるような写真の撮り方は、慎んで欲しいですね!

いよいよ最後の登り イワキンバイ?

行く手に大きな岩が見えます。
いよいよ最後の登り、クサリもあります。
リンゴをかじって気を引き締めます。(・・・ってどう関係あるのか?)
でも割と好きです、高度が稼げるこんな登りって。
名頃からのコースとちがって、いきなりヒョイと頂上に出るのが、何ともうれしいです。

三嶺山頂 避難小屋方面

12:05 三嶺頂上。先客は何と、北海道から来られたというご夫婦。
『いや〜〜、四国の山はいいですわ〜』と感激されていました。
国道の違いにも驚かれていましたよ。あちらは直線道ばかりですからね。
四国は国道(酷道)ですもんねえ・・・439号線とか。

ガスも晴れ青空になりました。20℃風は冷たいくらいです。
ここで昼食。全員が揃うまで1時間ほど頂上で過ごしました。

シロ 下山

13:10 下山。帰路は、さおりが原からの予定です。とは言っても、すべて初めてのコース。
人任せのお粗末な自分をおおいに反省。
今日は結局パーティーが二つに分かれてしまい、時間もかなりずれてしまいました。反省しきり、です。

明日は開花かな 遠ざかる三嶺

オオヤマレンゲさまに別れを告げます。また来年も来られたらいいのだけど・・・。
14:00
 カヤハゲ。ここからさおりが原へと下りていきます。
落ち葉でフワフワのやさしい道ですが、ギはもう膝が痛い・・・ストックを使用します。

心和む道 カニの爪のようなキノコ

やっぱり下りに弱いギです。緩やかな下りですが、汗が出ます。
トレッキングタイツ+膝サポーターでも、やっぱり痛い。減量、減量!
15:30 さおりが原。その昔、アイドル歌手の南沙織(写真家篠山紀信氏の夫人)のファンだった高知大生が、命名したそうですね、この場所のネーミング。
巨木が沢山あります。
ここの分岐で、林道方面へと。

巨木、奇木がいろいろ バイケイソウ咲くさおりが原

さおりが原を過ぎて渓谷を渡ります。
この辺り、以前の災害の跡がそのまま残ってて無惨です。
膝も痛く、林道へ出るまでの迂回路がしんどかったなあ。

膝の痛さもピーク(写真提供アミ姫) このトンネルの上部を迂回して林道へ

16:00 林道に出ました。
ヤマツツジ始めいろいろな花があります。
が、なかなかに長い行程だったなあ・・・。
膝の痛いギには、平坦な道でありがたかったですが。
後の組を心配しながら、歩いた道でもありました。
先に下りてしまってごめんね。

こんな所にハチの巣が おいしいキイチゴ

時間に余裕がある時に、この林道また来てみたいです。
滝があったり、展望所もあったし、花も沢山ありました。

ヤマアジサイ 長かった林道歩き

17:00 やっと光石登山口に。
後の組は堂床経由で帰って来ました。
体力に余裕が無くなってる下山、とにかくも全員無事に帰って来られて何よりでした。
クマ出没の危険もあるし、何事も無くて本当に良かった・・・。
反省・反省の今回。

でも、憧れのコースを歩けて、三嶺の雄大な眺めを見られて、オオヤマレンゲにもシロにも会えて、ほんと充実の一日でした。
こんなギですが、また一緒に行って下さいね。
お疲れ様でした。