2011年06月03日
手箱山(1,806m)
土小屋登山口 岩黒山 丸滝小屋 手箱越 手箱山 クサリ場 筒上山 丸滝小屋 登山口
(8:20) (9:10) (9:30) (10:30) (11:15〜11:40) (12:30) (12:45) (13:55) (14:35)

一年に一度は、どうしても会いたいヒカゲツツジ。
今年は5/27に予定していて楽しみにしていたのですが、雨で流れてしまいました。
新緑の清々しい森・真っ白のシロヤシオ・そしてヒカゲやシャクナゲ・シロバナエンレイソウ・・・このまま来年まで会えないのはどうにも心残り・・・。
一週間後に土小屋へと向かいます。
まだ間に合うかなぁ・・・。

二週間ぶりの土小屋駐車場。
今日は訓練でもあるのか、愛媛県警の車両が3台停まっていました。

まずは岩黒山へと向かいます。

登山道より石鎚を ミツバツツジ

岩黒山は山歩きを始めるようになった、最初に登った思い出の山です。
当時の職場で山歩きをされていた人に”岩黒山ならハイキング気分で登れるよ”と教えてもらい、友人と二人登ったのがもう10年位前の事かなぁ・・・。
その後何度か登りましたが、その度にガスで360度の展望にはまだ恵まれていません。
今回はガスは無いものの、ぼんやりとぼやけて今ひとつの眺望。
梅雨時ですからね・・・雨でないだけでも有り難いです。

まだ咲き始め 岩黒山頂より石鎚

ミツバツツジは咲き始めで、色も鮮やかです。
ナンゴクミネカエデのかわいい花も咲いています。

丸滝小屋に着き、大急ぎで小屋の上へと上がってみましたが・・・
残念、さすがにもうヒカゲは終わり、花の残骸さえも見当たりませんでした。
昨年5月末に来た時は、まだヒカゲも残っていたんだけどなぁ・・・毎年同じようには行きませんね。
雨も降ったし。

筒上に向かう ナンゴクミネカエデ

気を取り直し先へ進むと、筒上への分岐の所でシロヤシオがお目見えです。
こちらは見頃、きれいに咲いていました。

シロヤシオ登場 見頃です

帰り道の尾根のヒカゲに望みを託し、下道を進みます。

コミヤマカタバミ ツクバネソウ

手箱越えにてひと休み。
今日は、ここで鬼手仏心さんたちと一緒になりました。
私たちはひと休みの後、手箱山へと。
手箱山へ行くのは久し振りです。
こちらもシロヤシオがいっぱい。まだ咲き始めです。

白が映える

見事なシャクナゲも出迎えてくれました。

手箱途中のシャクナゲ

オオカメノキ・ミツバツツジ・シャクナゲ・シロヤシオ・・・花の競演です。
まだ蕾ばっかりの木もありました。

快適に尾根道を歩き、手箱山に着きましたが・・・虫が多い!
うっとうしいので殆ど被らない虫除けネットを、今日は山頂で被りました。
しかし、被ればお弁当が食べにくい・・・難儀しました。

オオカメノキ 久し振りの山頂

さて手箱越えまで戻り、クサリを登ります。
いつもながらクサリ場への急な石段の登りのしんどかった事!!
しばし息を整えてから、二番目にクサリを登らせてもらいます。
『落ちて来たら、サッと除けるき』と下の人。
『絶対手を離しなよ』と上の人。まぁどうにかクリアしました。

筒上へのクサリを登る(写カツオ氏) いつもの白骨樹

クサリ場を通過して山頂へと向かう時に、すれ違った単独の女性がわるこさんだったとは、後で分かった事でした。
知っていればお話したかったのに、とても残念です。
(今度出会っても、お顔を覚えていないので結局分からないと思いますが・・・)

今日は手箱山も筒上山も、ガスで展望無し。
虫も多いし、早々に下山します。

周囲はガス・・・展望無し シロバナエンレイソウ

バイケイソウのお花畑の場所に、今年もまだ咲いていました、シロバナエンレイソウ。
少しピンクがかかっていました。何だか好きな花です。

そして・・・良かった〜〜!!
ほんの少しだけですが、ヒカゲがまだ待っていてくれました。
会えて良かったです。
また来年も会いに来るからね!

わずかに残ったヒカゲ これで今年は見納め・・

こちらは咲き誇るシロヤシオ。
たっぷり観賞して尾根を下りました。

鉄の橋のある岩場には、イワカガミも咲いていました。

満開シロヤシオ イワカガミ

ちょっとしんどい丸滝小屋までの登り返し、ここでひと息ついてウラジロモミの森を歩いて行きます。
ウラジロモミが過ぎれば新緑のブナの森。

新緑の森

横道ではありますが、結構長く感じた帰り道。
いつもの場所で、コーヒー用にお水を汲んで帰りました。

ミツバに見送られて下山

最近また膝の具合がイマイチで、登山口に戻った時はもう限界ギリギリ。
”ためしてガッテン”でも言ってました。体重を3kg減らすのが最良の方法だって。(反省・・・)

これも後で分かった事ですが、今日はグランマー啓子さんたちも土小屋に来られてたのでした。
彼女たちは石鎚へ。三角点からのシャクナゲは見事だったようです。
ユキワリソウやイワカガミ咲くお花畑、こちらも気になります。
あの斜面一面に花開いたヤマシャクも見てみたい。
・・・なかなか思うようには行きません。

例年より早く梅雨入りした今年、雨でなくてもあんまりスッキリと晴れた日がありません。
青空が恋しいですね。
でも今年も満開のシロヤシオに出会え、ヒカゲにも何とか間に合って良かったです。