2008年12月20日
笹ヶ峰(1,859.7m)・沓掛山(1,691m)
登山口 宿 丸山荘 笹ヶ峰頂上 丸山荘
8:55 9:20 9:50
10:50 11:25
沓掛分岐 昼食 沓掛山頂上 宿 登山口
11:45 11:55〜12:15 12:55 13:45 14:10

今年はまだ登ってなかった笹ヶ峰
ルートは、雪が無ければ、昨年10月にに登った一の谷橋からチチ山経由で・・・
雪があれば11月に登ったルートで、と計画していました。
当日は天気も良く、雪もそう無さそうです。
が、予定よりもメンバーが減り5名になってしまいました。
それに・・・南嶺でもしんどかったギには、この長い行程は自信無くなりました。

という訳で、下津池の上の登山口から登る事に、話は決まりました。
ところがところが、この上の登山口を知っている唯一のギは、何とも記憶が曖昧で2度も道を間違えてしまいました。
ごめんね、早々から迷惑かけました。
資料も地図も本日は持たず(ウ・・・・ダメでありますね!)反省しました!!

再びこのルートから うっすらと雪が現れる

まあ何とか出発する事にあいなりました。
約一年ぶりの道です。
少なめの雪と霜柱を踏んで、丸山荘までは短く感じられました。
去年はここからもみじ谷経由で行ったけど、今回はそのまま丸山荘より登ります。

丸山荘に 本日ハ晴天ナリ!

この登りがキツイ!
見晴らしはいいけれど、北側で陽も当たらず、ひたすら黙々と登ります。雪上訓練みたいや。
『歌でも歌いましょうよ〜〜。もしくは尻取りとか〜〜?』なんてカラ元気のギですが・・・。
だんだん弱って元気がなくなります。遅れがちに。

北側斜面を黙々と・・・ あ〜〜やっとここまで・・・!

ハァ〜〜しんどかったわ。
やっと頂上に着きましたが、寒い!!強風やし。
とりあえず記念撮影だけは、とミニ三脚をセットしますが、これでは吹き飛ばされそう。
単独の登山者の方に、目で訴えて(・・・ってオバサンには目力はありませんが)シャッター押してもらいました。

寒風・伊予富士方面 チチ山方面

とても長くはいられず、早々に下山して沓掛へ向う事にします。
サラサラの雪で、アイゼンは無くとも何とか大丈夫でした。

駆けるように下りる(写真提供カツオ氏) これから登る沓掛山

丸山荘までは、一気に駆け下りたような感でした。
やっぱり下りはラクよねえ・・・。この所ちょっと膝痛がマシだし。

沓掛山途中の木立ちの中にて、しばし昼食タイム。
本日もザックからお腹の中へと、スムーズに移動したのでありました。

ここで昼食に 急登が待ち構えています

しかし、しかし・・・!この後には、ジグザグの急登が待っていました。
ラブちゃんは先頭をスイスイと・・・カツオさんは、初めての山というので景色を眺めつつ、ゆっくり行ってくれています。
が、それにも付いて行けないギです。
しんどい。ふくらはぎが痛い、重い。
ようようの思いで、頂上に着いたのでありました。
ダメやわ、こんな事では。
11/1の天狗塚までは快調やったんやけどなぁ・・・。

苦しい苦しい登り やっと頂上!

沓掛山からの眺めは、これまた最高です。
チチ山・笹ヶ峰も違った感じに見えます。

ほんとしんどかった登り、折角登ったのだからゆっくりしたくも思いますが。

沓掛頂上より見る笹・チチ山 平家平方面

下りもラブちゃんたち二人の速い事、速い事!
ギは今回、登りでも下りでも、右足の太腿内側が攣りました。
・・・何といっても運動不足です。
何にもしてないもんね〜〜普段。

苦しかった斜面を下りる おいしい水

横道になってからも、今日は何だか疲れたギでありました。
体力不足をひしひしと感じましたよ〜〜。

笹はもう遠くに・・・ 冬桜

帰り道、寒風山トンネルの高知県側に、今咲いてる冬桜を観賞。

本日平家平に登っていた、というはまやん宅にちょいとお邪魔させてもらって、帰路についた次第でした。
皆さまお疲れさまでした。