2010年10月17日
笹ヶ峰(1,859.5m)
下津池登山口 宿 丸山荘 もみじ谷分岐 笹ヶ峰 丸山荘 宿 下津池登山口
(8:15) (9:10) (9:55) (11:00) (11:20〜12:30) (13:10) (13:50) (14:30)

本日は『県連交流ハイキング』の山行です。
行き先は笹ヶ峰
四つの山の会が、いろんなルートから笹ヶ峰に集合します。
寒風登山口・一ノ谷登山口・大永山トンネル登山口・・・等々。

ギたちは一番やさしい下津池登山口から、もみじ谷経由で登ります。
(カツオ氏たち健脚組は、天ヶ峠経由です。)

今日の下津池登山口、車がいっぱいです。
登山靴を履くために屈み込んだだけで、早もう息が切れますが・・・。
こんなんで登れるのか、とスタート前はいつも不安になります。

 今日は沢山の車 花かガクか? 

しかしながら朝の光輝く気持ちの良い登山道、先頭を行くリーダーはゆっくりと歩を進めてくれるので、しんどい思いもせずに歩けます。

朝の光が差し込む 輝く葉

ほどなく宿に到着。
ここで20分ほど地図のお勉強を。

見上げれば秋色に輝く葉。

見上げれば・・・

やがて丸山荘に到着。
ここでも読図のお勉強。

丸山荘よりもみじ谷へと進みます。

丸山荘へ もみじ谷へと

笹は露で濡れていますが、大半の道は刈られていて歩き易いです。感謝。

なかなかの登り 紅葉は終わりかけ

もみじ谷、初めて来た3年前は凍った斜面に難儀した記憶があります。
今日は重い身をヨイコラショっと持ちあげるのに、難儀しました。

分岐が近付く

それでも段々と分岐に近付いて来ました。

鮮やか 期待が膨らむ登り

美しく色付いた木々に見とれていると、先頭を行くT氏の『これを早く見ないと〜〜!!』の声。

黄葉 いよいよ分岐尾根に

うわぁ〜〜!!
歓声が上がります。
北側からのガスを背に、錦秋のチチ山がド〜ンと迫っています。
(写真がいまいちで美しさが伝わりませんが、もっともっと鮮やかでした)

ド〜ンとチチ山が

一同それぞれに、しばしシャッターを押します。
チチ山を背に皆で記念写真も。

今日はでも、チチ山には登りません。
振り返りつつ、笹へと進みます。

笹の中の道を 笹ヶ峰へと

笹へと近付いた稜線からのチチ山です。
ずっと眺めていたい。

チチ山の美しい姿

笹ヶ峰が次第に近付いて来るこの場所も、とても好きです。
もうすぐ山頂。

山頂へと コメツツジも色付く

予定より少し早く、頂上着です。
山頂ではすでに先着の他の会のメンバーさんたちが、寛がれています。
自分たちもお昼にしかけた所で、カツオ氏たちのグループも到着

笹ヶ峰山頂 寒風はガスに隠れる

女性が多いですからね・・・M子さんの栗の渋皮煮、Iさんのスリランカの紅茶、ギのブランデー梅酒の梅、いろいろと出て来ますよ〜〜。
ゆっくり寛いでる内に、すべてのメンバーが集まりました。
それぞれのルートからの報告をし、全員で記念撮影。
そして再び、それぞれに分かれて下山です。

山頂北側の紅葉 今日それぞれから集合した皆さん

帰りは北側の、丸山荘へ直に下りるコース。
下山はカツオ氏グループも合流して、同じ道から帰ります。
すっかりガスが立ち込めて、周りが見えなくなってしまいました。

ガスの中を下山 紅葉もガスの中

丸山荘からは、沓掛山への道から帰ります。
晴れてればねぇ・・・。
光を受けて輝く紅葉を見られなくて、ちょっぴり残念です。

スキー場跡地の紅葉 沓掛山への道沿いのブナ

でも、往きには見つけられなかったかわいいキノコにも会えました。

おとぎの国のキノコみたい 食べられるかな・・・?

そうこうしている内に、谷の音が聞こえ登山口が近付いて来ました。
帰りは早いものですね。

ツタも色付く ハガクレツリフネ

登山道沿いの花もめっきり少なくなって、花の季節はそろそろ終わりのようです。
咲き残りの花がチラホラあるばかり。

紅葉が終われば雪。
でも年々気温が上がり、10月後半でも半袖で充分の日が続いています。
雪の降る日は来るのかしら??
待ち遠しいような・・・。
そんな事を考えながら笹ヶ峰を後にしました。

今日も長距離運転の4人様、一緒に歩いてくれた皆さんどうもお疲れさまでした!!