2009年06月21日
稲叢山(1,506.2m)
トンネル智山口 西門山オオヤマ 鉄塔オオヤマ 山頂  四差路 ダム湖登山口 トンネル登山口
(11:55) (12:10) (12:40) (13:20〜13:45) (14:00) (15:00) (16:00)

今日は楽しみにしていた石立山が、雨の為中止となりました。
朝目覚めれば雨・・・諦めがつく位の雨が降っています。
これはしゃあないわ・・・と、7時半まで惰眠を貪りましたが・・・
ふと気がつくと、ガスが上がって明るくなっています。

一人だからもう工石山やね、って考えていましたが、有難い事にワカ女さんFちゃんが付き合ってくれるというので、オオヤマさまの咲いている稲叢山に行く事にしました。

いの町集合10時という遅い時間。

今日の稲叢山は、昨日木の根に集合していたネット仲間で、多分賑やかなはず。
時間が遅いので、自分たちはその後を行くようになるだろう、とは思いました。

トンネル登山口に着いたのは、もうお昼前。
沢山の車が停まっています。
途中すれ違ったラッシュ(チャコールグレーの)は、もしかしてエントツ山さんだったのかな?

今日は沢山の車が タツノオトシゴみたいなギンリョウソウ

まずは西門山のオオヤマさまに、会いに行きます。
ちょっと小振りですが、相変わらずの清楚な気品ある美しさ。

西門のオオヤマさま

Uターンして、稲叢山へと向かいます。
途中何と万作さんにお会いしました。隣にはオオヤマさまに勝るとも劣らぬ楚々とした女性が。
思わず『その美しい方はどなたですか?』って聞いてしまったギでした。
彼女は、こゆきさんでした。お名前は知っていましたが、お初にお目にかかりました。
お会い出来て良かったです。

明日は開花かな 鉄塔のオオヤマさま

鉄塔のオオヤマさまは、心なしか元気が無いもよう。
しかも雨が降って来て、撮影はなかなか上手くいきません。

ガスの中の森 今は誰もいない山頂

傘をさして歩きますが、山頂に着いた頃には雨は止みました。
宴の後(?)・・・静かな山頂で遅い昼食を摂りました。

ドウダン白 ○○ドウダン

ガスがかかっていて、残念ながら展望は無し。
まぁ梅雨の最中(さなか)ですからね。

健気にニガナが 束の間ガスが途切れる

元来た道を戻るのは、ちょっと物足りないので、四差路からダム湖方面へと下りる事にします。

岩場より瀬戸川方面 反対側を見上げる

途中、眺めの良い岩場があります。
ハゼの木があるので、ご注意下さいね。

ナナカマドの花 ヤマツツジもうお終い・・ 

ニガナの花が目に付いた登山道でしたが、他にも白い花がいろいろ。
ユクニキとかいう、雪のように真っ白の花が満開の木にも、圧倒されましたよ。

シロバナニガナ ユクノキ 甘〜い木イチゴ 

この辺にもあるというオオヤマさまは分らぬまま、ダム湖登山口に下山。
多分咲いてなかったので、分らなかったのでしょうね。

稲叢ダム湖 下山

ダム湖では2台の車が停まり、周辺を散策されていました。

我々はここから車道歩きです。

一幅の絵のような稲叢ダム湖

雨はすっかり上がり、時折陽が射したりして暑いです。湿気も多いし。
雨傘を日傘代わりとし、甘くておいしいイチゴをつまみながら、テクテク歩きます。

車ならひと走りですが、歩くと1時間かかりました。

イチゴを食べながらの車道歩き アザミが鮮やか

今日は一つ嬉しかった事があります。
暑いのでトレッキングタイツは穿かず、左膝のみにサポーターを巻いていたのですが、下山でも膝は大丈夫でした。
この間まで、帰路の車中ではズキズキ痛んだ膝ですが、痛くなくなりました。
それがとっても嬉しかったです!
やっぱり歩かなくっちゃね。

石立には、またの機会に行きたく思います。
今日はオオヤマさまにも会えたし、遅い時間からの山でしたが、十分楽しめました。
付きあって下さったお二人さま、どうもありがとう!!