2011年06月24日
樫戸丸(1,565.7m)・ 高城山(1,627.9m)
風の広場登山口 オオヤマレンゲ 樫戸丸山頂 登山口 高城山登山口 山頂 登山口
(9:05) (10:00) (10:20〜10:50) (11:35) (11:50) (12:20) (12:50)

今日は初めての山、樫戸丸にオオヤマさまに会いに出かけます。
昨年お世話になった四季美谷温泉に問い合わせてみたら、ちょうど今日あたりからが見頃との事。
地下足袋王子さん情報ありがとうございました)

6:00に南国市発、約2時間半でファガスの森に到着しました。
本日は何と、予想外の上天気。久しぶりの青空が広がっています!うれしいなぁ。

スーパー林道走行中に、小鹿も見かけました。

青空に映えるブナ

途中”徳島のヘソ”にてしばし展望を楽しみます。
こんなに遠くまでスッキリ見えるのって、ほんと久しぶり!
振り返ると、青空を背にブナが輝いています。
いいなぁ・・・やっぱり”青空に勝るものなし”や。

昨年登った高城山南尾根登山口を過ぎ、ここからは初めて通る道を進みます。
ほどなく風の広場に到着。
以前歩いた、高城山登山道の尾根から見えていた広い場所です。
風の広場という名がステキで、どんな場所か憧れていました。
広々した眺めの良い、気持ちのいい場所です。

先行の車は一台、準備をしている内にまた二台やって来ました。
ヤマボウシの大きな木があります。足元には山椒の木も多い。

ここは徳島のヘソ 樫戸丸登山口のヤマボウシ

なだらかな登りの登山道には、見ごたえのある大きなブナがいくつもあります。
青空に枝を広げて、堂々と立っています。
遥か遠くの山々まで見渡せて、ほんとこんなお天気はずい分久しぶりです。うれしい。

枝を広げた大ブナ

フワフワの白い花を付けた木が、沢山見かけられました。
足元にはフタリシズカ。(4人付いてるのも!)

前ピークより高城山 タンナサワフタギ

前ピークを過ぎ、山頂が近付いた手前で尾根の左手にオオヤマさまが咲いていました。

川成峠を俯瞰 オオヤマさまに対面

一箇所にまとまった群生があり、周囲は金網で囲まれ守られています。

俯いてます こっち向いて・・

金網越しなので、上手く写せません。
あれこれ場所を移動してズームで写しましたが、下手な鉄砲はなかなか当たりませんでした・・・。

深山の尾根筋に咲くという、貴重なオオヤマレンゲ。
大事に見守りたいですね!

控えめに咲く・・

オオヤマ群生地から頂上は、もうすぐそこです。
ちょっと面白そうな大岩がありました。ここでのんびりするのもいいかも。

舞台のように平らな岩 山頂

山頂はそう広くはありませんが、展望は素晴らしい。

うれしい青空

川成峠の左に天神丸がそびえています。
その奥には一ノ森・剣山
一ノ森もこちらから見ると、ずい分印象が違って見えます。
垢離取(コリトリ〜富士ノ池)方面からは、まだ登った事ないですからね・・・いつか登りたいです。

左奥に剣山(西) 東に高城山

頂上で早い昼食を食べてる内に、2〜3のグループが登って来られました。
この後下山中にも、何人かの登山者とすれ違いました。
重そうなカメラ&三脚を背負われてる方が多い。
平日なので、中高年ばかりです。

バイケイソウ オカタツナミソウ(?)

風の広場に下山したら、車もずい分増えていました。
広いからいくらでも置けますね!

予定より時間も早いので、折角だから高城山へも行ってみる事にします。

おとぎの国のキノコ 風の広場に下山

日差しはもう夏。照りつける太陽が暑いです。
記憶では登山口からすぐだったように思いますが、モノレール横の登りは暑くてしんどかった。

約一年ぶりにここから・・ レーダードーム 笹枯れが無残

時間に余裕があれば、このままファガスの森まで尾根歩きしたら気持ちいいでしょうが、今日はここでピストン。

モノレールの横を登る 真夏の日差しの山頂

今来た道を戻り、帰りは川成峠経由で一路高知へと。
四季美谷温泉には、また次回寄らせてもらいます。今日は素通り。

カマツカ(?) 白骨樹の向こうに雲早山

いつもながら遠い道のりです。
後部座席でコックリコックリしてしまいましたが(すみません・・・)、運転する人は大変です。
もう少し近ければねぇ・・・もっと再々来られるのですが。

今日は念願の樫戸丸のオオヤマさまと会え、好天に恵まれた気持ちのいい一日でした。
長距離運転してくれたお二人、ありがとうございました。
皆さんお疲れさまでした!!