2010年05月15日
目黒鳥屋(1,157m)
登山口 八面山 熊のコル もみじ橋分岐 尾根 串ヶ森 目黒鳥屋 大久保山 登山口
(9:20) (9:55) (10:25) (11:10) (11:35) (12:00) (12:20〜13:00) (15:00) (15:25)

今回は、これまで行く機会に恵まれなかった目黒鳥屋へ。
南予は好きな土地だし、新緑のこの季節、とても楽しみにしていました。
三本杭には二度行ってますが、いずれも秋でルートも同じ白崖からの登りだったので、周辺の御祝山とか目黒鳥屋とかは知りません。

朝早いので、道の駅も開いていなくてコンビニにて食糧を調達。
宇和島手前で、黒尊スーパー林道へと入って行きます。
クネクネと走り続け、ずい分高い所まで上がって来ました。
(今日は標高差の少ない歩きです)

鹿のコルを通り過ぎ、猪のコルへの登山口に到着しました。
一度例会で行ったというかく子氏と、地図とを頼りに出発します。

黒尊スーパー林道沿いの登山口へ 鉄の階段を登ってスタート

すぐに視界が開け、素晴らしい眺めが眼下に広がります。
風は冷たいくらいですが、歩いてるとすぐに汗ばんで来ました。

権現山の向こうに宇和海が広がる

ミツバツツジは、この辺りもう殆ど終わっています。
足元には小さな花が。

ホウチャクソウ ハイノキ

アセビの新芽は、活き活きと燃えるようです。
程なく八面山に到着。
ここで地図とコンパスで、これから行く場所を確認します。

燃えるようなアセビの新芽 八面山 向こうに三本杭

熊のコルへと続く吊尾根は、新緑溢れるブナの森。
新緑のシャワーを浴びます。
でも・・・下草がありません。
何年か前の写真を見ると、この場所も一面草に覆われています。
何とか再生して欲しいものですが・・・。

新緑のブナの尾根道

風はひんやりと快く、快適に歩いて行きます。
早く熊のコルへ、と心は逸ります。

清々しい緑  高月山

熊のコルからもう少し進んだ所で、右手に行くのが本来のルートだったのですが、熊のコルへの到着を待ち兼ねていたギは、ここで早くも右手へと進み、後3名もそれに続きます。
何の疑いもなく・・・。

熊のコル シャクナゲ

K氏は『地形ではこんなに下がったらおかしい』と呟いています。
ロープの箇所があり、かく子氏は『前はこんな所通ったろうか・・・?』と訝しげ。

危険箇所通過(写真とんこ氏) フタリシズカ

確かに下る一方です。
でも、おかげで間近でシャクナゲオンツツジが見られました。

オンツツジ満開

しかしながらベンチのある分岐まで来て、ルートを外れた事を確認。
このまま下りれば、もみじ橋に出てしまいます。
という事は、もみじ橋から上がって来るルートでもあるのですよね。
確かに上を見上げれば、踏み跡もあるし、テープもあります。
地図を見ても、この斜面を登って行けば、目黒鳥屋へと続く尾根道に出る見込みです。
広い尾根で見通しもいいし。

溢れる緑 ベンチのある分岐 ここから登り返す

という事で、ジグザグの急登を登って行きます。
標高差100mの本日の歩きの予定でしたが、ずい分下りてしまったので、本日一番のしんどい登りとなりました。
汗びっしょり。
まぁ30分ほどで、本来のルートに合流しました。やれやれ。
変化があって良かったかも。

でも、地図で確認していながら、思い込みでルートを外れたのは、何といっても反省すべき事でした。

斜面を登る アセビの尾根へ出る

この後は、再び気持ちのいい尾根歩き。
広々したブナの尾根道が続きます。

新緑の森を行く この辺はまだ蕾

緑のシャワーをたっぷり浴びながら、やがて串が森へ。
あともう少しです。

串ヶ森に到着 若葉・若葉・・・

ヤシャビシャクでは・・・? ここへ来なさい・・・って言ってるような

この後もずっとブナの尾根道。
単独の男性登山者が追い越して行きました。

下草が無いのが寂しい

そして着きました、目黒鳥屋山頂。
土がむき出しの山頂は痛々しいですが、素晴らしい展望。

先ほど追い越して行かれた男性としばし談笑。
幡多訛りの彼は、同じ母校の先輩でした。

目黒鳥屋山頂 裸地化が激しい 絶景が広がる

目の前にオンツツジの膨らんだ蕾、その向こうに連なる山々・・・最高のランチタイムを楽しみます。

遠くに鳥形山が望める 横ノ森 サルトリイバラの新芽

帰りは本来のルートから。
三本杭も招いているかのようでしたが、今日はここから見るだけにします。
途中ヤマシャクの咲く場所がありますが、花はもう終わっていました。

再びブナの森へ

晴天はありがたいですね。
青空を背に、ブナの緑の美しい事!

八面山への登り返しはちょっと遠慮する事にして・・・、横道を通り大久保山へと。
楽な登りの大久保山ですが、眺めは素晴らしいです。
ここでは、毎週登ってるという地元のグループの方たちと、一緒になりました。

大久保山山頂 ミツバツツジの向こうに宇和海

そして無事下山。
本日の歩行数約22,500歩。往きと帰りと違う道を歩けて、青空の下楽しい山歩きでした。

帰路林道沿いで、ひと際目立つ黄色の花、ジャケツイバラを撮影しました。

人目を引く黄色 ジャケツイバラ(蛇結茨)

道の駅”広見の三角帽子”にて少しお買い物。
時間も遅いので、もう品数も少ないです。

朝6時に集合した場所に、夕方6時に戻って来ました。
丸一日よく遊びました!!皆さんお疲れさまでした。
長距離運転のKさん、ありがとうございました。