2008年04月03日
寒風山(1,763m)
登山口 桑瀬峠 寒風山 桑瀬峠  下山
8:30
9:30
11:00〜11:45
12:40  13:15

万作さんの掲示板で、瓶ヶ森林道が4月1日より開通という情報を得たギは、久しぶりに寒風方面に行ってみたくなりました。
平日ですが、アミ姫カツオご夫婦も一緒に行ける事となってありがたい。
7時に、いの町某所で待ち合わせたのですが、久しぶりの道・・・うっかり待ち合わせ場所を通り過ぎてしまったギでありました。

8:15 寒風登山口駐車場着。
さすが年度初めの平日、車はゼロです。
8:30 久しぶりのラジオ体操をして、いざ出発。

相変わらずの急な登り・・・身体の鈍っているギは実に足が重い(全部重い!)。

残雪が見えて来ました 桑瀬峠 今日は無風

9:30 それでも何とか桑瀬峠に到着。
まだ視界は今ひとつですが、今日は風も無く寒さも感じません。
霧氷も無し。

伊予富士方面 マンサク

伊予富士を背に、汗をかきかき登って行きます。
ああーー、身が重いです。足のあがりにくい事!
マンサクの花に励まされて、何とか登ります。

やがてロープのある難所に。
ここまでは登山道の残雪もどうという事も無かったのですが、ちょっとこの場所は危ない。
アイゼンを付けて、慎重に下ります。
しかし以前には無かったロープが、しっかりと確保してくれていて有難いです。
ワイヤーもピンと張っていて安心です。
木を傷めぬよう、厚くタオルを巻いた上からロープ等を巻きつけています。
お名前は忘れましたが、いつも整備して下さってる方どうもありがとうございます。
感謝しながら通らせていただきました。

本日の難所 頂上近し

ロープのおかげで無事通過、スリル満点面白かったです。
でも・・・ロープが無ければ、怖くて通れなかった、と思われます。
ちなみに、アイゼンの必要な場所はここだけでした。

11:00 寒風山頂上、貸し切りです。
天気はいいし、眺めは最高のごちそう!!
たっぷり喫食してしまいましたあ!

寒風山頂 気温10℃ 笹ヶ峰・チチ山

11:45 そろそろ帰る事としましょうか。
頂上付近の足跡の無い場所の雪は、まだ真っ白くてきれいです。

まだこんなに沢山の雪が 大雪原を行く(?)

難所の手前で、再びアイゼンを装着・・・しかし苦しい!!
何たって先ほどたっぷり食べたもんだから・・・。
うつむいて行う作業は、、拷問に近いものがありました。自業自得。

まあ難所も、登りは下りほどの緊張も無く通れました。

再び難所に 車は依然一台のみ

12:40 桑瀬峠。
13:15 下山。車は一台のままです。

時間も早いので、折角ここまで来ているのでと、瓶ヶ森林道を通行してもらうことにしました。
開通したての林道はどんなんかなあ・・・ワクワクします。

瓶ヶ森アルペンルートです(?) 神鳴池付近

第三トンネルを抜けた所は、確か3年前に来た時も結構な雪が残ってたけど・・・
うわ〜すごいすごい!!すごい雪の量です。
伊予富士も、林道からはどこが登山道か分らない程の雪が残っています。
林道両脇には、モンスターのような形の残雪がズラリ。
カツオさんも少し走っては止まって、カメラをパシャッ、の繰り返し。撮影に余念がありません。
こんな景色、そうそう見られるもんじゃあないですものね。
ほんと南国高知とは思えぬ、素晴らしい山岳景観。
落石あり、ガードレールが抜け落ちていたり、陥没箇所ありで要注意ではありますが、この開通直後の林道は一見の価値ありです。

子持ち権現山 美しい瓶ヶ森

瓶ヶ森付近を過ぎた頃、林道を歩く同年輩のグループに遭遇。
伊予の方たちのようで、土小屋から石鎚へ向かったけれど、まだ進める状況では無く引き返してこちらへ来たとのこと。本日出会った、唯一の方たちでした。

予佐越峠まで来た所で、本川へと下ります。
ギは寒風山頂で最後に食べた物が原因かどうか、車に酔いました。
大滝の滝(おおたびのたき)でひと休みした後も、ヨレヨレでございました。・・・食べすぎはいけません。

伊吹山北側付近 フサザクラ

何はともあれ、4月にこんな沢山の雪が見られ、天気にも恵まれ仲間に恵まれ、最高の休日でした。
明日からの活力を培うことが出来ました。ありがとう!!