2009年02月08日
工石山(1,176.4m)
登山口 杖塚 北の頂上 南の頂上 賽の河原 下山
9:45 10:00 10:35 10:55 11:15 12:00

ギはこの頃また膝が痛いです。
あんまりハードな山には行ってないし・・・。
体重もちょっとずつ戻りゆう・・・。
こんなんではいかんわ〜〜。

気を取りなおして、今日は久し振りに工石山へ向います。一人で。

何と言っても、家から近いですからね。
8:45に自宅を出て、9:30には登山口に着きました。
前日は春の陽気、汗ばむ位の暖かさで、今朝も寒さは感じなかったのですが・・・。
寒い!!風が強くて、余計に寒く感じます。里とはえらい違いです。
風が音をたてて唸っています。

ギよりひと足先に、紅葉マークの軽トラのご年配の男性が、出発されて行きました。

ひっそりした上の駐車場 南回りの道 右手上に杖塚

何度となく歩いた道。
工石山はやっぱり、一人で来る山なのかなぁ・・・。
自分と向き合うのにはいいかも。
思う事は多々ありますものね。

トサミズキもまだまだ 木立ちの中の倒木

お山はまだまだ冬そのもの。
新芽も固い固い・・・。
今日は北周りで行く事にします。
妙体岩の方から行きたい気もしましたが、一人の時はやっぱり気おくれがします。不安。

いつもと違う角度で八起白鷲岩 一番好きな場所です!

ツルシキミの紅い実のみが、目に付きます。
他は地味な冬色ばかり。

北の登山道の守り神 この時期目に付くのはツルシキミ

いつもの、北の守り神の大ヒノキに会うと、息子の行く末を願わずにはいられません。
早く安心させてよね・・・。
ま、どこの親も似たり寄ったりかも。

いつかは行ってみたい つつじが森への道 北の頂上

北の頂上には、誰もいません。
ちょっとひと息、スープとバナナを。
今日は霞んでいて、眺望は今ひとつです。

南の頂上では、ひと組のご夫婦と会いました。
ギよりひと足先に出発した方とも会いました。南周りで来られたのね。

南周りで下山する時には、単独の男性3名、ご夫婦ひと組と会いました。
やっぱり工石山や。何となく安心です。

まだ葉だけ バイカオウレン シャクナゲの森のサルノコシカケ

下山して来ましたら、軽トラはもういなくなっていました。
ご年配とはいえ、痩身の足の強そうな方でしたからね・・・。
ギも、ああなりたいものですが。

ミツマタもまだまだ 早春を告げるフキノトウ

車の後ろ、にフキノトウが顔を出していました。
立春も過ぎて、春は確実に近付いているようです。
でも・・・ギは寒い冬が好きです。
スノーシューも購入したのに、まだ使ってないし・・・。
春が来て、寂しいと感じるのはギくらいのものでしょうかねぇ?
今年は何だか弱気かも。

久し振りの工石山は、やっぱり良かったです。ホッとしました。
山はいいです。
膝の調子を見ながら、また行こうと思います。