2008年09月23日
ハネヅル山(1647.3m) 〜 二ツ岳(1282.1m)
寺野登山口 ハネズル山 小箱越 峨蔵越 鯛ノ頭
8:20 10:50〜11:25 11:45
12:40 13:25
二ツ岳 鯛ノ頭 峨蔵越 肉渕登山口
14:05 14:50 15:30 16:00 16:40

本日は、8月末に中止となっていた、中級登山教室の実習です。参加者14名。
6:00 南国市発。車3台にて出発です。
7:20 富郷ダム付近の寺野登山口に到着。
下山場所の肉渕まで、車2台を配送してる間ゆっくり準備をします。

ギはちょっとこの所、食欲不振(珍しい!!)で馬力が出るのか心配。
おまけに古傷の右足ふくらはぎが痛む・・・子供のころ、自転車に轢かれて筋がおかしくなっています。
体調のよくない時とか、まあ定期的に攣ったり痛んだりします。
だいたいまあ、この年齢ですからね・・・どこかは調子悪いですわ。

8:20 いよいよ出発、ギは3番目を歩かせてもらいます。
植林の登りを黙々と進みます。暑い!早くも汗がタラタラ。

県道沿いの登山口 秋の恵み

途中2度ほど休憩を取ります。
栗の実もよく落ちてるけど、すべてからっぽイガだけです。
2年前、肉渕から二ツ岳に登った時もそうだったなあ、イノシシさんたちが食べた後だったわ。

朝日を浴びてアサマリンドウ

10:15 地形が大きく変化する場所にて、リーダーから地図を見ての説明を受けます。下山の時に、左手に曲がらないといけないのですが、ごく自然な感じでそのまままっすぐ尾根の方へ行ってしまうって。
その通り、誘いこむように尾根が続いています。
迷わないためには、地形が大きく変化する場所では、必ず地図で現在地の確認をすること、だそうです。

10:50 ハネズル山に到着。
ラブちゃんががっかりした、という山・・・う〜〜ん確かに展望も無し、これといった特徴もないです。
5分ほど先に三角点、ここで記念撮影をし、山頂に戻って軽い食事を摂ります。
立ったまま食事されてる方もいましたよ・・・これぞまさに行動派!!

狭くて展望も無い山頂 5分ほど先に三角点

さてさて・・・この後が大変なのよね〜〜。
11:25 頂上から北西に進みます。・・・が、道はありません。
途中、朽ち果てた作業小屋のような建物跡や、ヌタ場のような水溜りがあったりもしますが、踏み跡は殆ど分りません。ヤブコギの始まりです。

紫色のキノコ 鮮やかなキノコ

先頭を行くのは、この日サブリーダーを任命されたアミ姫、頑張れ!なかなか頼もしいです。
ギは先頭はイヤです。とても無理。

尾根の中にこんなヌタ場が ヤブコギの末やっと出た三叉路

11:45 小箱越という、林道作業道と合流する地点に出ました。しかし、すぐ又ヤブ歩き。
ここからのヤブコギは結構長くてしんどくて(後を付いて行くだけなのですが)、体力を消耗しました。
空も見えない薄暗い森の中は、精神的にも疲れます。
経験豊富な先輩方が一緒でないと、とてもとても歩けません。
アミ姫は、よく頑張りました。
12:16 赤星山との分岐点に出た時は、心底ホッとしましたね〜〜。ああーー良かった!

ウドの花 見えて来た二ツ岳

やっと周囲の展望が得られる、明るい尾根歩き。やれやれ・・・。
足もだいぶ疲れて来てて、大きく足を上げると、太腿の内側が攣るようになりました。

やっと峨蔵越に・・・やれやれ! 淡いピンク色のリンドウ

12:40 峨蔵越に到着。心底ホッとしました。ヤブコギはもういいです。登山道を歩く幸せを実感します。
ここからは二度目のギは、ザックを置いて行く事にしました。
カメラの入ったウエストポーチのみで、身軽・身軽!
食欲不振のおかげで少し減量したし。(誰も気がついてくれません)

急登・急登 岩場・岩場

二ツ岳への道。
這い登る急登は、何だか好きです。高度が稼げるし。
でも、短い足をエイッと上げる度に、太腿が攣る・・・何とかだましだまし進みます。

竜の首 定番 鯛の頭

13:25 鯛ノ頭に到着。ひと休みします。
早く頂上へ行きたいギたちは、みんなが揃わない内にジワジワと移動・・・。
ふと振り返ると、リーダーを囲んで皆でお勉強しています!ハレ〜〜もう今更戻れないし。

その時、単独の男性が下山して来られまして、言葉を交わします。
『あの〜〜、HPやってらっしゃるんでしょうか??』『はい。』
『どなたでしょうか?』『こもれびです。』
エ〜〜ッ、こもれびさん!!石鎚ですれ違ったこもれびさんと、ここでまたお会いできました。
嬉しくて記念撮影を。
やさしそうなこもれびさん、今度はご夫婦お揃いの時に、お会い出来たら嬉しいです。

余りにも有名な立て札ですね! ここまで来たらあとはもう少し!

ここから先は命がけ油断するな後もう少しの札を横目で見ながら、どんどん登ります。
先頭はラブちゃん、全くどんな状況の道であろうとヒョイヒョイ、身軽なものです。すでにもう見えません。
ギも何とか二番手を。

リンドウ集合 二ツ岳頂上

14:05 着きました、二ツ岳頂上。ちょっと先の見晴らしのいい岩場まで行きましょう。
本日水もよく飲みました。汗かいたもんね〜〜。お水分けて下さった3人様ありがとうね!
紅葉にはちょっとまだ早いです。
疲れて眠くなって来たギでした。

権現越へと続く縦走路 いつかはこの縦走路を・・・

14:25 二ツ岳を後にします。どんどん下ります、急な分早い・早い!気持ちがいい位早いです。
14:50 鯛ノ頭。ここでロープを使った岩場の下りでの、救急搬出方法の実習をします。

15:30 峨蔵越。ザックはお利口で待っていてくれました。
ここから肉渕へと下山して行きます。
16:00 谷でひと休み。ここの谷のお水は、大変おいしかったですよ。
生でも飲んだけど、家でコーヒーにもしておいしく飲みました。

ロープを使っての救急搬出の実習 肉渕登山口に下山

16:40 車2台が待つ肉渕登山口に、全員が無事下山。
やれやれ、お疲れ様でしたあ!!本日もよく歩きました。
膝も腿も、何とか大丈夫。良かったです。

今日の登山が、これからの登山の力となってくれる事でしょう。
・・・でも、ヤブコギはもういいかも。