2010年12月05日
伊吹山(1,502,8m)
登山口 作業小屋 しらさ山荘前 伊吹山 しらさ避難小屋 登山口
(8:45) (9:35) (10:30) (11:00〜11:30) (12:00) (13:05)

2年前に初めて歩いた白猪谷からの伊吹山
あの時は積雪がありアイゼンで登った道、寒かったけど霧氷が美しかった事、避難小屋で昼食を摂った事などが思い出されます。(初歩的なミスで、その時のレポートは消えてしまいました・・・)

今日はそのルートを再び歩く機会に恵まれました。
とても気に入った登山道でしたが、私のヘボ運転では狭い道クネクネの、こんな奥まった所までは無理です。
昨日に引き続き、本日も晴天。寒くもありません。
道中おサルさんや山鳥などを見かけました。

白猪谷バンガローを過ぎ、もう少し上まで進んだカーブの所に駐車。
準備体操の後出発です。

ワサビ畑の左手よりスタート 橋を渡り

寒いかなと思って、今日は裏地が起毛の上着にしたのですが・・・暑い暑い。
風も無く、寒さを感じません。

登山道途中の、右下に谷のあるザレ場は、注意が必要です。
もし足を滑らせたら、引っかかるものがなく下まで落ちてしまいます〜〜。

林道を横切る 水場の横にもワサビ畑

その他には危険個所も無く、快適な登山道です。
2年前の記憶を辿りながら進んで行きます。

作業小屋のあるワサビ畑 徒渉 浮き石に注意

ワサビ畑を過ぎて、しらさ避難小屋へと登って行く山の斜面は、広くなだらかで趣きのある場所です。
こんな暖かい日は、時間があればのんびり昼寝でもしたいような・・・。

シダの緑が目に鮮やか 広々した斜面

やがて葉を落とした木々の向こうに、子持ち権現が見えて来ました。
この辺りまで来ると、避難小屋はもう近いです。

 子持ち権現が見えて来ました 避難小屋はもうすぐ 

登山道も幅が広くなりました。
避難小屋には帰りに寄る事にして、そのまま進みます。

日陰には霜柱 広くてなだらかな登山道

山荘しらさのある町道瓶ヶ森線に出ました。
名峰石鎚がど〜〜んと聳えています。
千両役者・・・その名の通り、さすがの風格ですね。

山荘しらさ ドーンと石鎚の姿

お天気がいいので、こんなにクッキリと石鎚を望めてうれしいです。

伊吹山への登山路より望む石鎚

前回は雪の中だったから、伊吹山への登りは霧氷づくしで感動したものですが・・・。
今日は霧氷は無し。
ちょっぴり残念ですが、欲張ってもいきません。

これが霧氷だったら・・・ 南側 土佐湾も見えます

右を見ても左を見ても、前も後ろもグルリの素晴らしい展望。
楽しく歩く内に山頂に着きました。

振り向けば瓶ヶ森 暖かい伊吹山山頂

前回は寒くて寒くて即下りた山頂、今日はここでのんびりランチタイムです。
何よりのごちそうの眺め。
瓶ヶ森をたっぷり眺めながら、シンプルなお弁当おいしくいただきました。

西条方面 岩黒山

下山は閉鎖になっている車道を、のんびり歩きます。
そして再び山荘しらさ横から、元の道へと。

貴重な赤色 バラの実 のんびり車道歩き

2年前のしらさ避難小屋の記憶は余り無くて、寒さを避けてここで食事をした事くらいしか覚えていません。
古かった、という記憶も無いのですが、2009/12/10約一年前 に建て替えられたとの事です。
木の香の漂う、小じんまりしたきれいな避難小屋でした。

避難小屋@ 避難小屋A  避難小屋B

避難小屋を後にし、どんどん下って行きます。
帰りは速いですね。
途中の谷でひと休みしただけで、いつの間にかもう登山口に。

谷でひと休み 再び橋を渡り下山

今日は天候に恵まれて、予定よりもかなり早い行動となりました。
下山して来ても、お日様はまだ高い位置にあります。
『楽しかったねぇ。気持ち良かったね。』と白猪谷を後にしました。
寒さに震える事も無く、快適に歩けた登山道。
(この4日後には寒波到来で、お山は軒並み積雪となりました・・・)

冬本番となれば、また霧氷に出会える日も来るでしょう。
寒さに負けず風邪にも負けず、また自分なりの山歩きをしたいと思います。
(たっぷり蓄えた脂肪があるから大丈夫でしょう!)