2008年03月20日
梶ヶ森(1399.6m)
登山口 奥の院 山荘 下山
8:30
9:00
10:00〜11:00 11:50

雪の好きなギは、だんだん春めいて来たら山の雪が溶けてしまう、と気が気ではありません。
技術も無いのに、ただ雪が好きで雪の山に行きたい、なんて言うのですから・・・。

四国山地も、この冬はかなり雪が深かったようです。
雪が深くて敗退とか、ラッセルに苦労されたというレポートを、いくつか拝見しました。
今回は車道もあり山荘もあって、何かの時には安心の梶ヶ森を選びました。
それでも、15日に梶ヶ森に行かれた方のレポートを見てみると、まだまだ結構な雪のようです。

7:00 集合の南国市某所を出発。メンバーは7名。
朝方まで雨でしたが・・・雲が流れて明るくはなって来ています。
でもでも、大豊に入ると・・・雨が降っています。
8:15 龍王の滝駐車場着。雨具着用です。・・・後に晴れる予報だったんだけどなあ。
風もあり寒いです。
8:30 出発。

誰もいない雨の駐車場 水量の多い滝

8:45 龍王の滝に到着。水量が多く迫力あります。

9:00 奥の院に。今回ここまでの登りはしんどく、ギには応えました〜〜。何という体力の無さ!!
また血が下がって行くような感じでクラクラし、吐気もします・・・。
すまんねぇ、またもみんなにご迷惑を掛けてしまいました。

まあ何とか立ち直り、ゴロゴロ八丁を行きます。
御栄堂まで来ましたが、約一年前に行った右手の道には大量の雪が残っていて、とてもじゃないけど進めそうにないです。そのまま急なガレ場を登って行きます。
御栄堂もまた、霧に霞んで見えません。
風はゴーゴーと音を立てて唸り、足元も危なっかしく皆無言です。
はい・・・シャッター押す余裕も無かったです。

強風のガレ場を無事通過 ひとまず山荘へと向かう

やっと歩き易い道に出ました。
とりあえず、林の中を山荘に向けて進みます。
里では咲いているアセビも、ここではまだまだ冬の状態。

雨と強風と霧・・・寒い! 別世界の居心地 ありがたいです

10:00 山荘に到着。開いてるかなあ??ああ良かった!開いてそうです。
この天候・・・もう頂上まで行くのは止めて、ここで休ませてもらいます。
山荘の方たちは、とっても温かくギたちを迎えて下さいました。ありがとうございました。
窓の外では、ものすごい風の唸り声・・・朝方はみぞれ混じりの雪が降っていたそうです。
はあ〜〜他には登山者はいませんし、来ませんです〜〜。

11:00 たっぷり休ませてもらった山荘を後にします。山荘前の温度計は0℃。
車道を歩き、途中から再び奥の院へと下ります。

車道より再び登山道へと 奥の院より下方を

陰地にはまだまだ雪が残っています。
下りは速い速い、滝にて記念撮影もして
11:50 駐車場に戻って来ました。

動かないでね・・・鳥さん 葉の緑の方が目立つ福寿草

時間も早いし近くなので、また福寿草の里南大王に寄って見ます。
もう人影も無く、雪も無く、福寿草も丈が伸びて葉が広がり、花も小さく感じられました。

国道沿いの桜並木 やさしいピンク色

帰路、定福寺付近には車がいっぱい停まっていました。
何かの催し事があったのでしょうね。
この辺りの国道沿いは、桜並木でほんわかときれいです。

今日は短いけど、天候により一部ハードな場面ありの山行き。
久しぶりのメンバーもいて、楽しい一日でした。
・・・でも、これほど体力不足で、月末に予定している寒峰に果たして行けるのでしょうか???
参加を躊躇する、情けないギでありました・・・。