2010年02月14日
鷹羽ヶ森(918.9m)
北谷登山口 尾根分岐 三角点 山頂 丸木橋 尾根分岐 北谷登山口
(8:00) (9:10) (9:45) (10:20〜10:55) (11:20) (11:40) (12:25)

今日は近場でありながら、これまで行く機会に恵まれなかった鷹羽ヶ森に、初めて行く事となりました。
友人のはまやんご夫婦が、整備に尽力してくれた山でもあります。
どんな山かな・・・きついって聞いてたけど。

いの町土佐和紙工芸村を過ぎ、中追渓谷へと右手に折れてすぐの所に登山口がありました。
自宅から40分ほどです。
心配したお天気もまぁまぁ、風も無く寒くもないです。
今日は、目だし帽もゴアテックスの手袋もアイゼンも、要らないですね。

登山口はこの奥に 尾根合流点

しかしながら最初から急登です。
汗がダラダラ・・・この所増え続けてる体重のせいもあり、しんどいです〜〜。
花も眺望も無いし。

分岐の大岩   往きは左手に進み尾根道を行く 

分岐に出た所で、往きは左手の尾根道を進みます。
本日はまぁタヌキさまの○○がどっさり、あちこちに盛り上がっていました。
この山はタヌキが多いのかしら・・・。

遥か遠くに太平洋も望めました。
二度ほど林道らしき広い道に出ますが、周りにはタラの木がいっぱい!!
でも、車では来られそうにないし、ここまで来るのはなかなかや・・・。

急登ばっかり  やっと三角点へ

登って登って、やっと三角点に。
しかしこの後も、急登があるらしいですが。
それでもやっと到着しました。

瓶・西黒森・伊予富士・・・遠望  小じんまりした山頂(写真とんこ氏)

以前は展望ももうひとつだったらしいですが、今は周囲の木は切り開かれていて、四国山地の山々が良く見えます。
曇ってるし、ぼんやり霞んでて、ちょっと残念ですが。

ここで保育園児の乳児組よりも、早い時間の昼食です。
まぁ朝食も早い時間でしたからね。
貸し切りの山頂で、しばしのんびりします。

山頂より北方面の眺め

下山は頂上からそのまま東の尾根に進み、南に下って行きます。
やがて尾根道との分岐点で、元の道へと合流。

ビロードのような美しい光沢の苔 分岐にある不安定な大岩

そろそろ膝が痛くなって来ましたが、どうにか下山。
まだ12時過ぎという早い時間です。

そうよ!バイカオウレンがもう咲いてる筈や。
足を延ばして、バイカオウレンに会いに行く事に決定です。

若宮神社 里は春の気配が 

30分ばかりの移動で、バイカオウレンの場所にやって来ました。
嬉しい事に満開です。
小さくて愛らしい花。群生していました。

春を告げるバイカオウレン フワフワのベッドで 

まだ不慣れなデジカメですが、下手な鉄砲で何度も写してみました。

ひっそりと

仲良し姉妹  美人三姉妹

里山なれどしんどかった鷹羽ヶ森ですが、こんなおまけがあって大満足。
道端のおいしくて安いトマトも買って、笑顔で帰路に着いた一行でした。
よく笑って、楽しい一日でした。

今日はバレンタイン

本日はバレンタインデー。
帰宅すれば、母にもおこぼれのチョコレートケーキが待っていてくれました。
もちろん早速、おいしいCoffeeと共にいただいた次第です。
こんな訳で、折角山歩きで燃焼したささやかな脂肪も、再び戻って来てしまったのでありました。
ま、元気でおいしく食べられるのが一番!!よね。