2007年07月16日
烏帽子山
落合峠登山口 落禿 前烏帽子 烏帽子山 前烏帽子 落禿 落合峠登山口
08:55 09:35 10:30 11:3512:05 13:00 14:00 14:40

台風4号は、たいした被害も無く去って行って何よりでした。
早明浦ダムも取水率100%になったし。
でも、予定していた山行きは中止となり、折角の3連休せめて最後の日は山に行きたいです。
幸いカツオ氏が同行してくれる事となり、まだ行った事の無い烏帽子山に決定。
写真でしか見た事の無い落合峠、憧れの場所です。

6:20 南国市某所発。
落合地区から落合峠までは、時間にしたら30分程ですが、道は狭いし台風の直後とあって落石もあり、川のように水が流れている箇所もあり、えぐれていたりとなかなか大変です。
8:35 落合峠着。感動!!です。目の前には天狗塚、三嶺・・・名だたる山々が広がっています。
ここが落合峠・・・』感無量、すばらしい眺めであります。

三嶺・西熊・天狗塚が・・・ 烏帽子山登山口

同じ頃、峠の反対側から到着された香川からのグループの方たちは、矢筈山の方へ登られるそうです。
8:55 出発。まさに雲上の散歩道、という感の道を進みます。

足元には笹の中に、ホソバシュロソウが目につきます。
気の早いシコクフウロがポツポツ咲いています。
タカネオトギリも間もなくです。



最高の眺め 気の早いシコクフウロ一輪

足取りも軽く(?)笹の道を進んで行きます。
かなりの雨だったようで、笹はまだ濡れていて足元はグッショリ。

落禿に これからあの山へ・・・

9:35 落禿。ここまでは快適に歩いて来ました。
昨夜は遅くまでバタバタしていたものでのんびり山歩さんの前烏帽子レポートを、プリントして持って来たものの、予備知識もありません。プリントを取り出して見てみると・・・
ここからは登った以上に下っていき、樹林帯の道(といっても笹に覆い尽くされ足元は全く見えない)まさに藪漕ぎ状態』・・・とあります。
カツオ氏を見ると『ウン・ウン』とうなずいています。え〜〜っ!?

木イチゴ発見 おいしそー! 深い笹の中を進みます

折角登ったのに、どんどん下って行きます。クサリも出てきました。
笹は深く、前を行ってくれるカツオ氏がいなければ、どこが道かも分りません。
石や、倒木や、段差も全く見えず、げに歩きにくい・・・!
深い笹を掻き分け掻き分け、果てしない平泳ぎ状態。

下りて又登って・・・ 前烏帽子山頂

10:30 前烏帽子到着。いや〜〜気持ちいいです。嬉しいなあ・・・。
はるか遠くで寒峰が手招きしています。
そうか・・・去年の夏に、のぼさんそら人さんはここを歩いたのね〜〜住吉神社まで。
寒峰3kmとあります。烏帽子山には1km。
道中雲が立ちこめて、雨を覚悟していたのですが、どうやらお天気は持ちそうです。
なら、やっぱり行かなくてはね!
燃料補給後いざ出発。

快適な尾根道 開花を待つシシウド

しばらくは、見晴らしのいい足元も快適な道・・・しかし早くも又下りに・・・。
今度は笹ではなく、テンニンソウ?か何かの群生。まるで海の中のよう。
アザミも交じっているので、うっかり掴むこともできません。頭しか見えない深〜いブッシュ。
ガスで目指す山頂も見えなくなり、方向感覚もよく分からんギです。

樹林帯の尾根道 こじんまりとした烏帽子山山頂

♪”登って下りてまた登る”なんて歌いながら(昔、みんなのうたであったへんなABCという歌)半分ヤケッぱちで平泳ぎを続けます。この1kmは長く感じましたね〜。
やがてやっと最後の登り、這い登りの急登・・・実は何か好きなのよね〜這い登るのが。
11:35 は〜〜い、着きましたよ〜〜!!パチパチ(拍手)烏帽子山山頂です。

定番シンプルンチ 山頂から見る前烏帽子

ガスでぼんやりとしか見えなくて残念ですが、雨が降らなくて何よりです。
あのブッシュで雨がザアザアとなると・・・いやあ考えたくないです・・・。
気温20℃快適です。良かったなあ今日も山に来られて。

12:05 名残惜しいけど山頂を後にします。
下りはねぇ・・・膝が。

緑の海を登る はるか遠くに寒峰

13:00 前烏帽子に帰って来ました。帰りは早いですね、烏帽子山が遠ざかって行きます。

まだヤマツツジが・・・ ヒヨドリバナ

夏の花にはちょっとまだ・・・というところの今日でしたが、まもなく沢山の花が目を楽しませてくれる事と思います。

クサリ場(写真提供カツオ氏) ホソバシュロソウが沢山ありました

14:00 落禿に。まだまだゆっくりしたいですが・・・
ここからはもう、下るだけ。膝が痛みます。弱い膝や・・・それに又体重増えたけんねぇ・・・いかん、いかん。

落禿より見る阿波矢筈山 前方サガリハゲ山

14:40 落合峠へ帰って来ました。朝一緒になった、矢筈山へ向かった香川の方たちも、ちょうど戻って来られました。カツオ氏のラジカセで一同仲良くラジオ体操を。山を愛する善男善女の交流のひとときです。

落合峠に 峠下の赤い屋根がかわいいWC

帰路は三加茂回りで帰ることにします。
途中、烏帽子への直登の登山口を確認。草が生い茂っていて、余り歩かれてはいないように見受けられます。
深渕集落で、道路にイノシシ出現!黒い、子どものイノシシでした。

ホタルブクロ 大歩危峡

終始先頭ブッシュ漕ぎをしてくれ、運転も長距離のカツオさんありがとうございました。
また心に残る山行きが、ひとつ増えました。

寒峰への縦走も、いつかはしてみたいなあ・・・!