2011年06月19日
三辻山(1,108.1m)〜 工石山(1,176m)
樫山峠登山口 三辻山 杖塚 北の頂上 南の頂上 杖塚 工石山登山口
(8:40) (9:50) (10:50) (11:40) (11:45〜12:05) (13:10) (13:25)

この所毎週末ごとに雨です。
毎日ドヨ〜〜ンとしたうっとうしい天気。
今日は例会で、近場の三辻山〜工石山を歩いた後、工石山青少年センターの学習室を借りて、山の会のリーダーであるM氏を講師に遭難対策等について学ぼうという計画です。
前日土曜日もかなりまとまった雨が降り続き、もうキャンセルしようかな・・とも思ったのですが。

当日は8時に現地集合。
雨の中参加者は24名、カッパを着てカサを差しての出発となりました。
今日は地元の方たちが、県道の草刈り作業をしてくれています。お世話さまです。
・・・雨が降りゆうに物好きな人らぁやね・・・と思われたかどうかは分かりませんが?
草刈り作業をされてる傍を通り、まずは樫山峠登山口からのスタートです。

雨もそうたいした事は無いので、カッパの上着は暑いからすぐに脱ぎました。
途中からはカサも要らなくなりました。

地下駐車場にて準備体操(写カツオ氏) 小雨の樫山峠 緑の中の白骨樹

薄暗い森の中では、ガクウツギの白が目に鮮やかです。

ガクウツギ コナスビ

うっとうしい毎日ですが、森はたっぷりの水分を得て生き生きとしています。
ほどなく登山道が交差する東屋に出ました。
ここから山頂への道、以前はえぐれて歩きにくかったですが、今は歩き易く補修してくれています。
晴れならば、360度の展望が得られる三辻山ですが、今日はガスばかり。

たっぷり水を含んで生き生きと 三辻山頂より工石山を

下山は直登コースを下り、林道右手を一旦登って、広くなったドロマイト採掘鉱山跡地に出ます。

何度も来てる工石・三辻ですが、”杖塚から三辻へとつながる近道がある”という事は知っていても、それがどこなのか今まで知りませんでした。
まぁ〜〜!!こんな道があったのね〜〜やっと今日分かりました。
ハッキリした登山道、杖塚下のWCの場所に出ました。
これはラクや・・・。三辻山から、たやすく工石山へと移動出来ました。

採石場跡地より南へ入る 初めての道 杖塚に出る

杖塚からは北回りで登って行きます。

♪並んだ 並んだ・・ こちらもきれいに整列

いつもの八起白鷲岩もトド岩も、今日は素通り。
どっちみちガスで、展望はありませんものね。

北の頂上に着いても、山座同定も今日は出来ません。
そのまま南の頂上へと。

いつもの北の道の守り神様 ?正式名は分かりません

南の頂上にてお昼にしますが、再び雨がポツポツ落ちて来ました。
が、雨にもかかわらず大勢の若者たちが登って来ましたよ!
何かのオリエンテーリングのようです。30名ほどはいたかな?
山が一気に華やいでいましたよ。

入れ替わりに私たちは下山。
今日は鏡岩のある真ん中のコースから、賽ノ河原へと下ります。

見るからに毒キノコ ベニドウダン

再び雨も止み、ヒノキ屏風岩からの眺めもヤマツツジの赤が映えて、なかなかのものでした。

ヒノキ屏風岩より俯瞰 足取りも軽く下山

何と言っても緑が美しいこの季節、緑のシャワーを浴びながら南回りの道を快調に歩き、全員下山となりました。
歩行数は約19000歩、キツくはありませんが、汗もたっぷりかきました。

フワフワの花 サワフタギ(?)

下山後は着替え等を済ませて一段落の後、学習室にて遭難時の搬送方法を皆で学びました。
山には、どこに危険が潜んでいるか分かりません。
楽しい山であっても、いつも危険と隣り合わせ。
”自己責任”を肝に命じて行動しなくてはね!

雨もたいした事なく、皆で楽しく二つの里山を歩き、学習もした有意義な一日でありました。
皆さんお疲れさまでした!!