2010年05月04日
冠山(1,732m)〜 ナスビ平(1,300m)
大永山トンネル登山口 獅子舞の鼻 ちち山の別れ 一ノ谷分岐 一ノ谷越
(7:55) (9:30) (10:40) (11:00) (11:20〜11:45)
冠山 一ノ谷越 ナスビ平 住友フォレスター
(12:20) (13:00) (13:40) (15:25)

春には山菜(主にイタドリ)採りが楽しみだった私ですが、段々山歩きの方にのめり込んでしまい、のんびり一日山菜採り&ドライブなんて事がなくなりました。
山も歩いて、イタドリも採りたい・・・なんて欲張った事を考えた私は、以前高薮から平家平に登った時、林道にイタドリがいっぱいあったのを思い出し、カツオ氏に計画をお願いしていました。
でも、まだ行った事の無いナスビ平カタクリにも会ってみたい・・。
連休の内の天気のいい日に行こう、という事で楽しみにしていました。

そして届いた計画書は、なかなか歩き甲斐のあるコース、メンバーも12名になっていたのでした。
ちょっと不安。
ま、花を楽しみながらゆっくり歩いてもらおうと、当日を迎えたのでありました。

聞いた事はありましたが、自分には初めての大永山トンネル登山口。ここから出発です。

大永山トンネル登山口よりスタート エンレイソウ  エイザンスミレ

登山口とっかかりは、いきなりの這い登りでちょっとびっくり。
歩き始めるとすぐに汗ばんで来ました。

しばらくは軽トラなら走れそうな、広い歩き易い道です。
銅山越との分岐(ここから西赤石までは気が遠くなる位遠いって聞きました・・・)から、登りも急になり山道らしくなって来ました。

崩壊箇所あり 鮮やかミツバツツジ

この辺まだ山桜も咲いています。

やがて三角点のある、やせ尾根に出ました。
獅子舞ノ鼻
っていう所のようです。
やせ尾根ですが、周りにびっしり木があるので、そんなに緊張はしません。
木は殆どがアケボノツツジ。花開けば素晴らしいアケボノ街道となるのでしょうね〜〜。
今回はちょっとまだ早かったようです。

ヤマシャクが沢山見られた斜面 大木も多い

これから目指す場所は遥か遠くに

そして前方には、これから目指すちち山の姿。
しかしまだまだ遠いです。

まだ開花していないアケボノ  尾根道の両側にはアケボノ

暑くてしんどくて、やっとこさ登って行きます。

小さな小さなコヨウラクツツジ  しんどい登り

やっとちち山の別れに到着し、やれやれです。
今日はここから再び下り、冠山へと向かいます。

赤石山系が背景に

左手に今しがた歩いていた尾根を見ながら、東へと進んで行きます。
一ノ谷分岐からは、また初めての道。ワクワクします。
見下ろす南側のこんもりした山の斜面には、アケボノのピンクが沢山見られました。

笹・ちち山を背に冠へと向かう

一ノ谷越にて昼食タイム。お腹も減りました。

しかしひと所にとどまると、もうこの時期は虫がすごいです。
今日は用意していたのに、虫除けセットを忘れました。(内心まだ構わないだろうって思ってました)

そしてそろそろもう、冷たいお素麺なんかが良くなって来ましたね。
カツオ氏にもらった、ノンアルコールビールのひと口が、喉に浸みました!!

ツクバネソウみたいですが、葉が五枚ある・・・?  ここで昼食 虫が寄って来る・・

本日の最後の登り、冠山に向かって再び出発。
食べ物が入って重くなったお腹は苦しかったですが、眺めも良く楽しく歩け、割りと短く感じられました。

そして北側からヒョイという感じで、山頂に到着。やれやれです。

冠山まであと少し(写真とんこ氏) 頂上です!

ここまで来たからには、すぐ下の岩場に行かなくてはね!!
足元はすくみますが、絶景が待っていてくれます。
歩いて来た尾根も、ず〜〜っと見えています。

岩場から笹方面を

今日の冠山は、自分にとっては歩き甲斐のあるルートでした。
しかし、これから下りて行く場所を見下ろせば、気が遠くなりそう・・・。
何とかなるかしら。

平家平方面 歩いて来た尾根

冠山を下山、ナスビ平へと下りて行きます。

途中、銅山川の源流モニュメントがあり、喉が渇いていたギはついひと口・・・。
(職業柄普段は、生水は飲まないようにしているのですが・・・)
おいしい!!とってもおいしい水でした。ついついもうひと口・ふた口と飲んでしまいました。
大事にペットボトルに、汲んで帰りましたよ。

歩き易い広い道を下山 銅山川源流モニュメント

小さな花が現れるようになり、ナスビ平が近付いて来ました。

ヤマエンゴサク ユキザサ

初めて来たナスビ平。
自分の勝手なイメージでは、日当たりの良い笹の斜面・・・なんて思っていましたので、実際の場所は想像とはだいぶ違っていました。
カタクリは、シカに食べ尽くされててもう無い、って覚悟して来たので、いくつか残って咲いてる姿を見て、とても嬉しかったですね〜〜。

少しでも再生して欲しいものです。

カタクリだ〜〜!! ここにも・・

本日も、メンバーに流れ星さんがいるので、知らない花を教えてもらえました。
小さな小さな花サイコクサバノオは、アップで見るとなかなかに凝った作りの花ですね。

サイコクサバノオ ワチガイソウ

下りて行くに連れ、再びアケボノツツジやミツバツツジが現れました。

危険個所もいくつか ささやかなアケボノ

やっと登山道が終わり、林道歩きとなりますが、この林道は長かったです!!
右手を見上げると、冠山の尾根が遥か遠く高い所に・・・。
”人間の足も、やったもんだなぁ・・・”としみじみ思った次第でした。

ヤマウツボ 色の薄いエイザンスミレ

しかしながら、本当にこの林道歩きはしんどかった。
足ももう疲れ切って、痛いです〜〜。

林道脇のミニ滝 マルバスミレ

ショウジョウバカマの群生してる所で、林道から下りて住友フォレスターに到着した時は、心底ホッとしました。

ショウジョウバカマ 住友フォレスター

本日の歩行数約26,000歩、よく歩きました。
初めてのコース初めての道は、楽しくもあり苦しくもありました。

長距離運転してくれた3人様、一緒に行ってくれたメンバーの皆さん、どうもお疲れさまでした。
(次回行く機会がありましたら、アケボノのトンネルを是非歩きたいものです)