2010年07月21日
阿波烏帽子山(1,670m)
登山口 落禿 前烏帽子 烏帽子山 前烏帽子 落禿 登山口
(9:00) (9:35) (10:30) (11:40〜12:20) (13:20) (14:20) (14:45)

本日は山の会の平日山行です。行き先は阿波烏帽子山
3年前に台風の去った後、3人で行った山、登って下りてまた登って下りて・・・ヤブを平泳ぎした思い出が・・・。

一昨日、石鎚天柱石から西之川への長い下山路を、痛む膝を何とか持ちこたえさせて必死で歩いていた時は、もう今日の烏帽子山にはとても参加は無理だ、と思っていました。

・・・が、喉元過ぎれば何とかで、今日はまた歩けそうだと、予定通り参加させてもらった次第でした。
本日は快晴、夏空が広がっています。
水場は無いルートなので、水分はたっぷり持って来ました。
到着した落合峠、下界とは別世界の快い風が吹き付け、目の前には三嶺〜天狗塚の山並みが広がります。

 落合峠より望む三嶺〜天狗塚の山並み

久し振りのような、天下晴れての視界良好の山歩き。
前回露でびしょ濡れになった登山道も、きれいに刈られています。
笹の緑が嬉しいです。

これから行く落禿 後方にはサガリハゲ・阿波矢筈山

落禿までは緩やかな登りなので、おしゃべりしながら楽しく登って行きます。

北側の眺め

足元には小さな花も咲いています。 
やがて右手に、これから行く烏帽子山の姿が見えて来ました。

ツリガネニンジン ホソバシュロソウ&ハナニガナ

程なく落禿に。
登りはひとまずここで一段落、この後下って行きます。

登って下りてまた登り・・・ですものね、この山は。

イブキトラノオ 広々とした落禿 遠くには石鎚連峰も・・

クサリが出て来て、いきなりの急下降です。
勿体ないくらい、どんどん下ります。

これより急降下 ヤマジノホトトギス

下りきった前方には前烏帽子の姿が。
再び登って行きます。

前烏帽子が目の前に まだ蕾もあるヤマツツジ

暑いですが、風があるのでどうにか凌げます。
そしてまずは前烏帽子に到着。

ヨイショヨイショ・・・もうひと息! まずは前烏帽子に

山頂から西に、寒峰へと続く長い縦走路・・・いつかは歩いてみたいものですがねぇ・・・??

ウツボグサ 寒峰へと続く縦走路

さてこの先からは、3年前と殆ど変わってない道。
深い笹&草で、足元も見えません。
注意しながら進み、テンニンソウの大群生の斜面を下って行きます。

クロヅル? 下りる下りる・・・(写真カツオ氏)

その後また笹のヤブを登って行きます。化粧も剥がれてしまいました。
暑いしうっとうしいし・・・ヤブは体力を消耗します〜〜。
途中から前を見ず、うつむいて歩いたら、少しマシでした。

まぁどうにか着きました、烏帽子山頂上。

ナナカマド一部が早くも紅葉 烏帽子山山頂に(写真カツオ氏)

頂上より南西の、絶壁手前で昼食タイム。
美しい眺めと、快い風・・・幸せなひとときです。
青空はありがたいです。

今日も冷たい物ばっかり摂りました。そうめん・キウイ・小夏・トマト・・・。
ワカ女さん、スターバックスのコーヒーごちそうさまでした!!

眺め最高!

頂上でゆっくり過ごした後、今来た道を引き返します。

再び登る ヤマアジサイ

夏の陽射しが照りつけ、喉も渇きます。
持って来た水分は、もうかなり減りました。

振り返り見る烏帽子山 登る登る・・・

まぁしかし、帰りはやっぱり速いですね。

シコクフウロ タカネオトギリ

最後の登りのクサリを終え、再び落禿まで戻って来ました。
これでもう、本日の登りはお終い、後は下るのみです。

ヒヨドリバナ 夏空です

上空を徳島県警のヘリが飛んで来ました。
剣?次郎笈?三嶺?石立?・・・どんどん行ってしまいました。どこまで飛んで行ったのでしょう?

徳島県警のヘリが上空を・・ 前方阿波矢筈山

私たちは、もう平坦になった道を快適に歩き、登山口に戻って来ました。
お疲れさまでした!!
リーダー&サブリーダー、運転のお二人さん、皆さんありがとうございました。
また一緒に歩いて下さいね!

帰路は国道沿いの某所にておそばをいただき、祖谷を後にした一行でした。