2010年01月17日
美川峰(雪山訓練)

本日は県連の雪山訓練です。場所は大川嶺方面。
三つの山の会の、合同企画です。
3年前に参加した事がありますが、あの年は伊予富士で、雪は殆どありませんでした。
今回はこの所の寒波で、雪は期待出来そうです。

美川スキー場へと上がって行く道に入ると、やはりバリバリに凍った雪道となりました。
スキーは若かりし頃、鉢伏高原(兵庫県)で一回だけしかやった事が無く、美川スキー場にも、ドライブで来た事があるのみです。
いや〜〜楽しそうですね〜〜!スキーにスノボ。

登りはリフトを利用しますが、ザックを背負ったままで不安定。緊張気味です。
『左側に下りなぁいかんよ〜〜』って教えてくれてるのに、一つめのリフトはクリアしたものの、二つめのリフトでは緊張でつい右側に下りてしまい、おまけに転んでリフトを停めてしまった、ドジな私でありました・・・。
ああ恥ずかしい・・・ご迷惑おかけしました。

車窓より本日の目的地 美川スキー場  リフトで上がる

昨年は膝痛で、購入したものの使用する機会がなかったスノーシューも、本日は持って来ました。
・・・が、ピッケルも持って、スノーシューも持って、は負担です。
(ケースのまま持って行こうとした、とんまなギでした)
もう置いて行くわ・・・なんて投げやりな私に、こうやってザックに取り付けるのよ…etc・・・とメンバーに教えてもらい、何とかピッケルとスノシューを背中にセットして、2本ストックで出発と相成ったのでありました。

シュプールが輝く峰  リフト終点から望む石鎚

リフトを下りてからは、別世界が広がっています。
遠くには石鎚が聳えています。
手前には中津明神山
空は青空・・・真っ白な雪、無風。言う事無し!!の天候です。

本日は、総勢16名の参加者。
まずは雪に埋もれた車道歩きからスタート。
いくらも歩かない内に、汗びっしょり。衣服調節をします。
先日の伊予富士とは、えらい違いです。寒さを感じません。

途中からいよいよスノーシューを履きます。
『かかとを上げて歩いたらしんどいから、すり足で歩いたらいいのよ』と先輩がアドバイスしてくれます。
うんうん、ラクチンです。面白い。

リフト終点よりスタート  別世界の景色  お初のスノーシュー

美しい景色に見とれながら、スノーシューのおかげで軽快に登れました。

遥かに石鎚が

空気は当然ながら冷たい。
今日は、目だし帽を着用しています。首回りは断然暖かい。

たっぷりの雪

なだらかな登りを、一列に黙々と登って行きます。

上へ上へと・・・ 振り返った眺め 石鎚が神々しい

中津明神山も、指呼の距離に輝いて見えています。

登りつめると、遥か遠くまで一面に、雪の世界が広がっています。
大川嶺までは行かず、この辺りで訓練の実習をする事にして、とりあえずは食事休憩となりました。
特に寒いとも感じませんが、やはり雪の上に置いたスープは、瞬く間に冷たくなってしまいます。

中津明神山

食事が終わり、スノーシューからアイゼンに履き替えて、フカフカの雪の斜面へと一同移動します。

まずは雪崩等で、雪に埋もれた人を救出する訓練。
交替で雪の中に横たわってみます。
  雪が重たい 
  胸が苦しく呼吸がしにくい 
  外からの呼びかけの声はハッキリ聞こえるが、こちらからの声はかすかにしか聞こえない
  雪がとても冷たい

等が、体験者の方の感想でした。
ギは閉所恐怖症ですので、とても体験は出来ないです・・・。

この後は、滑落停止訓練。
ピッケルを使って停止する訓練です。
カツオ氏やとんこ氏は、とても熱心に真面目にやられていました。

雪の中に埋もれる 埋没   呼びかける
埋没者救出訓練(写真提供カツオ氏)  滑落停止訓練@(写真提供かく子氏)  滑落停止訓練A 

ひととおり訓練を終えて、下山。
下山はリフトを使わず、車道を歩きます。

時折スノーボーダーが、スイスイ〜〜と下降して行きます。
楽しいだろうなぁ・・・。病みつきになるでしょうね。
でも・・・板の上に乗ってるだけで、何もつかまるものが無いのって、怖いです〜〜。
やっぱり若者のスポーツかな。

秀麗な姿の中津明神  リフト付近の景色

おじさんおばさんの集団は(私たちの山の会は、です。他の会員さんは若い方もおられました。)、途中から林の中に入り込み、道なき道を下降してスキー場へと戻り着きました。
冒険心や遊び心は、若い人たちに負けませんよ〜〜。

本日のメンバー 林の中から下山   スキー場へ帰着(写真提供とんこ氏)

というわけで、雪山訓練は無事終了。
不真面目なギには、どうも身に付いたとは言えませんが、雪をたっぷり実感できた、楽しい一日でした。
企画・お世話して下さった方々、ありがとうございました。
お疲れさまでした。