2008年11月13日
工石山(1176,4m)
登山口 杖塚 ヒノキ屏風岩 賽の河原 南の頂上 北の頂上
9:45 10:08 10:40 10:55 11:24 11:48
八起白鷲岩 登山口
12:28 12:55

本日は公休ナリ。
気になってる箇所アリで、病院に行こうかと思っていたのですが・・・この上天気!!
こんな快晴の日に、病院なんてイヤよねぇ!山よ、山に行かなくては!!!!
手近・身近の工石山が、こんな時にはありがたいです。

孫を小学校に送り出して、洗濯物を干してから出発します。

県道沿いの鮮やかな紅葉 お山も空もクッキリ

今日は、先日神戸三宮のAIGLEで購入した登山靴の足慣らしも兼ねています。
いきなり長距離は心配ですからね。
フムフム・・・右足はすぐに馴染みました。左は少々違和感が・・・。
左足の方が、少し大きいのかな?ギの足は。 靴紐の締め具合にもよるし。
まあ、全体的にはソフトだし安定感があっていいです。
何たってはるばる買って来たんだから。 ミーハーのギであります。

AIGLEのシューズ おニューです! 大岩に挟まれた小岩

本日は南回りで行く事にします。
お天気もいいし、一人でも来るつもりでしたが、同行者が約1名。運転もしてくれてありがたい。
ギッチャン考”工石山の思い出”のご本人ですので、本日は現場検証も兼ねて、当日の逆コースを・・・。

ツルリンドウ実 ヒノキ屏風岩から望む南の頂上方面

同行者にしてみれば、実にあれ以来の工石山。
立ち止まっては、感慨深げに佇んだりしています。まだら記憶しか無いのかも・・・。

ヒノキ屏風岩から妙体岩も、今日は良く見えます。

妙体岩 青空と白骨樹と

花はもう殆ど無くて、実が目に付きます。
紅葉も、もう盛りを過ぎましたね。
お山はそろそろ冬の風情です。

ヒノキ屏風岩より俯瞰 輝く葉

シャクナゲの登山道を経て、南の頂上に着。
同年輩くらいの男性が数人と、ご夫婦がひと組おられました。
やはり工石山。平日でもどなたかは来ておられます。何となくホッとします。

さてさて、あの遠い日にパニックに陥った、北の頂上への迂回路へと進みます。

南の頂上 北側へと進む

あろうことかギの方が、道を間違えてしまいました!!
WCのある方に下りてしまい、道が無い!
『こっちに道路(道路?)があるぞ。』と同行者の声。
今回はギの方が、パニックになる所でした。
自分の庭なんて豪語してる工石山なのに、道に迷ったなんて・・・ねぇ。お恥ずかしい。

北の迂回路のシンボル 大ヒノキ 北の頂上

何はともあれ、北の頂上に到着。
今日という日は、はるか永遠までも見えそうな、上天気であります。
中津明神山、石鎚も寒風・笹もハッキリと。
でも、山座同定・・・結構難しい。よく分からないですわ・・・。

ここでしばし寛ぎます。
温かいポタージュ&パン。とりあえず記念撮影もしましたが。

つつじが森へと続く道を、横目で見ながら北回りで下山します。

お気に入りの道 三辻山

北のお気に入りの尾根道は、もう葉も殆ど落ちて、冬枯れの景色。
やがて雪で白くなる日も、もうそこまでかも。

どんどん下りて、杖塚手前の水をペットボトルに汲みます。
これでおいしいコーヒーを飲まなくては。

紅い実はな~に? こちらは紫いろ

無事下山しまして、今回はふるさと林道を帰る事にします。
このふるさと林道、とってもステキな道なのに車を見かけません。
去年歩いた時も、出会った車は一台のみ、今回はゼロでしたね・・・勿体ない。

去年オーベルジュから上がった大滝山、クモの巣の登山道を延々と歩き、下りて来た場所に来ました。
ここからの林道歩きの長かった事!!
あの頃咲き誇っていたアケボノソウも、ジンジソウももう見られません。

大滝山 大滝山への登山道

今日は車なのでラクラク、景色を楽しみながら下りて行きます。
高知市の皆さん、県外から来られる方も、このふるさと林道を通行してみて下さ~~い。
とってもステキな道ですよ。
誰も通らないなんて、勿体なさすぎます。

ふるさと林道の紅葉① ふるさと林道の紅葉②

オーベルジュは平日ではありましたが、県外NOの車もあり、それなりに賑わっていました。
ここは人気のスポットですからねぇ。予約でいっぱいだとか・・・。

平日の好天気に、久しぶりの工石山。
思う事はいろいろあるギでありますが、ともあれ穏やかな平和な一日を過ごす事ができました。