2010年11月20日
三嶺(1,893m)〜 西熊山(1,816m)
西山林道 荒廃小屋 白骨樹 三嶺 大タオ 西熊山 大モミ 下山
(9:06) (9:30) (10:55) (11:45〜12:20) (13:00) (13:30) (14:10) (15:15)

本日は、前々から楽しみにしていた”西山林道から三嶺へ”行く日です。
リーダーのカツオ氏他のスタッフは、この日のために下見山行を五回もしてくれています。
参加者は16名の大人数、車4台にて南国市を6時に出発しました。

菅生いやしの温泉郷を過ぎ、西山林道へと入る時、”通行止め”の札があり一抹の不安がよぎりますが・・・。
進んで行くと崩落で道が塞がっていました。あれ〜〜っ。
最後の下見をしてくれた、11/5以降に崩れた模様です。
止むなく引き返し、元来た国道を久保まで戻り、大宮橋から西山林道へと。
天狗塚への登山口より東へとかなり行った所に一台デポし、更に先へ進みます。

勿論、登山口の標識も何もないただの斜面、そこからスタートです。

 
                  車窓より西山林道から見る山々(写かく子氏)

 行く手を遮る崩落(写とんこ氏) 迂回して登山口に到着

最初から”道なき道”、立ち木も腐っていたりして、うっかりつかまれません。

こんな斜面からスタート 登って登って・・(写とんこ氏)

急斜面を適当に見当付けて登って行く・・・そんなしんどい歩きがしばらく続きます。

まだまだ登る 道は無し

こんな登りがしばらく続き、結構体力を消耗しました。

まだ続く・・・ やっと見通しが・・

やがてやっと一段落、なだらかな林に出ました。やれやれ・・・。
ここでひと息。

開けた場所にてひと休み 剣方面

ここまで登って来れば、最初の目標の”白骨樹”の場所はあともう少しのようです。

うれしい平地 シカの頭蓋骨もある、少し不気味な空間・・・

やがて到着〜〜!!
映像では何度も見たこの白骨樹、初めてこの目で見る事が出来ました。
皆さんそれぞれに記念撮影されています。(年賀に使うって言ってる人も・・・)

映像で何度か見た白骨樹の場所に 

展望も徐々に開け、三嶺が近付いたようで期待にワクワクします。

広々とした」笹原 倒木を踏み越え更に上へと

やがて樹木がなくなり・・・出ました!
広い笹原。

道なき道を進む ついに展望が開ける

右手には西熊山が招くように、聳えています。

西熊山

三嶺山頂付近には、真新しい防ネットが張られていました。

帰り道のルート シカ対策のネットが張られた山頂付近

どんどん三嶺が近付いて来ます。
今日は思っていた程風も無く、寒くも無いです。
窪みには先日の名残り、ほんの僅かな雪がありました。

僅かに残る雪 いよいよ山頂へと

さぁ!!到着です、三嶺山頂。
今日はまたひと味違った気分。
空は晴れ渡り、あの山この山・・・いくらでも見えま〜〜す。

到着! 三嶺山頂

美しい眺めをたっぷり味わいながら、ここでお弁当タイム。
今日は避難小屋までは行かず、ここから見下ろすだけです。

極上の眺め

休んでいる内に、身体も段々冷えて来ました。
さぁ、これから西熊まで行き下山です。

これより西熊へと 振り返り見る三嶺

しばらくは楽しい尾根歩き、遠ざかる三嶺を振り返りつつ進みます。
鞍部の大タオを過ぎて、西熊への登り・・・これが少々しんどい。
ゼイゼイ・ハァハァ・・何とか登りました。

西熊への登り 西熊山頂

西熊からの展望も素晴らしい。
今しがた歩いて来た尾根、そして大きく広がる三嶺、後ろには次郎笈・・・見飽きる事がありません。

西熊山頂から三嶺〜右後方に次郎笈

山頂を後にし、ヒョイと笹原の北側に入ります。
先導者がいないと、とても分かりません。

こんな所から下山 広い笹原 

獣道が、登山道と勘違いさせるように縦横についていますが、それは無視してヤブに突入。
再び”道なき道”の歩きになります。
リーダーは迷うことなく、先頭を行きます。
何度も下見を重ねてこその足取りです・・・感謝。

再び道なき道 ブナのある広い場所に

笹の中、苔むした岩の間、フワフワの落ち葉の中・・・どんどん下降します。

明るい木立の中を ともかく尾根を下る

一旦、切り開かれた林道みたいな場所まで出ました。
ふぅ〜〜ひと息つきます。

植林帯に 林道みたいな所に

・・・が、再び急斜面を下降。
かなり急です。

更に下りる 道なき急斜面

やっと谷の音が聞こえて来て、下山も終わりになったようですが、手前に難所がありました。
一見何という事もない岩&石の場所ですが、これが滑るの何の・・・。
乾いているように見えるけど、足を乗せるとツル〜っと滑ります。
慎重に慎重に歩きました。

そしてついに終点、愛車が待っていてくれました。
お疲れさま!!

ツルツル滑って危ない難所 my車が待つ場所にやっと下山

この後、車を回収して全員元気に帰路へと向かいました。

う〜〜ん、楽しかったけど苦しかったなぁ・・・。
個人では、とても歩けないルートでした。
充実感はありますが、軟弱な私には”普通の登山道”の有り難さが身に浸みました〜〜。
でも総勢16名で歩いた今日のこの山行は、思い出深いものになりそうです。
リーダー始めお世話して下さった皆さん、ありがとうございました。
一緒に歩いてくれた皆さん、どうもお疲れさまでした!!