2010年04月21日
不入山1,336.1m
源流の碑登山口 ウラ林道分岐 尾根の大ヒノキ 不入山 ウラ林道分岐 源流の碑登山口
(8:50) (9:30) (10:50) (11:15〜11:40) (12:00) (12:50)

昨年春に、初めて登った不入山
四万十川の源流があり、深山幽谷の山。
あの日は寒く風も強く、登山道にはアケボノツツジの花が落ちていました。
岩場の尾根道の、アケボノツツジとヒカゲツツジの美しかったのが心に残っています。

今年の春はいつまでも寒いです。花も開花が遅れてるみたいですが・・・。
公休の今日は、不入山へと出かけます。
メンバーは平日ではありますが、10名の参加です。

直前まで天気予報は、降水確率50%で心配しましたが、当日は晴れ。良かったです。
お楽しみの布施ヶ坂道の駅(四万十村 神楽の里)で、散らし寿司・稲荷寿司・源流米・小夏・文旦etc・・・たっぷり買い込みました。
ちょっと甘口ですが、ここのお寿司はおいしくて、いつも楽しみです。

今回も源流の碑登山口より出発です。

源流の碑登山口よりスタート コンロンソウ(?)

ミヤマハコベ・コミヤマカタバミ・ジロボウエンゴサク・スミレ・・・小さな花あいろいろあり、楽しいです。

谷を行く(写真カツオ氏) 四万十源流地点に(写真カツオ氏)

ほどなく源流地点に。
これが故郷の四万十市へと、はるばる蛇行して流れて行っているのね〜〜。
清らかな源流です。(汲んで帰ってcoffeeにして頂きました)

ここから四万十市下田の海まで・・・ ○○スミレ

キケマン オウギカズラ

今回もなぜか先頭を歩くギですが、今日は風も無く蒸し暑い!
身は重くしんどいです。

ツクバネソウ  急登を凌いでウラ林道分岐に

分岐まで登りひと息つきます。やれやれ、しばらくは緩やかな道です。

昨年最初にアケボノが咲いてた場所に来ましたが、残念!!まだ今年は蕾でした。
向こうに見えるのは鶴松ヶ森、きれいな形の山です。

鶴松ヶ森が対面に

この後岩場の尾根道へと進みます。
アケボノはまだ殆ど蕾ばかりです。

ツツジ咲く岩場の尾根 アケボノはまだまだ・・・

大好きなヒカゲもまだです。
まだだろうなぁ、とは思いつつ・・・気の早いのは開花してるかも、なんて期待してたのよね。
花に会えなかったせいでもありませんが、どうもしんどい!すぐに休みたくなります。

ヒカゲもまだ蕾 岩場を行く(写真とんこ氏)

原因はやっぱり体重増加ですわ・・・。
足も余計にあがりにくい。
(でもまぁ、昨年も一緒だったIさんも”何か今回はしんどかったわ”って言ってました・・・。)

鳥形山を望む

それでもやっと頂上に着きました。今日は貸し切り。
のんびりとここで昼食タイムです。

今日は巷で話題の(?)、スターバックスの新発売のインスタントコーヒーを持って来ました。
フムフム・・・おいしいです。
(ベンチに座り、悦に入ってコーヒーを飲んでるギを、カツオ氏が写してくれていましたが・・・。その姿はまるで相撲取りのようでありました!
一時期は減量しちょったのに・・・こんな事ではいかんわ)

ヒカゲが咲いてればねぇ・・・ 山頂

出発時は晴れていましたが、お天気は下り坂、空には雲が重く立ち込めて来ています。
それに、やっぱりじっとしていると寒いです。
そろそろ下山とします。昨年と同じコースで。

山頂より西側 空模様が心配 笹の急坂を下山

深いスズタケの道の両側には、まるで門のように仲良く立ち並ぶ木が、何ヵ所かにありました。

立派なヒメシャラの大木 アブラチャン(?)よく分かりません

再びウラ林道分岐まで戻り、源流点へと下って行きます。

ヤマルリソウ シロバナネコノメソウ

しんどかった登りと比べると、下りはずい分早く感じられました。

○○ネコノメソウ ミヤマハコベ

○○ネコノメソウ コミヤマカタバミ

足元に注意しながら、無事元の登山口に戻り着きました。

帰り道、林道沿いのイタドリを採取。
山歩きの時よりも更に活き活きと、目も輝いていた皆さんでした。

お目当ての花には、残念ながらまだ会えませんでしたが、平日の山を皆と楽しく歩けた一日でした。
皆さんどうもお疲れさまでした!!