2007年11月18日
陣ヶ森(1,013.3m)
登山口 陣ヶ森 丸山広場 岩場 昼食 丸山広場 登山口
09:25 09:50 10:10 10:45 11:05〜11:30 12:00 13:00

今日はあんまり遠くなく、キツくない山にしよう・・・ということで、思いついたのが陣ヶ森
工石山や三辻山は一人でも行けるけど、陣ヶ森は仲間がいた方が楽しい。
眺めはいいし、歩くのはラクやし・・・。
7:30 高知市発。工石山の横を通り、赤良木トンネルを抜けて土佐町へと入って行きます。
道沿いの紅葉のきれいなこと!
まあ、燃え尽きる前の炎のようでもありますが・・・パッと人目をひきます。

県道沿いの紅葉 燃える赤 朝日を受けて

9:20 陣ヶ森の駐車場着。2年ぶりです。
前回と同じく、だ〜〜れもいません。休日・晴天というのに。
分りやすい案内板も随所にあり、よく整備されているのですが・・・。
なんでもっと人が来ないのかなあ。

人影なし 立派な案内板

9:30 歩き始めます。
あっ!!いたいた、牛さん。土佐の赤牛
なんか静寂の世界。物音ひとつせず、じーーっと佇んでいます。

静寂の世界 歩き易い道

登り始め、早々からガサガサッとヘビさまが。
まだ暖かいもんね〜〜、ヘビも冬眠になりません。

2年前に一人で来た時には、登山道のいたる所に牛糞があり、歩くのにも苦労するくらいで、それこそ糞害憤慨したことでしたが・・・今回はあまり気になりませんです。
それなのに、誰もいない。

大きなアザミが一輪 陣ヶ森頂上

9:50 早くも陣ヶ森頂上着。あっという間です。
そのまま進みます。広くて歩き易い道。
リンドウの花もまだまだいっぱい咲いています。
10:10 丸山広場に。
皿ヶ峰の竜神平ほどでは無いにせよ、ここも広々した明るい場所が広がっています。
・・・勿体ないなあ、こんないい場所に誰もいないなんて。

明るく広々した丸山広場 左手奥へと進む 赤い実は何の実?

今日は一人じゃあないので、まだ先へと行ってみます。ここからは未知の道や。
とりあえず行ける所まで。
天気はいいし、歩き易いし、眺めはいいし!

リンドウもまだまだ花盛り 楽しい尾根道 

陣ヶ森は、アセビが有名ですが、この辺りにもどっさり自生しています。

歩く左手には、三辻山・工石山・雪光山などの山々が。

サルトリイバラの実 アセビの登山道

10:45 大きな岩のある、小高い場所に着きました。
ウ〜〜ン、もうちょっと先まで行ってみようかな。

大きな岩がいくつもある場所に ここが土佐町と吾北村(旧)の境

ベンチも随所に設置されています。
まだかなり先の方に、島ヶ峯というピークが見えて来ました。
あそこまで行ってみる?どうする?
ここからまだ小一時間はかかりそう・・・行って戻って2時間。
今日は無理をせず、ここで引き返す事にします。無理は禁物や。

島ヶ峯のピークはまだ遠い・・・  ここで昼食タイム ひなたぼっこ

11::00 ここも小ピークではあります。勿論ベンチもあり。
ベンチに3人(体形の似た3人ですが、ちゃんと座れましたよ)腰かけ、のんびりランチタイム。
5pくらいの小さなトカゲも、のんびりひなたぼっこしていました。

11::30 
さて、帰るとしましょうか。
今度は、車2台で縦走かクロスしたらいいね、なんて話しながら今来た道を戻ります。

懐かしいシャシャブ 赤と黄と

13:00 登山口に戻って来ました。
牛さんは、相変わらずじっとしたままです。サイレント ワールドなんちゃって・・・。ほんと静かや。
駐車場には、シャシャブの実がたわわに実っていました。
今年はなりものが豊作だから、山の動物さん鳥さんたち良かったね。

帰路は、また本山のさくら市へ。
銀杏・野菜・嶺北ビーフ等をゲット。(おいしかったです!)
そして、大豊から高速へ乗り、ETCでの初走行を果たした次第です。

この日は、剣山では午後から雪だったとか・・・。
雪山も間もなくというところでしょうか。