2011年05月08日
西赤石山(1,626m)〜 東赤石山(1,705.9m)
日浦登山口 ダイヤモンド水 銅山越 西赤石山 物住頭 石室越 八巻山
(7:10) (7:40) (8:30) (9:55) (10:40) (11:25〜11:45) (12:45)
東赤石山 三角点 東赤石山 赤石山荘 瀬場谷一本橋 瀬場谷下山口
(13:15) (13:20) (13:45) (14:20) (16:00) (16:50)

山の会の例会で”西赤石〜東赤石縦走”の計画が組み込まれました。
念願の縦走ではありますが、膝痛を抱える私にとっては東赤石だけでも苦しい山です。
何とか登れても、あの長い長い気の抜けない下山路にはいつも苦労します。

参加申し込みをしたものの、不安で自信も無くて、連日連夜悩み続けました。
おまけに天気予報もあんまり良くなさそう・・・雨具を着ての歩きはちょっと・・・止めようかなぁ。
悩みに悩みましたが、何と前日には降水確率0%となりました。
これはもう、行くしかないかと。 メンバーも気心の知れた人ばかりだし。
それに、もしキャンセルしたらきっと悔む事でしょう。

そんなこんなで、まぁ悩み抜いた上での参加となったのでした。
当日の参加者は21名、集合場所に集まった皆は意気軒高の面持ち、一路日浦を目指します。

久し振りの日浦登山口 まずはミツバツツジが

約2年振りの、日浦登山口より出発。
ミツバツツジが現れ、アカモノの葉が現れ、思いがけない場所にヒカゲツツジも咲いていました。

ダイヤモンド水  谷の彩り ヒカゲツツジも!

登山道は以前より整備され、手が加えられているように感じられました。
案内板も新しくなってる。

整備された道 笹ヶ峰への道

皆と楽しく歩いて来たので、銅山越までは早かったです。
まぁ今日のコースのまだ何分の一ですが。
空は雲に覆われています・・・天気予報とはだいぶ違いますが・・・。

センボンヤリ 尾根のミツバツツジはまだ蕾

風はひんやりと快いですが、じっとしていると肌寒い。
クロモジ(シロモジ?)が咲き誇っていますが、アケボノ開花はまだまだ先になりそうです。

アケボノもまだ蕾 クロモジ

ほどなく西赤石山頂に。
ここからいよいよ未知の道です。
『うれしいねぇ!』と、とんこ氏。『苦しいよ〜〜』と私。どんな道なんだろう・・・?

西赤石山頂 いよいよ初めての道へ!

しばらくは歩き易い道が続きます。
ステキな道、毎日でも歩きたいような所です。(ここだけなら・・)

ヤマヤナギ クロモジが多い

やがて見えて来たピークを登り詰めると、そこは物住頭でした。
何て読むんだろう・・どんな所だろう・・ってずっと思ってた場所。感慨深いです〜〜。

ここが物住頭・・ いよいよ岩稜が現れる

さてさて・・・ここからが本日のメインルート、目の前に現れた岩・岩・岩・・・。
緊張で汗びっしょり、でも面白くもあります。

慎重に進む 岩場また岩場

赤石山荘との分岐、石室越にてお弁当タイム。
小さい虫がいて、顔を数ヶ所咬まれました。

石室越でひと休み 見えて来た東赤石

再び進みます。
東赤石が見えて来ましたよ〜〜。
HPの写真等で見覚えのある風景が、目の前にあります!感動!

感動の岩場です

そして、この頃から雲が晴れて来ました。

近付く岩の山

岩場の登りが続く中、足元にイシヅチザクラが一輪。
かわいかったですね〜〜、元気をもらいました。

大砲のような岩 岩場に一輪イシヅチザクラ

眼下に、赤石山荘が見下ろせるようになって来ました。
ここから先は、タカネマツムシソウの咲く頃に歩いた所です。

眼下に赤石山荘 うれしそう!

八巻山に到着。ここで三度目の集合写真を撮りますが、皆最高の笑顔!
東赤石が手招きしています。

八巻山から見る東赤石 近付く東赤石

前回一箇所怖い所がありましたが、そこは今回通らなかったようです。
岩場の連続で、太腿が攣ってスプレーしてもらった記憶がありますが、それも今回はどうにか大丈夫でした。

人面岩? もうひと息!

そして着きました、本日の最終ピーク東赤石山頂です。
ちょうど下山されようとしているグループと行き合って、狭い山頂は少々混雑気味なので、先に三角点に。
ここでの集合写真も、皆とびきりのいい笑顔でしたよ!!

眺めを満喫し、さてこれより下山です。
今日は、膝にしっかりサポーターも巻きました。

三角点より東を さぁ、下山です

空はすっかり青空に。

さっきまで歩いていた八巻山を仰ぎ見る

山荘へと向かう道より見上げる、今しがた歩いていた岩尾根・・・感無量の思いです。

山荘前のショウジョウバカマ 八巻山さん、またね〜〜

ひと休みした後、山荘を後にします。

青空とクロモジ 谷沿いを下りる 清々しい谷

清々しい谷沿いの道には、エンレイソウやツクバネソウがいっぱい。
見上げると、アケボノのピンク色が。
この辺りまで下りると、見頃のようです。

見上げれば・・・ 今年初のアケボノツツジです

延々と下りる植林帯のジグザグにうんざりした頃、一箇所だけ鮮やかな蕾を付けたシャクナゲに元気づけられました。
膝も痛い、足の親指の裏も痛いです〜〜。
やっと一本橋まで来た時は、ホッとしました。やれやれ・・・。

鮮やかなシャクナゲの蕾 やっとここまで・・瀬場谷一本橋

八間滝の付近では、ヤマシャクが花開いていました。
急な斜面に咲いてるので、傍まで行く元気はもうありません。
遠目で眺めさせてもらいました。

そしてやっとやっと下山。
車を回収する間に、山菜を採ったり、まだまだ皆は元気なものです。

八間滝近くに咲いていたヤマシャク 瀬場谷に下山

悩みに悩んだ末の参加だった今日の縦走ですが、結果は”来て良かった!!”
疲れましたが、楽しかった。充実感でいっぱいです。
何と言っても、仲間と歩いてこその長い縦走だったと思います。
リーダー始め、一緒に歩いてくれた仲間に感謝です。
とてもとても心に残る一日、お疲れさまでした。ありがとう!!