2007年08月19日
黒滝山
登山口 天狗ノ森 黒滝山 大引割 登山口
08:40 9:10 11:10 12:10 14:30

今回はちゃんの案内で、黒滝山へキレンゲショウマを見に行くことになりました。
この間の石鎚では、遠望だったからやっぱりもう少し近くで見たいなあ、と。
6:30 高知出発。ギの友人ご夫妻も参加してくれて計7名です。
天狗高原まで遠いけど、道はまあいいですからね、ギの運転でも何とか大丈夫。
8:20 国民宿舎横の駐車場着。
夏休みなので、宿泊客やキャンプされてる方もいて普段よりは賑わっています。

駐車場の車はまだまばら まずは瀬戸見の森から天狗の森へ

8:40 まずは天狗の森へ向かって出発。
ヤマホトトギスツクシクサボタン・ヌスビトハギ・キンミズヒキ等が目につきます。

ヤマホトドギス ツクシクサボタン

お天気はいいけれど、風が快く木立の中は気持ちがいいです。

天狗ノ森 ミヤマカラマツ

9:10 天狗の森。この先で去年はヒメユリを見たんだけどなあ・・・一ヶ月ほど遅いですからね、去年より。

シコクママコナ コウヤボウキ

コウヤボウキ・・・名前は聞いたことありますが、これがコウヤボウキと分って見るのは初めて。
嬉しくて、シャッターを押そうとしたギの目に入ったのは・・・”バッテリーの残量がありません”の非情な表示。
ガ〜〜ン!!またバカな事をやってしまった・・・。
カメラが変わって電池も変わり、充電の間隔がまだ分らず、気になりながらそのまま使ってたおバカのギでした。
黒沢・笹ヶ峰・石鎚・野地峰・・・と使用したならそりゃあ充電が必要よねえ。
予備の電池もあったのに、持って来てない。あとの祭りや。
まあそれでも単発ならシャッターが下ります。せめてキレンゲだけでも写す事ができれば・・・。

深山に咲くキレンゲショウマ ひっそりと

キレンゲショウマは、とある場所にひっそりと咲いていました。
そこだけ時間が止まったような、静謐の別世界。感動の情景です。
足元が不安定なのと、花を傷めてはいけないのとで、身動きがままなりません。
何とかシャッターを押しましたが・・・。

それにしてもギたちが往復する間だけでも、数組のグループとすれ違いました。
道なき道に道をつけ、観賞&撮影・・・。
自分も確かにその中の一人です。
一年後、二年後、数年後と考えると何か暗い気分になってしまいました。
人間は自分勝手で傲慢や・・・。

黒滝山山頂 ヤマジオウ

11:10 黒滝山。ちょっと早いけど、ここで昼食とします。
腰掛けるのに丁度の岩もそこここにあるし。楽しいお弁当タイム。

その後は、どんどんどんどん下って行きます。
12:10 大引割。のぞき込むと足が竦みます〜〜。
去年はここで、二人だけの山岳会さんと出会ったんだっけなあ。

地球の割れ目・・・

奈落の底が口を開けています〜〜

ギは高い所は気持ちいいから好きですが、こんな奈落の底のようなのは苦手。
小引割には前回行ったので、今日は行かなかったです。

○○歩こう(アルコール)会の方たちがやって来たので、入れ替わりにギたちは大引割を後にします。
途中さんれいの風さんともすれ違いました。

オッパイキノコ(アミ姫命名) ヒメシャラの林

帰り道は横道歩きのセラピーロードを歩きます。
セラピーロードねえ・・・癒しの道でいいと思うんですが。
なんで、かくも横文字というかカタカナ語が氾濫するのでしょう。
英語話せるの?
日本語をもっと大事にしたいですよね!誇りを持って。

緑の心癒される世界 木材(桧)チップを敷き詰めてていい香りです

ともあれ、セラピーロードでたっぷり癒されて(高低は無いけど結構長いんですもの)、心身ともに清清しくなったような・・・。
14:30 出発点に戻って来ました。お疲れ様。
天狗荘には観光バスも停まり、県外NOの車も沢山・・・賑わっています。
ギたちも天狗荘にて小腹(大腹ではありません)を満たし、帰路につきました。

カメラも何とか、だましだましで写すことが出来ました。良かった、良かった。