2011年09月25日
源氏ヶ駄馬〜韮ヶ峠
源氏ヶ駄場分岐 1402,8m三角点 1360,3m三角点 1294,4m三角点 韮ヶ峠
(8:30) (10:10) (11:20〜11:45) (12:40) (13:55)

今回は県境縦走に参加させてもらいました。
ヤブだらけのハードな歩き、というイメージの県境縦走は自分にはちょっと・・・と思っていましたが、今回はヤブは少しで眺めが良く、ススキのなびく気持ちいい草原歩きだという事です。
はてさて・・・。
場所は四国カルスト
梼原から地芳峠へと入り、広大な草原にやって来ました。
源氏ヶ駄馬という私は初めて聞く地名。
下山の韮ヶ峠に配車をする間に、ゆっくり準備をします。風は肌寒いくらい。

アスファルトの道は数歩歩いた位で、すぐに草原の中に入ります。
本日はスパッツは着けない訳には行きません。

源氏ヶ駄場分岐 北東に中津明神山

車道から見るとなだらかな草原ですが、実際に歩いてみると、足元には石・岩がありバラやトゲのある草木で歩きにくいです。

ススキの中を進む マユミの木と岩

車道を走ってる人から見たら、”まぁ物好きな人らぁやねぇ〜〜”って思うでしょうね!
足元に注意しながら進むと、まず一個めの県境道標を発見。
第一発見者のとんこ氏は大喜び。ちょっと宝探しみたいなワクワクした気分です。(この時点では・・・)

岩がいろいろ 県境道標発見

歩きにくいけれど、車道からでは見られない眺めが広がります。

この岩何に見えますか? 足元には岩が隠れていたりで歩きにくい

やがて広々したピークに。祠もあります。
足元が見える事の有り難さ!うれしくなります。ここで小休止。
遠くでは、乳牛がのんびりしているのが見えます。

ひとまず開けた地点に 牛さんがのんびり草を食む

眺めはいいものの、ここから先はより歩きにくくなって来ました。

有刺鉄線沿いを歩く どんどん歩きにくくなる・・

岩あり、つかまろうとしたらバラやトゲだらけだったり、ツルに足を取られたり・・・。
私も二度転びました。その度に、引っ張ってもらわないと、自力では起き上がれない・・・困ったものです。
しかし先頭を行ってくれるKさんは、大のヤブ好きらしい。
しかも半袖です。さすがに途中から手袋は着けてましたが。
何の迷いもなく、どんどん進んでいます〜〜!!

トゲやバラの草木だらけ お〜い、待って〜 快調に歩く先頭の二人

ルートは正確で、境界道標が次々と確認出来ます。
皆さすがです・・・私は付いて歩くだけで精いっぱい。

お弁当を食べた場所には、ヒメヒゴタイ・レイジンソウ・シオガマギク・アケボノソウ・アキノキリンソウ等沢山の花が咲いていて、最高のランチタイムになりました。
『花に囲まれてお弁当も美味しい』とカツオ氏。
『花というのは私らぁの事やろぅ?』とIさん。
一瞬間が空きましたが『・・・両方や』とソツの無いお返事。
ま、私らぁの花は、殆どが咲いて終わっていますがね・・・枯れ尾花や。ハハハ・・・

花に囲まれお弁当タイム ますます歩きにくくなる

などと楽しいひとときの後、再びヤブを進みます。
とは言っても、こんなのはヤブには入らないらしい。
道なき道を行くのは、ワクワクした楽しみもありますが、軟弱な自分はやはり普通の登山道がいいな。

雑木の中を南西に下る(写とんこ氏) 最後のピーク 源氏ヶ駄場の山名が

山名を張り付けた最後のピークを過ぎると、植林の中の下り。
ハガクレツリフネの群生がありました。
急な斜面を下り続け、足も疲れて来て県境の道標もどうでも良くなって来ました〜〜(すみません)。
『あ、車が見えたよ』の声を聞いた時の、うれしかった事!
下山場所の韮ヶ峠に下り立ちました。

殆どのメンバーの腕には引っ掻き傷が。
私はトレッキングパンツの膝部分にかぎ裂きが出来ていました。

深いススキの中 韮ヶ峠に下山

今日の花等
花は予想外に沢山ありました。
アキチョウジは最初から最後までずう〜っと咲いていて、歩きにくい足元を励ましてくれてるようでした。
レイジンソウも、こんなに沢山見たのは初めてでした。
歩き始めはミゾソバやタデ、最後の植林の下りではハガクレツリフネの群生がありました。
人が歩かないからこそ、自然に咲いている花、というのを感じました。

ムラサキツメクサ ミゾソバ ヘビイチゴ(?) 
オタカラコウ 何の実? アケボノソウ 

フウロソウ オミナエシ

ハバヤマボクチ シロヨメナ(?)

シオガマギク シコクブシ オオカメノキ

ヒメヒゴタイ

モリイバラ レイジンソウ フシグロセンノウ

アキチョウジ ハガクレツリフネ  キバナアキギリ

サッパリと着替えを済ませ、途中で新鮮なソフトクリームでひと息ついて、帰路へと向かった一行でした。

ヤブ(私にとっては行程全部がヤブでした)は楽しくもありましたが、再々歩くのはちょっと・・・。
でも普通の道からでは味わえない風景を見られ、何と言っても沢山の花に出会えてうれしい(苦しい?)道中でした。
県境歩きに参加させてもらって良かったです。
お疲れさまでした!!