2010年02月07日
カガマシ山(1,342.9m)〜 橡尾山(1,222.1m
登山口 尾根昼食 尾根分岐 カガマシ山 橡尾峠 橡尾山 登山口
(8:40) (11:15〜11:50) (12:50) (13:20) (14:20) (14:45) (16:10)

今回は山の会の例会に参加。
”雪山で遊ぼう!”という楽しそうなタイトルです。
スノーシューで雪の上を歩きたい私は、早々から参加申し込みをしていました。
ところが・・・どうも雪が少ない。
当初の予定だった塩塚峰阿波国見山には、遊ぶほどの雪は無い模様です。

そして届いた計画書を見て、ちょっとびっくり。
行き先はカガマシ〜橡尾山となっていました。
このルートは、昨年春新緑の頃に歩いていますが、結構歩き甲斐がありましたし、ザレ場や危険個所もありました。
のんびり雪遊び、っていう感じじゃぁ無いなぁ・・・と少し不安に。

しかも前日から何だか風邪気味です・・・。
風邪薬・葛根湯・卵酒を飲み、入浴後は即就寝しました。
当日朝も、しっかり朝食を摂り、風邪薬・葛根湯も飲んで不安ながら出かけたギでありました。

本日の参加者は9名。
車2台で、新宮から橡尾山登山口へと向かいます。

遊歩道登山口付近の様子 気を抜けない箇所も多々あり

登り始めは、雪は僅か。
昨日降ったのか柔らかい雪です。
スノーシューは一応持っては来たものの、結局車に置いて来ました。

見事な氷柱 

風も無く寒さは感じませんが、やはり陰地は雪も多く、谷の水も凍っています。
今回はデジカメ、しっかり充電して来ましたよ!

急登の尾根に取り付く  後方に三ッ足山

原生林遊歩道終点を過ぎ、北側にある三ッ足山がかなり近付いた所で、いよいよ急登の尾根に取り付きます。
早々から急斜面で足を滑らせ、バンザイした体勢の腹ばい状態で、ズルズル滑落しかけたギであります。
止まってからも、起き上がるのに苦労しました。
すみません、お騒がせしました。

やせ尾根で昼食タイム  カガマシまでもうひと頑張り

しばらく登った所で、アイゼンを付ける事にします。
昼食もここで摂り、しばしの休憩タイム。
今日は風も無く、天気は良く、じっとしていても寒さを感じません。

再び歩き始め、ようやく霧氷の出来てる高さまで登って来ました。
あともう少しや。
しかし、春にもこの最後の笹の急登が、しんどかったのを思い出します。
今回も難儀しました。
つかもうとしたら、枯れ木だったり・・・。
何度も後ろ向きにひっくり返りそうになるのを、かろうじて踏ん張り留めた事でした。

そしてやっと縦走路の尾根に出ました!!

霧氷だ霧氷だ〜〜!! ご褒美の展望 

ご褒美の絶景が待っていてくれましたよ。
疲れも吹っ飛びます。
そういえば、風邪もどこかへ吹っ飛んだようで、朝方何だかだるかったのも、もうウソのように元気になりました。

視界良好! 霧氷もたっぷり

カガマシへの尾根道は霧氷街道!!
息を呑むような素晴らしい眺めの連続です。
『良かったねぇ!』口ぐちに言い合います。
本当に、来て良かったです。

しんどさも忘れる眺めです

青空と霧氷と・・・融け始めた霧氷が太陽を浴びて、宝石のようにキラキラ輝いています。
鳥の声以外は何も聞こえない、静寂の世界。
聞こえるのは、仲間たちの感嘆の声。

霧氷のトンネルをくぐり 山頂へ 

ただ、雪で隠れてはいますが、笹が枯れて痛んでいるのが気になります。

カガマシ山で記念撮影後、橡尾山へと向かいます。

贅沢な眺め

満足の一行  遠くには剣や三嶺

ずっと眺めていたい・・・

下山路も、次々と絶景が目の前に広がります。 
歩いては止まり、歩いては止まりシャッターを押します。

三嶺遠望(ズームで)

後ろ髪引かれながら、橡尾山へと。

しばらくは、なだらかな広い尾根道が続きます。

これから歩く尾根 気持ちの良い広々とした尾根道

分岐の橡尾峠にザックを置いて、軽くなった身で橡尾山へと。
標識には20分とありますが、なかなかその通りには行きません。
結構長く感じました。
この辺りの雪は、ザラザラとした固い雪でした。

倒木が遮る箇所もある橡尾山への道 橡尾山

春には、新緑がとてもとてもきれいだったこのルート。
雪のこの時期も、いいものだなぁって思います。
何より、今日は暖かいし。

山頂からの眺め(北東)

ただこの後の急勾配の下山には、春にも緊張しましたよ。
膝は痛いし、登りよりも汗をかいたような気がします。

今回は雪があるから、ちょっとはマシかな・・・。

橡尾峠より下山  お疲れさま!

途中でアイゼンも外し、思ったよりは短い時間で下山出来ました。やれやれ。
よく歩きました。
雪山あそびというよりも、雪山訓練の感もありましたが、皆さん満足の面持ち。
楽しい一日を過ごせました。

新宮の霧の森では、霧の森大福もしっかり買って、帰路に着きました。
皆さんお疲れさまでした!!