2010年11月23日
大星山(1,431m)
林道ゲート 登山口 鉄塔22 鉄塔26 大ボシ山頂上 昼食 鉄塔22 下山 林道ゲート 
(8:50) (9:20) (10:40) (11:25) (11:33) (11:40〜12:05) (12:40) (13:20) 14:00) 

今日は前々から行きたいと思いながら、なかなか行く機会の無かった大ボシ山に向かいます。
国道から”轟の滝”への標識に沿って、猪野々線へと左手に入って行きます。
これまでに轟の滝までは来た事がありますが、ここから先は初めて。
滝手前の分岐を、右手へと上がって行きます。

山を越えれば大豊町というこんな奥にも里の集落があります。
そして・・・里は晴れているのに、これから向かう山は雲に覆われています。
しかも時雨ているようで、大きく虹が架かっています。
車から降りてシャッターを押しますが、強風が吹き付けて寒い!!
ちょっと気持ちが萎えます・・・風よ、雲を吹き払ってね・・・と願いつつ進行。

 
虹の向こうは雲(ガス)ばかり・・

落ち葉が積もった林道は、あまり車の通行した気配もありません。
猪野々山橋を渡った所で、広くなった場所に作業小屋のような建物があり、その先にゲートがあります。
写真でよく見るゲート・・・ここなのね。WCもあります。
ここに車を停めます。
でも・・・ゲートの先の林道は充分広いし、ガタガタでもないし・・・車で入れたらいいのになぁ。

 車はここまで 30分の林道歩き

などと思いながら、準備をしてスタートします。
まだまだ紅葉・黄葉がきれいです。

黄葉がまだきれいです 里の集落&棚田がぼんやりと見える

この辺りは日が当たっていますが、山の上の空は真っ暗・・・晴れて欲しいです。

鮮やか ツルウメモドキ

30分ほど歩き、登山口へ到着。
本日のメンバー2名はかなり前に来た事があり、大豊からの登りとのクロス山行だったそうです。
そんなのも楽しそうですね。

登山口 落ち葉フカフカのうれしい道

登山道は緩やかなジグザグの登りから。
落ち葉フワフワのうれしい道です。
場所によって、落ちてる葉が違うのも楽しい。

背丈以上もある笹(スズタケ?)もきれいに刈られ、よく整備された歩き易い登山道です。
キツイ登りもなく、横道歩きも何ヵ所かあり、とても気に入りました。
もう少し家から近くて、あの林道歩きが無ければ・・・再々来たいですが。

ガスの中 ブナもガスに霞む

しかし悲しいかな、すっぽりガスの中。
山頂が近付くにつれ、ものすごい風の音です。恐ろしいくらい。

枝を伸ばしたブナ ここだけ苔の道

鉄塔26に着きましたが、風に飛ばされそう(って言ってみたいですが、この体重ではそんな心配は無用でした・・・)。
大豊からの道と合流し頂上へと続く辺りは、ブナがいっぱい。

大豊からの道と合流場所 鉄塔26付近 山頂

残念ながら余りにも風が強いので、山頂ではゆっくり出来ませんでした。
素晴らしいであろうブナ林もガスの中。

山頂付近のブナ

青空の時にまた来たいと思いつつ、山頂を慌ただしく後にしました。

今日は他に登山者もいないようなので、途中の風の当たらない登山道にてランチタイム。
温かい物でひと息つきます。

ブナ&マユミ

この後下って行く内に、段々と明るくなって来ました。
そして、登って来られているグループに出会いました!!
今日は自分たちだけだろうって思っていたし、下ばかり見て歩いていたのでびっくり。
とっても感じの良い三人さま、笑顔の女性お二人にすれ違った後、何だか記憶に引っかかるような・・・。
『今の人たち、春に国見山で会ったピオーネさんたちじゃないろうか・・・』とつぶやきます。
後で分かったのですが、やっぱりそうだったのでした。
まさか今日ここで再会するとは・・・。

次はどこの山でお会いする事になるのかなぁ??
その日を楽しみにしていますね!

落ち葉がいっぱい やっと明るくなる

登山口が近付く頃には、青空ものぞくようになりました。

青空です! 登山道の黄葉

紅葉はもう終盤ですが、やはり太陽の光が当たると一段ときれいです。

登山口 下山時には晴れる 風情あるモミジ(何モミジか分かりません)

無事下山し、再び林道歩き。
花ももう終わりですね〜〜。

マツカゼソウ
花はもう少ない

帰りは林道沿いの紅葉を堪能しながら、ゆっくり運転。

林道沿いの彩り

もう多分これで紅葉も見納めでしょうね。
冬はもうそこまで来ています。
風の吹きすさぶ大ボシ山山頂付近は、霧氷も素晴らしいと聞きました。
是非是非、見に行きたいです。

林道より振り返る ひときわ鮮やか

大ボシ山、大星山・・・どちらが正式名なのか分かりませんが、とても好きな山になりそうです。

振り返る大ボシ山 マチュピチュを連想するような棚田

ちょっとだけ寄り道して、轟の滝にも下りて見ました。
見物客もまだいて、そこそこ賑わっていました。

轟の滝の紅葉

もうちょっと道が広ければね・・・。
今日も狭い場所での行き違い、相手が親切な人で良かったです。(バックはとにかく苦手!)
国道まで出たら、もう安心安心。
私には初めての山大ボシ山、お天気は少し残念でしたが、楽しく歩けました。
お疲れさまでした!!