2011年04月29日
赤星山(1,453m)
登山口 機滝 千丈滝分岐 赤星山頂 千丈滝分岐 機滝 登山口
(7:10) (7:45) (9:00) (10:30〜11:20) (12:15) (12:35) (13:45)

今日は先日下見をした赤星山への例会です。参加者は15名。
お天気にも恵まれ祭日ともあって、駐車場にはすでに二台の車があります。
準備をしている内に、後からまた二台がやって来ました。
先日は葉っぱしか無かったカタクリ・・・今日は一つでも咲いててくれればなぁ。

一週間ぶりの登山口 足取りも軽く

谷沿いの道は気持ち良く、次々現れる花や滝に皆喜んでくれています。

ホウチャクソウ  ワチガイソウ これも?

ヤマブキの花も咲き誇っています。

谷を彩るヤマブキとヤブツバキ

機滝と山桜

今日のコースは、先日の下見の時には下りに通った千丈滝から登って行く計画です。

1時間ほど歩いた所で立ち休み。
そしたら何と何と『後ろからグランマー啓子さんが来てるよ〜〜』との、思いがけないうれしい知らせが!!
今日のこの好天気、啓子さんたちはどこの山かなぁ・・なんて考えながら歩いていたのでした。
こんなに早く再会出来るとは。

今日は滑りません まだ満開の山桜

ゆっくり歩きの私たちなので、啓子さんたちには前を行ってもらいます。
きれいな山桜を眺めながら登って行きます。

『そこにコバイモが咲いていますよ〜〜』と啓子さんの声。
小さくて見落とす所でした。私は初めて見る花。同行の流れ星さん”トサコバイモ”だと教えてくれました。

トサコバイモ エンレイソウ

先日は、こわごわ下ったこのコース。
登りだと、そんなにしんどさを感じません。
今日は岩も滑らないし、見上げると先行してくれてる啓子さんたちがいてくれるし。

何度目かの徒渉 千丈滝上部

ほどなく先日登って来た道との合流点に。

ザレ場を登る 合流点に

ここからが結構長くてしんどかったのよね〜〜。

ハシリドコロがいっぱい ジグザグのしんどい登りが続く

”あと500m”からの登りは、やはりしんどかった。雪もまだ残っていました。
それでもどうにか到着、本日は晴天の山頂です。

ここからが結構しんどいです 本日は青空の頂上

カタクリも一つ二つ・・・咲いていてくれました。良かった!

咲いてました〜〜!!

さて・・・本日はじいじさんも赤星登山の予定だと聞いています。(中尾から)
それらしき人を探してみますが、どうもまだ到着していないみたいです。

お弁当を食べて、帰り仕度をしている頃に登って来られた男性3人のグループ。
すぐにじいじさんだと分かりました。
皆でうれしい対面、今日は一段と楽しい山頂でのひとときとなりました。

明日は競演できるかな? 賑わう山頂

体力も時間もあれば、そのまま豊受山へと歩いてみたい気にもなりますが・・・。

元来た道を下りて行きます。
下山中も、まだ登って来られてる何組かの登山者に会いました。

ワサビ 開きかけのミヤマカタバミ

渓谷沿いまで戻って来ると、また色とりどりの花が待っていてくれます。

ヤマブキ ミツバツツジ

往きには顔を閉じていたニリンソウも、帰りには開いていましたよ。
イタドリを採っている人もいます。

帰り着いた登山口には、車がいっぱいに増えていました。

ニリンソウ 車がいっぱいの登山口

カタクリが見頃であろう、と計画した今日の赤星登山でしたが、今年は花の開花が遅れていて予想通りには行きませんでした。
でもほんの少しでも、咲いていてくれて良かった。
谷沿いでは、いろんな花があり楽しませてくれたし。
うれしい出会いもあり、ほんとに楽しい一日でした。

一緒に歩いてくれた皆さん、そしてグランマーさんたち、ありがとうございました。
お疲れ様でした!!