2010年02月27日
蟠蛇ヶ森(769,3m)
檜生登山口 切り株ベンチの休憩所 蟠蛇ヶ森 桑田山お花見 吾桑駅
(8:40) (9:40) (11:00〜11:50) (13:15〜13:40) (14:15)

本日は山の会例会に参加します。
行き先は蟠蛇ヶ森。昨日の夕刊には、雪割り桜が見頃だって出ていました。
今回は耳慣れない檜生(ひそ)登山口という所からのルートです。

前日は高知市は春の嵐、結構な量の雨が降り、強い風は明け方まで吹き荒れていました。
桜は大丈夫かなぁ・・・。

参加者は総勢20名、4台の車に分乗してJR吾桑(あそう)駅まで行きます。
いつもは高速道ばかり通っているので、ずい分久しぶりに国道56号線を走行しました。
駅からはタクシーを利用して、檜生登山口へ。
蟠蛇ヶ森から南西の位置にあります。
曇ってはいますが、懸念した雨も残らず風もありません。

吾桑駅より見る蟠蛇森 檜生登山口へと  登山口

山里にはミツマタの花が咲き、もう早春の風情です。
畑仕事をされていたおじさんが、『ここから登るんかい?!えらいのう・・・!』って見送ってくれました。
『行って来ま〜す!』と手を振って、いよいよ登って行きますが・・・。

五位ヶ森鷹羽ヶ森を思い出させるような、急登が続きます。
あ〜〜しんどい!!暑い!!
重くなった身には、やはり登りはこたえます。

山里のミツマタ   フジツツジ 

ツツジの花が現れてホッとしたり、見晴らしの良い開けた場所でひと息ついたり。
南に野見湾が見えるこの場所には、切り株をいくつかベンチ代わりに置いてくれています。
ありがたい・・・休憩にはもって来いの場所です。

咲き始め  野見湾が一望

ヤブツバキの甘い香りも漂っています。
やっぱりもう春はそこまで来ています。

椿の登山道@  椿の登山道A

かなり登った所で、とどめの急登・・・ロープも設置されています。
ロープにつかまり、立ち木につかまり何とか登って行きます。

不入山を思わせるような、岩場が出て来ました。
ここまで来れば、頂上は間近らしいです。
見晴らしも良いし、短い距離だし、この岩場の登りは変化があって面白かったです。

ロープもある急登 岩場が出て来れば、あともう少し!  やっと出ました!

さて、やっと朽木峠からの道と合流し、右手に進むと頂上広場です。
ピンクのアセビが咲き誇っています。

なぜこれ程ねじれてるの? アセビ開花

そして到着、蟠蛇ヶ森山頂です。
今日は充実感みなぎる山頂や・・・。登り甲斐がありました。
汗びっしょりになった上着も着替えました。やれやれ。

山頂より 鳥形山方面 

展望台に登り、360度の眺めを堪能します。
寒さは全く感じません。
もうすっかり春やね〜〜なんて。

展望台より 山頂広場を見下ろす 

ここでしばらくゆっくり昼食タイムをした後、桑田山(そうだやま)へと下山して行きます。

ひときわ鮮やか これより下山

急な斜面には何ヵ所かに、コショウの花が咲いていました。
ギには初めて見る花。
同行の、花に詳しい流れ星さんが教えてくれました。沈丁花の仲間だそうです。

アセビ コショウの花

急斜面を下りる ベンチのある場所に下りる

やがて見えて来ました、雪割り桜のピンク色が。

春色です 雪割り桜と野見湾

菜の花や小夏の黄色、桜のピンク、山里はやさしい春色です。

やさしい心和む風景

昨日の風雨の影響もさほど無かったようで、満開の雪割り桜を楽しめました。

キノコ発見 小夏もたわわ

雪割り桜@ 雪割り桜A

山里の春景色です カンヒザクラ(だそうです)

雪割り桜を観賞し、出店でそれぞれ柑橘類やシイタケ等をお買い物。
重くなったザックで、これより吾桑駅まで歩いて下山です。

オオイヌノフグリかわいい花 ゴージャスな椿

それでも、楽しくおしゃべりしながら歩いてると、何だかあっという間に駅に着いたように思います。
振り返ると、登って下りて来た山の全容が見えます。

国道に下山 駅の下方桜川のカモ

『まあ良く歩いたねぇ!!』
『楽しかったね!!』
ほんと、ステキな一日を過ごす事が出来ました。

早春の里山を歩き、花を愛で、仲間とのおしゃべりを楽しんだ一日。
企画して下さったリーダーに感謝です。
どうもお世話さまでした。
皆さんお疲れさまでした!!