2009年02月11日
大座礼山(1,588m)
登山口 尾根分岐 ブナ 頂上 カラ池 下山
9:05 10:30 10:45 11:10〜11:45 12:10 13:25

相棒であるアミ姫と、しばらく会ってなかったギでしたが、今回は一緒に大座礼山に行ける運びとなりました。
3年前に一緒に行ったメンバーも全員参加。
計9名という、楽しい山行になりました。嬉しいですねぇ。
仲間はありがたいです。
先日は、一人孤独の山行でしたからね!

里は暖かいですが、大川村はやっぱりてっぺんの村、道沿いは霜で白くなってるし、標高が上がるに連れ雪も現れて来ました。
登山道にも始めから雪がありますが、アイゼンを付ける程ではありません。

アンバランス氏を先頭に、出発します。

登り始めは要注意 足元に注意しながら渡渉

今日も歩き易い程度の雪、ありがたいです。
歩いていると、汗ばんで暑いくらい。

木立ちも冬色 アケボノの頃にはあそこに・・・

東光森山や、二ツ岳〜権現越の稜線が見えて来ました。
体力つけて、あそこを歩きたいものですが・・・。
とりあえず、アケボノツツジの時季には、東光森に行こうね!なんて話しながら進みます。

やがて尾根の分岐へ。
ここからの登りも、雪のおかげで却って登り易いです。

登山口手前から垣間見えた霧氷は、もう残っていません。暖かいですもんね。

あそこは今年の目標・・・ 落ちた霧氷のカケラ

やがて来ました、来ました!
大ブナの場所。
今回が初めてのとんこちゃん、感動されていますよ〜〜。
このブナさまたちは、存在感ありますものね。
ちょっと弱ってるようなのが気になりますが、青空を背にブナの姿も映えます。

ブナさま、来ましたよ〜 こんにちは〜〜

進行方向左手奥には、上池跡地と書かれた立て札があり、平地が広がっています。
今回初めて、ここへも足を延ばしてみました。

反対側に目をやれば・・・ カラ池あり

さて、頂上への最後の登り。
ここも雪のおかげで、さほど苦労せずに済みました。

頂上への急登のツララ 雪も太陽に溶かされて

太陽の陽射しは、暖かいを通り越して暑い!くらいです。
雪もどんどん溶けてる・・・。

やがて着きました、頂上に。お疲れさま〜〜!!
しばしここでゆっくり昼食タイムとします。

山頂 向こうは赤星方面かなぁ 笹、伊予富士方面

風も無く、穏やかな上天気の一日。
久し振りのメンバーもいて、今日という日はまた楽しい一日となりました。

ゆっくり寛いだ後、下山します。

大北川源流です 慎重に!

帰り道も、おしゃべりしながら和気あいあいと歩き、登山道も短く感じられました。

本日は、ひと組のご夫婦と出会っただけ。
静かな大座礼山でした。

こんなかわいい芽があちこちに 苔の緑と白い雪とが美しい

膝の痛いギには、今日はちょうどくらいの歩きでした。
帰路は頑張ってギも運転しました。
本山のさくら市にも寄り、またまた買い込んで、無事楽しい一日は終了したのでありました。

皆さまどうもお疲れさまでした!!
また、行こうね!