2009年10月31日
工石山 (1,176m)
登山口 杖塚 八起白鷲岩 北の頂上 南の頂上 ヒノキ屏風岩 杖塚 登山口
(9:15) (9:30) (9:50) (10:15) (10:25) (11:00) (11:30) (11:45)

晴天が続いています。
明日から出かけるので、今日は家でゆっくりするつもりだったのですが・・・。
こんなにいいお天気、やっぱり家にはいられません。
しばらく行ってない事だし、一人だし、工石山に行く事にします。
前回はマムシ様に会ったけど、そろそろもう、いなくなったでしょうし。

8:15に自宅を出発します。

いつもの一番上の駐車場、車はゼロです。
みんな、遠くの高い山に行ってるのかなぁ・・・。

歩き慣れた道を行きます。
少しは寒いかなと思ったのですが、全然!!

シコクアザミ?何だか寂しげ ジンジソウ

でも花は少なく、やはり秋の終わりを感じます。

サルトリイバラ 今日のお友達 ツルリンドウ

それにしてもいいお天気!
気持ちも弾むし、下手な写真も少しは見やすく写るのが嬉しいです。

紅葉 黄葉

紅葉は殆どもう終わりかけですが、まだまだ鮮やかな木もあります。
近場のこの工石山は、有り難い山ですよ。
手軽に高山気分が味わえます。

白鷲岩より三辻山方面 アサマリンドウ

いつもの八起白鷲岩に上ってみます。
晴天ですが、残念な事に霞んでいてクッキリ遠望とは行きません。

大好きな道 守り神さま

北の頂上には先客がお一人。
単独の男性で、一眼とコンデジの二つのカメラを持っておられました。
霞んで、眺望が今一つなので残念がられてました。

定番 北の頂上 小さな紅葉

南の頂上は、陽差しが強くて早々に下山します。                     

南の頂上 いつもの岩場

いつもの岩場も立ち寄っただけ。
お腹もすかないし、水分のみ補給。 

賽ノ河原 見上げた紅葉 

賽ノ河原の流れも、水量は少なく落ち葉に埋まっています。
サンショウウオを、一回くらいは見てみたいものですが。

落ち葉に埋もれる橋  まだこんなに蕾が

今日の登山道、アサマリンドウがまだまだ沢山ありました。
ツルシキミの赤い実が、これから来る冬を知らせているようです。

屏風岩より俯瞰 青空に映える白骨樹

一人なので、鳥さんにも会えました。
バタバタと慌てて逃げて行って、写真には撮れませんでしたが。

シコクママコナ ヤクシソウ

南斜面

ムラサキシキブ メギ ハガクレツリフネ

南回りで下山してる間には、3組のカップル、単独の男性3人、登山口近くでは犬を2匹連れたご家族らしい
10人位の方たちに会いました。
やっぱり工石山ですね。
県民の森なんですもの、もっともっと沢山の人に、気軽に登って欲しいですね。
こんな手軽に、深山幽谷の気分も味わえるのですから。

ミツマタ 県道沿いにジンジソウ群生

3ヶ月ぶりの工石山、登山道の伸びた草花も刈られ、危険な箇所には真新しい丸太で補修がされていました。
賽ノ河原からシャクナゲの登山道へと登って行く岩場、ここだけちょっとスリリングな気分を味わえた箇所も、手すりが設置されていました。
安心ですが、ちょっぴり残念な気もしますね・・・。

北の頂上手前 賽ノ河原の上部 南回り@ 南回りA

いつ来ても楽しめる山。
私にとっては、一人で来る山。
自分と対峙出来て、心なしか気持ちの切り替えも出来るような・・・。

工石山とこんなに仲良くなるなんて、初めて登った時には思いもしませんでしたね・・・。
ありがたい山です。