2010年07月04日
高ノ瀬山(1,741m)
登山口 丸石分岐 丸石山 避難小屋 高ノ瀬山 石立分岐 高ノ瀬山 避難小屋 丸石山 下山
(8:15) (8:41) (9:03) (9:34) (10:38) (11:16〜11:51) (12:27) (10:30) (14:10) (14:50)

梅雨まっさかり。
毎日毎日、同じようなうっとうしいお天気が続きます。

先週も予定の山は中止。
警報が出る程の大雨でしたからね・・・。
しかしまた今週も大雨で、山は中止となりました。(7/3)
もう2週間、山を歩いていません。
ムシムシ暑くて、身体も何だかだるい・・・膝も痛みます。
地道なトレーニングの苦手なギは、”山のトレーニングは、山を歩く事”という考えなので、山を歩かない日が続くと、とても不安になります。弱気になります〜〜。

とは言え山好きのみんなも、こう雨が続くとストレス溜まってますよね!
土曜日は中止になったけど、日曜日は雨覚悟で行こうって話になりました。
まだ行った事の無い、高ノ瀬オオヤマさまに会いに行こうって。

当日目覚めれば、またも非情な雨の音が。
しかし今回は、問い合わせの電話もかかって来ません。
山に行きたい気持ちは、皆一緒なのよね〜〜。

やがてその内雨音も弱くなり、これ以上降らぬ事を願いつつ、出発した一行でした。

丸石登山口には、先着の徳島bフ車が一台。
ガスに包まれてはいますが、カッパは着なくても良さそうです。

スーパー林道より スタート 丸石分岐 

しばらくぶりのような山、登り始めのしんどい事!!
ムンムンした薄暗い無風の登り道、汗がダラダラと流れ吐き気もしますが・・・。
(実は他のメンバーも皆しんどかったそうです)

稜線に出ると、風も快くやれやれです。
アザミコナスビの花が目に付く登山道。
今日は、無残なシカの白骨化した屍も、何体か見ました。モグラの亡きがらも2体。

アザミがいっぱい コナスビも 

ミルキーウェイ・・・視界ゼロの登山道を進み、程なく丸石山頂に。5年ぶりです。
そしてここからは未知の道、これからが本番です!

再生されつつある笹の緑 丸石山 存在感あるブナ

立派な丸石避難小屋に着きました。
本日の行程の、ほぼ中間点です。

丸石避難小屋 奥祖谷かずら橋からの道と合流 やせ尾根の登り

高ノ瀬が近付くと、岩場の苔むした雰囲気の良い道。
滑り落ちぬよう、慎重に進みます。

苔むした岩場 ウツギ満開

ここで、下山して来た徳島からのご夫婦と、本日初めての遭遇。
私のHPを見て下さってるとの事、ありがとうございます!これからもヨロシクお願いしますね!

オオヤマさまがもうすぐと思うと、気が逸り急ぎ足に。そして・・・。

バイケイソウ

『咲いてたよ〜〜!!』とうれしい声が出ます。
蕾もいっぱい、大きな木のオオヤマさま。

滴に囲まれたオオヤマさま 膨らんだ蕾

ガスの中、滴に包まれひっそりと美しい姿です。
深山にこんなに美しい気品のある花が咲くなんて・・・誰もが会いたいの分かりますよね!
歩いて行けば、そこで必ず待っててくれるのが嬉しい。

深山にひっそりと・・・

しばしオオヤマさまの撮影に没頭し(その割にはピンボケが多かったのですが・・・)、もうすぐそこの石立分岐の先にてランチタイム。お腹も空きました。
この場所、晴れてれば見晴らし抜群なのでしょうね〜〜。
でも、雨が落ちて来ないだけでも充分です。

ツルアジサイは咲き始め ここで昼食タイム 晴れていればねぇ・・・

お腹も満足した後は、ここで引き返し、下山です。
分岐の標識から、一気にぐっと下降してる中東・石立へと続く縦走路を、横目で見つつ・・・。

オオヤマさまの付近では、香川からのグループがお食事中でした。

何の実かな? 中東・石立へと続く道

本日はキノコもいくつか見つけました。
名前は・・・とても分かりません。

   

オオヤマさまに別れを告げ、下りて行きます。

もう一度お顔を見て・・・ また来年までね〜〜

実は今日は、5月にお世話になった四季美谷温泉山と花と温泉ツアーも高ノ瀬という事で、地下足袋王子さまとの再会を密かに楽しみにしていました。
ここでどうもそのご一行様と思われるグループと遭遇。
『四季美谷温泉さんですか?』『そうです!』とのお返事。
しかしながら、地下足袋王子様はお勉強会で、本日は不参加との事でした。残念。
またいつかどこかでの再会、楽しみにしていますね〜〜。

高ノ瀬からの下り道

名前は分かりませんが、この時期木の花もいろいろ咲いています。どれも愛らしい。
苔もとても美しいです。フワフワ。

苔も美しい 本日の難所(写真とんこ氏) 慎重に下る

やがてガスも少し晴れて来て、遠くの山も望めるようになりました。
右手には石立山がド〜〜ンと聳えています。
実は昨日の予定の山でした。
もっとも、もし石立に登ってたら、疲れ果てていて、今日高ノ瀬なんてとても無理でした。
中止になったおかげで、高ノ瀬に来られて良かったかも、です。
膝がまた痛いから、長い下山はとても不安な今です・・・。

石立山の大きな姿が ベニドウダンもう終わりかけ

往きには見えなかった、緑の森を気持ち良く歩きます。

おいしいですか? ガスも晴れて来ました

ツルアジサイもいっぱい・・・表情豊かなブナの木々・・・幸せを感じるひとときです。

腕を広げるブナ ?知らない花もいろいろ

青空も垣間見えて、時折陽も射して来ました。
緑の森も生き生きしています。

青空がのぞく 緑の森

丸石まで戻って来た頃には、足もさすがに疲れて来ました。
もうここからは、下るのみ。

次郎・太郎へと続く尾根 ニガナ

しかしながら、何にも見えない道を歩くのと、景色を楽しみつつ歩くのとでは、気持ちにも格段の差がありますよね!
花を楽しみ、景色を楽しみながら下りて行きました。

往きには視界ゼロだった丸石分岐 ナツツバキ

そして、再びムンムンと蒸し暑い登山道へと戻って来て、登山口に下山。
お疲れさまでした!

陽が射して来た林道へ下山 モリイバラ

雨にも遭わず、念願の高ノ瀬のオオヤマさまに会えた一日。
2週間ぶりの山歩きは、とても楽しくてストレスも吹っ飛びました。
良かった、良かった!!

Kさん長距離運転ありがとう。皆さんお疲れさまでした!!