2009年07月19日
北アルプスA(燕山荘〜西穂山荘)
燕山荘 合戦小屋 中房温泉登山口 新穂高ロープウェイ駐車場 ロープウェイ登山口 西穂山荘
(5:10) (6:00) (8:20)  (13:50)  (14:35)  (15:50)

翌朝目覚めると、やはり雨。生半可ではない降りようです。
あ〜〜悲しい・・・。
視界ゼロのこの状態で、頂上に行っても仕方がない、という事で朝食後下山にかかります。

しかし、4時半という早朝に、この大勢の登山客の食事を用意されるスタッフの方たちには感心します。
お味噌汁も熱くておいしかった!
皆さんとっても感じ良かったですし。

雨・ガス・風の翌日 合戦小屋もまだ人影無し

未練を残しつつ下山して行きます。
ま、また来る機会のある事を願いましょう。

一時明るくなったりもしましたが、やはり雨は止まず。
時折強く降ったりもします。
それでも合戦小屋を過ぎたあたりからは、登って来られる登山者が次から次と・・・。
雨でも何のその、というところですか。
明日は回復して欲しいものです。

一瞬陽が射す 垣間見えた眺め

中房温泉登山口で会った、60Lの大きなザックを持った単独の方は、常念〜槍を計画していたけれど、この天気では無理と諦めて、燕岳のみで下りて来られたそうです。
無念の思いをしたのは、自分たちだけじゃあ無いですものね。

温泉でサッパリした後、車にて移動します。
思案の結果、予定通り西穂山荘へと向かう事になりました。天気回復を期待して・・・!

濡れてビショビショの雨具を、再び着用します。仕方ない・・・。

折角の新穂高ロープウェイも、全く何にも見えません。ガスで真っ白。
観光客の方たちも結構おられますが、気の毒。

再び雨具を着て出発(カツオ氏撮影) 西穂山荘到着

千石庭園を通り抜けて、登山道へと進んで行きます。
しばらく行った所で、前方から人影が・・・何と何と、 ゆきねえさんじゃあありませんか!!
こんな所で高知の人に会うなんてねぇ。
ゆきちゃん、来年は好天気の日に一緒に行けたらいいですね!!

雨は結構激しく降って、登山道は小川状態です。
カミナリも鳴って恐ろしかった・・・。幸いすぐに遠のきましたが。

この、雨の中の登りが今回一番しんどかったギです。
荷物は重いし、足は上がらない・・・上を見れば延々と続く石段の登り・・・ザァザァ降りの雨。
その中で出会った、小学生の女の子とおじいさんの二人連れ、雨にも負けず軽やかな足取りと笑顔で、一服の清涼剤のように心に残りました。

さて、やっと山荘に到着。やれやれです。
この天候でも、沢山の宿泊客。外でテント泊の方たちもおられます。

 雨の中テント泊される方たち 外は大降り・・・ 

夜になっても雨脚は衰えず、風もゴーゴー唸っています。

”明日はどうか回復してよね・・・”と願いつつ、眠りに就いたのでありました。
(暑くて寝苦しかったです・・・)