2008年11月30日
梶ヶ森(1400m)
登山口 奥の院 山荘 頂上 交流
9:00 9:30 10:10 10:45 11:30~12:50
下山開始 真名井の滝 龍王の滝 登山口
13:30 13:55 14:20 14:40

本日は年に一度のイベントである、女性交流登山というのに初めて参加しました。
行き先は梶ヶ森
わが会からは総勢20名の参加、バスを借り切って出発です。
近場の山で、歩く距離も短いとあって、出発も7:40と遅め。
久し振りにお会いする方もいて、楽しく賑やかに出かけます。
男性も数名参加してくれています。(渋々かも・・・?)

人の気配もない駐車場 龍王の滝上部の小さな滝

本日のお客様である、女性委員長の藤元理津子さんを交えて、和やかに出発します。
龍王の滝も、本日は横目で見てそのまま通り過ぎます。
程なく奥の院に到着。
今回も100円で、沢山のお願い事をさせてもらったギであります。

奥の院でひと息 ゴロゴロ八丁を行く

さてさて、ゴロゴロ八丁から山荘を目指します。
この間までは、汗がボタボタ滴り落ちていましたが、さすがにもう大汗は出なくなりましたね。
水分補給も、ずい分減りました。
水分は摂った方がいいのでしょうけれど、あんまり欲しくないですもんね・・・。

御栄堂(みえどう)が見えます 本日の難所

本日のクライマックス、大岩の間を這い登ります。
上部には、今回はハッキリと御栄堂の欄干が見えています。
次回は、あそこに登ってみたいものです。

やれやれ、あと少しです まずは山荘へと

ゴロゴロ八丁をやっとクリア、嬉しい平坦な道になりました。
山荘広場から、アスファルトの道を歩き、キャンプ場へと進みます。
・・・が、寒い!!です。
風も強く、雪も交じっています。

ここで交流予定でしたが・・・寒すぎる! とりあえず山頂

とりあえず、頂上まで行き記念撮影を。
他のルートから来ている会のメンバーの姿はまだです。

キャンプ場での交流は、寒すぎるし風も強すぎるので場所を変える事に。
山荘横の避難小屋にて、豚汁の準備となりました。
いろいろ準備・お世話して下さったM子さん、どうもありがとうございます。
ひと息ついた頃に、太田口方面からヤブコギで来たと、二つの会のメンバー8名が到着。
それぞれ自己紹介をして、和やかに交流のひととき。

豚汁が出来上がるまでの間に、女性委員長のお話。
『加齢は防げないが、老化はライフスタイルを工夫する事により予防・改善が可能。』
『貯金よりも貯筋、筋力を落とさず自分の力を蓄える。』
それにはスクワットが最も有効、膝の後ろや大腿筋の筋力を鍛える

というとっても我々熟年集団には有り難いお話をして頂きました。
はい!あとは実行あるのみですが・・・これがねぇ。
継続は力なり!頑張ろう!!(かけ声は一人前のギ)

テリハノイバラ(?)の紅い実 湯気がホカホカ・・・おいしそう!

そして出来上がったおいしい豚汁を、おかわりもして身も心もホカホカになりました。
待ってる間は、指先がとっても寒かった。
寒い時は、温かい汁物が一番ですね!

さて、お腹も満足となり外に出て見ると、ガスも晴れて青空が広がっているではありませんか。
やっぱり青空はいいですねえ。
遠くの山の霧氷も望めます。
お山はもう冬であります。

外に出ると天気回復 どこの山かなぁ・・・霧氷が見えます

一同で記念撮影の後、それぞれ下山にかかります。
青空が出て来てきれいです。やっぱり青空はいいですわ。

天狗の鼻方面へ ここより下山

WCも設置されたシャクナゲの登山道を通り、真名井の滝へと下りて行きます。
鉄階段が設置されていて有り難いです、一気に高度も下がります。

下りる・下りる ありがたい鉄階段

やがて、再び奥の院に。
そのまま下って、龍王の滝にて二つの会の方たちともお別れします。

苔むした木々 龍王の滝

駐車場には14:35ごろに帰って来ました。
歩いた距離は短いですが、時にはこんな企画も楽しいですね。

お世話して下さった方々、どうもありがとうございました。
四国も冬もようとなり、この日の豚汁に舌鼓を打ったギは、あくる日も自宅で豚汁を作ったのでありました。
寒い時は、温かい汁物がイ・チ・バ・ン!!