2009年12月19日
五位ヶ森(1,183m)
畑山温泉 東五位木馬道通り 大瀬木馬通り 五位ヶ森 池神社 畑山温泉
(9:20) (11:10) (11:55) (13:00〜13:35) (13:55) (15:40)

寒波到来で、この週末の天気予報はずっと雪&曇りマークの50%。
まだギは行った事の無い、成就社からの石鎚を予定していたのですが・・・
路面も心配だし、ガスで視界ゼロの厳しい登山は回避しようという事で、雪の心配の無い山に変更しました。
以前から気になりながら、登っていない安芸の五位ヶ森に行く事に。

安芸のシンボル、野良時計の場所からもよくその位置が分かる五位ヶ森。
きつい登りとは聞いていましたが、果たしてどんな山なのでしょう??

高知県西部出身のギは、東部には殆ど縁がありません。
地場の新鮮な産物の溢れてる、安芸駅でのお買い物が、とても楽しみです。

本日のメンバーは8名。
安芸より畑山温泉を目指します。
遠くにそびえる五位が森は、さすがに雪化粧しています。
(アイゼンはしっかり持って来ています)

途中道路工事による通行止めがあり、40分ほど待たされましたが、無事畑山温泉に到着。
ここに車を置かせてもらって、出発です。

安芸市内より遠望 右奥が五位ヶ森 畑山小学校跡地に建つ畑山温泉

家もまばら・・・静かな静かな里です。

温泉Pにて準備体操 うっすら雪化粧の畑

人家兼用の小さな郵便局を過ぎ、畑山川に架かる昭和橋を渡り、登山口へと向かいます。
『標高差約1,000m』とカツオ氏。
石立山が標高差1,200mだからなぁ・・・う〜〜ん。ま、何とか登れるやろう、とぼんやり考えてるのん気なギです。

過疎の村の郵便局  畑山川にかかる昭和橋

登り始めは、岩柄からの雨ヶ森を連想しました。
民家が一軒あり、畑に出ていたおじさんが『上は雪があるき気を付けよ〜〜!』って言ってくれています。
は〜〜い、行って来ま〜〜す!

しばらくは石垣のある植林帯が続きます。
かつては家や畑が沢山あったのでしょうね・・・。

植林の急登の連続  やっと開けた場所に

2時間半位も延々と、植林の急登を忍・忍・・・で登り続けました。
単調なこの登りは、仲間と一緒ならばこそで、一人ではとてもとても・・・イヤですね・・・。
登り始めこそ暑くなって衣服調節をしたものの、標高が上がるに連れ再び着用、空気は身を切るように冷たく寒かったです。

やっと開けた場所まで来て、ホッとひと息つきます。やれやれ。
見上げれば上の方も明るくて、登りが後もう少しというのが感じられます。

シンボルのような大木あり  開けた場所でひと休み(写真カツオ氏)

明るい光の射す上に向かって、頑張って急登を登って行くと・・・何と何と!!
そこには林道があるではありませんか〜〜!!こんな上まで!?びっくりです。
登山道から林道に出てみます。

いよいよ足が弱って、山を歩けなくなったら、車でここに来ようか・・・なんて考えましたね。

太平洋が見えます(右上方面) 林道より北側の眺め

見晴らしが良く、陽が射して暖かい林道に、誘われるように全員が林道を歩きます。
(これが間違いのもと、でした)

林道を進む(登山道は左にあるのに・・・)(写真カツオ氏)  林道脇の霜柱

程なく林道は行きどまり、テープを頼りに山の斜面に取り付きます。
が、道らしい道はありません。
テープを巻いてる杭も、浅く差し込んでるだけで、触ると抜けてしまいます。??何だかおかしい。
”もうこの上が頂上付近だから”と、2名は斜面を登って行きます。
テープにこだわったギたちは、テープの方に行きますが、どうも変。
滑り落ちそうな斜面を、木につかまり進みますが、横に行くばっかりでしかも下がり気味。
さっきまでのんびり歩いていたのに、急に雪山訓練の様相になって来ました。

結局は斜面をよじ登り、先の2名と合流しました。山頂よりだいぶ北まで行ってました。
テープはどうも、この先伸びて行く林道の目印だったようです。

林道に惑わされ、登山道から外れたのが思わぬ事になりました。やれやれ。

雪の斜面をよじ登る やっと先発の二人の姿が  尾根には立派な道あり 

何はともあれ、ついに到着です。
五位ヶ森山頂。

山頂より奥神賀、高板山・・・

見晴らしは良好です。
牛ノ背も少しばかり見えます。真っ白。
山頂に立ったこの時の気分は、いつもながら何にも代え難いものがありますね!

切り開かれた山頂 ツツジやシャクナゲあり

山頂より東の暖かい場所にてランチタイム。
本日もおいしく、しっかりいただきました。

本日も変わり映えしないシンプルランチ ツルシキミ  山座同定を・・・ 

山座同定をして、名残惜しいですが下山にかかります。
自然林はこの山頂付近のみですね。

下山は正規の登山道です!
あっという間に、林道に出会った場所まで下り着きました。
ここから、ひと休みした場所までもあっという間。

下山は正規の登山道を 朽ち果てた祠 

ひと休みした場所の南側の小高くなった所に神社があります。
・・・が、無残に崩れ、朽ちていました。人知れず・・・。

ここより急斜面を下ります。
またも、雪山訓練や・・・。
雪がクッションとなり、どうにか転ばずに近道が出来ましたよ。

急斜面をかけ下りる・・・ チチイチョウの大木 

この後も延々と植林帯を下ります。
やっと石垣のある場所まで戻って来て、無事に下山終了。

昭和橋より川下  川上 今しがた登った山が・・・

下山後は畑山温泉にゆっくり浸かり、疲れを癒します。
狭い温泉ですが、貸し切り状態。

帰りも安芸駅にて、お買い物を楽しんだ一行でした。

鳥さん何見てるの? 安芸駅でのお買い物 

ギは、松茸の炊き込みなどを買いました。
安芸のちりめんじゃこは塩加減がちょうどで、ギの好物です。

帰宅後は、琴ヶ浜という地酒をおいしくいただいて、早々から眠りに就いたギでありました。
多分今回が今年の登り納め。

今年もお陰さまで、沢山の山に登る事が出来ました。
一緒に登ってくれた仲間に感謝です、ありがとう!!

いつもご訪問下さってる皆さま、どうもありがとうございます。
来年もどうかよろしくお願い申し上げます。

皆さま、良いお年をお迎え下さいね!!