2007年08月26日
槍戸山 〜 剣山(ほら貝の滝)
槍戸山登山口 槍戸山 一ノ森 剣山 ほら貝の滝 ほら貝の滝登山口
08:50 10:35 11:50 13:10 14:25 15:35

今日は車4台、11人という人数で槍戸山から剣山へと行きます。
6:00 南国市役所を出発。
往きはギが運転しますが、剣山スーパー林道走行はなかなかのものでありました。
ものすごい崩壊の跡が随所にあり、振動も半端じゃなくて白ろう病になるところでした〜〜。
8:30 一台をほら貝の滝登山口に置いた後、槍戸山登山口に到着。
ギは運転に疲れました〜〜。ひと休みしたいよ〜。
8:50 登り始めます。

いざ出発 やっと尾根に出ました

登り始めは植林帯、ジグザグの結構急な登りで、汗がボタボタ滴り落ちます。
ああしんど〜〜。
本日初参加の3名様は余裕の歩き、健脚です。
前回一緒だったK夫妻も、普通に淡々と登られています。
ギは・・・休みたいよ〜〜。ザックが肩に食い込んで・・・。
初参加の方が見かねて(ああ恥ずかしい・・・)水を持って下さいました、500mlを一本ずつ。

新九郎山や次郎笈が木々の向こうに 青々とした笹の尾根

9:45 やっと尾根に出ました!
立ち並ぶ大きな木々、その向こうに見える山々。
すばらしい眺めに元気モリモリ(ほんと?)になります。

登山路は右へと回ります ちょっとスリリング

槍戸山も美しい姿を現しました。
この辺に来ると元気がみなぎって来るようです。
・・・だいたいいつもこのパターンかも。

美しい眺めに足取りも軽いです 次郎太郎の吊り尾根が

感動の眺めにカシャカシャとシャッターを押していると・・・またも”バッテリーの残量がありません”の表示が!
えーーっ!?昨夜充電したばっかりやのに〜〜?ガーーン!
まあこの前も何とか持ったから、また細々と小出しで行かないと・・・。
でも、なんで?
充電の仕方が何かいけなかったのか?
よく分からんですが。

中央右の白い箇所が登山口 槍戸山山頂

10:35 槍戸山。
グルリ360度の絶景。
緑輝く笹と白骨樹、青い空と雲と・・・何にも代えがたい眺め。

この美しい笹原!
おいでおいで〜〜と枝が招いてるよう

槍戸山から一ノ森へと続くこの尾根道は、ほんとすばらしい眺めの連続です。
歩く足取りも軽くなります。
嬉しいなあ、今日もほんと来て良かった!!

一の森はあの先に ここで昼食

11:15〜11:45  一ノ森手前の、剣&次郎笈のビューポイントの松の木の下にて昼食タイム。

一の森ヒュッテ 剣へ・・・

11:50 一ノ森山頂。
記念撮影をして剣へと向かいます。
陽射しがキツイです〜〜が、分岐で右へと下りて行くのでホッとします。
木陰だし、キレンゲショウマに会えるもんね。(・・・と、コースも把握してない人任せのギ・・・)

今日も直前まで、槍戸からず〜っと丸石へ下りるのだって思い込んでいました。
この後に、あんなキツイ下山路が待っているとはねぇ・・・。

シコクブシ カニコウモリ群生

森の中は、シカ害に遭っていないシコクブシが花盛り。カニコウモリも群生しています。
かなり下りて小屋のある分岐に出、再び登りとなった頃にキレンゲが。
もう花も終わりですね。
回りにはヒメフウロもかわいらしく咲いていましたが・・・撮影失敗。

ここからしばらくは急な登り、汗びっしょりでフウフウ登って、やっと広い登山路と合流。
もうここまで来ると、町からそのままやって来たような服装の方や、家族連れの方たちが目に入ります。
13:00 小屋の前のベンチでひと休み。
ギはこれからの下りに備えて、膝サポーターを巻きます。暑いけど・・・。

キレンゲももう終わり これより下山

13:10 山頂は多くの人で賑わっています。山頂を横目で見て、ほら貝の滝へと下山です。
下り始めの、目に入る美しい眺め・・・いつまでもこの中にいたいものですが。

歩いて来た尾根が見えます もっとここに居たいけど・・・

樹林帯に入ってからは、だんだん道が険しくなって来ます。
途中から2手に分れ、足の速い4名が先に行って車を回収してくれる事にし、ギたち7名はマイペースで下ります。

ほら貝の滝までの岩場は、石立山を思い出させるような気の抜けない急な下りでした。
14:25 ほら貝の滝到着。
う〜〜ん、これはそうそう簡単には来られる場所じゃあないですねえ。
とにかく険しい谷や。
この登山道で、いきなりの土砂降りに遭ったら・・・と考えるとゾッとします。逃げ場が無いですもん。
かくも急斜面の崩れやすい道の連続。
谷沿いの道は薄暗いし、カメラはしまったままでした。
この辺の様子は、yasukoさんのHPでご覧になってくださいね。
ここを登って行ったyasukoさんたち、エライ!!すごいです。
一人では絶対イヤ、二人でもイヤ、女だけでもイヤやねえ・・・なんて言い合って歩いた事でした。
出口間近の場所も、足を乗せればそのままズルズルッと下まで滑って行きそうな、危ない斜面が・・・。
15:35 ようやっと、林道に出ました。
長かったなあ・・・膝も痛いです。
先発の4人様は、車も回収してくれて、サッパリと着替えも済まされています。

ほら貝の滝 そうそう簡単には来られないです・・・ やっと出口へ・・・ああホッとしました〜〜

今日も長い時間歩くことが出来ました。
膝も痛いけれど頑張ってくれました。
皆と一緒でなければ、到底無理と思われるコースでした。
良かったなあ・・・お世話になりました。

帰路はアミ姫の運転で、のんびり舟も漕いだりして、楽しい一日も終了。