2009年01月10日
阿波国見山(1,409m)
後山峠登山口 上の登山口 尾根 避難小屋
10:45 11:30 12:40
13:05〜13:25
頂上 上の登山口 後山峠登山口
13:30 14:20 15:10

剣〜次郎笈に行きませんか?』という、ラブちゃんからのお誘いで、自信無いまま参加した今回ですが・・・。
昨夜あたりから四国地方にも寒波到来で、山間部は積雪がかなりのものらしい。
取り敢えずスノーシュー&ピッケルも積んで、6:00に南国を出発します。メンバーは7名。

高速に入った時、徳島道を走行中の長女よりTELで、『ボタボタの雪が降ってて走りにくい。』との事。
ギたちも、大豊あたりから雪となりました。
祖谷に入ってからは結構な積雪で、中には立ち往生してる普通車も。
それでも行ける所までは、と進みます。
当然外は寒い、視界は悪い、雪はどんどん降る・・・と条件悪いです。

しかも名頃を過ぎた辺りからは、唯一あった先行車の轍も無くなりました。
どうもさっきすれ違ったジムニーが、Uターンして来たみたいです。
それでも進んで行った一行でしたが・・・さすがのデリカもお腹をこするようになって来ました。
『引き返した方がいいんじゃあ無いですか?』とのTさんの声で、自分たちもUターンを決めた次第でした。

今来た道を引き返します。
でも、どこかの山には登りたいし・・・。
思案しましたが、国見山に登る事に変更決定したのでありました。

名頃の名物カカシも雪宿り・・・ 道の駅西いや付近

後山峠までの林道も、かなりの積雪。
それでも先行車が一台停まっています。この先はもう、轍無し。
本当は上の登山口から行きたいギですが・・・。そういう訳にもいかんですわ。

雪の中で準備、スノーシューは嵩張るから置いて行きます。

轍も殆ど無い林道 不安な思いで出発

いきなりの急登で、後ろにひっくり返りそうになる、何とも危なっかしいギであります。
お正月にちょっと体重増えたけんねぇ・・・。やっぱりお餅は食べられん。

深いサラサラの雪で、歩きにくいですが、先行者の足跡が有り難いです。
今日はピッケルが役に立ちました。

やがて何とか上の登山口に到着。

雪の深さ やっと上の登山口に

ここでアイゼンを装着します。久し振りのアイゼン。
カッパを着るのも、ザックを上げ下げするのも、アイゼン付けるのにも、介助が要ります。困ったものです。
積雪で、登り始めのコンクリートの階段も、段差が無くなり登り易い。

ここでアイゼン装着 防火帯の延々と続く登り・・・忍・忍!

途中で、先行者の方たちに追いつきます。
香川からの若いカップルで、男性の方はなかなか山慣れしてるみたい。
当然また先へと行ってしまいました。ラッセルありがとう!!

雪は好きだけど、延々と続くこの雪道はしんどい・・・。
いつもしんどい防火帯の登りですが、今回もため息がでます。
立ち止まればフラフラしかけます。ちょっと酸素のタブレットを服用。
鼻水を拭こうとしても、首に巻いてるタオルはバリバリに凍ってて、用事になりません。
氷点下4℃くらいらしいです。

やっとブナの美しい尾根道に出ました。
・・・が、いつもならホッとするこの道も、深い雪で疲れます。
カメラもレンズが曇ってるし、出しても雪がかかり濡れてしまいます。
キャップをはずすのも、すごく面倒くさい。
こんな時は、コンパクトデジカメに限る!って身に沁みて実感しましたよ〜〜。

雪・雪・雪・・・歩くのしんどい〜〜 とりあえず山頂です

雪=水ですからね〜〜帽子もフリースのではダメやったわ。ジュクジュク、髪もビショビショです。
やっと着いた避難小屋で、まずは濡れた物を取り替えます。寒い・寒い!
アイゼン付けたまま、床に平べったく座るのは難しい。
何とか横座りして、温かい物を摂ります。そんなに食べられないですね。

先行のお二人は、もう頂上から下りて来て下山して行きました。
動かないと寒いから、食事時間もそこそこに小屋を出ます。

急登を這い登るようにして、頂上に。
勿論もう誰もいません。寒いだけ〜〜。
記念撮影して、早々に下ります。

下りはラク 積雪が増えた上の登山口

帰りはラクチンでしたね。
雪がデコボコを隠してくれてるし、転んだとしても雪のクッションで大丈夫。

どんどん、どんどん駆け下りるように来た道を戻りました。
下りはほんとラクでした。
でも、雪道歩きはギは太腿が疲れました。腰もちょっと疲れた。
まだまだ弱い体力であります。
みんな一緒に行ってくれてありがとう!
お疲れさまでした。