2011年10月23日
クレーター五座
日山
(191,6m)・上佐山(255,7m)・日妻山(255,7m)・実相寺山(250,4m)・馬山(196m)
仏生山公園 こぶ山 日山 龍のモニュメント 上佐山 日妻山 実相寺山 馬山 仏生山公園
(8:10) (8:40) (9:10) (9:50) (10:55〜11:20) (12:35) (14:10) (15:15) (15:55)

本日は香川の山へ。
翌月に予定している例会のクレーター五座の下見です。
(クレーター五座という名の由来については、reikoさんのHPに詳しく書かれています)
低山の里山ですが、歩行時間は計7時間半位らしいです。

高知を出る時は青空だったのに、大豊からずっと曇り空。
香川に入ると雨になりました・・・(予想外や・・)。
昨日まで結構な雨が降ったのですが、そうそう簡単には回復しそうにないようです。
いつもザックに入れてる傘も、今日は置いて来てしまいましたので、コンビニにてビニール傘を買いました。

”晴れてればなぁ・・”の思いを抱きつつ、そぼ降る雨の中を出発します。
reikoさんのレポもコピーして持って来ました。

仏生山公園 ここが出発地点 まずはこぶ山へ

まずは通過点というこぶ山へ。
100m少々の山ですが、登りは結構急です。
傘さしで登ってた私は足が滑ってズルズル・・・早々から泥だらけになってしまいました。

これより登山開始 こぶ山(雨山)からの展望

一旦下って車道を横切り日山へと。
ここも急登です。(ロープもあります)
道はいくつか分かれていますが、いずれも山頂へと導いてくれます。
山頂が近付くと、柊の白い花が登山道に落ちているのが目に付きました。
すれ違う登山者さんも数人。

東屋でひと休みしてる間にも、何人か登って来られました。
毎日来てるっていうご婦人も!

岩を彩る赤 緑の中の赤  クサギ(?)

小じんまりした由良山や、遠くに屋島も望めますが、ぼんやり霞んでてちょっと残念です。

日山山頂 手前に由良山

日山からの下山はまたまた急勾配。
転げ落ちるように下って行きます。
どこかで運動会をやっているようで、賑やかな音楽やアナウンスが聞こえて来ます。

ここでまた車道に出て、住連寺池に沿って進みます。
reikoさんのレポで見た、龍のモニュメントがド〜〜ンと目に飛び込んで来ました。

池のほとりを進む 龍のモニュメント

池の向こうには、この後登る山が見えています。
う〜〜まだまだ遥か遠いです〜〜。

残る三座はまだまだ遠い・・

ここで次に登る上佐山登山口で、reikoさんが待ってくれているという嬉しい知らせが!
急ぎ足で向かいます。

柿の向こうに実相寺山

平和公園でreikoさんと合流。
レポのご本人に案内してもらいながらの、願っても無い歩きとなりました。
この頃にはもう雨は止み、ビニール傘はストック代わりとなってしまいました。
(ちょうどいい長さと握り具合です・・)

上佐山へ 急登・急登

上佐山山頂では、草刈り作業の最中でした。(若い女性も2名ほどいました)
広く平らになった山頂の片隅で、眺めを楽しみながらお弁当タイム。

アキノノゲシ 山頂は草刈り作業中 お世話さまです

晴れならばさぞかし・・・ま、欲を言っても仕方ありません。

屋島が望めます 下山路にはドングリがいっぱい!

山頂からの下りは、またまた急勾配。
大きなドングリが沢山落ちていましたよ。

急勾配を下る 途中の展望 こぶ山と日山

下山して来た場所は、花がいろいろ咲いてる道。
栗の実も拾いましたよ。

ツリガネニンジン コシオガマ

さて次は日妻山
登山口ではサンコタケがお出迎えしてくれました。

畑の上に登山口 サンコタケ コウヤボウキが沢山

ここも急登・急登!
蒸し暑くてしんどいですが、コウヤボウキがいっぱい咲いているのが嬉しいです。
何だか好きな花です。

鬱蒼とした日妻山山頂 竹林の中を進む

日妻山からの下山路は、途中通行禁止になっています。
前回南に振り過ぎたというreikoさんのアドバイスで、見当をつけて竹の中をかいくぐって行きます。
ヤブから抜け出た場所には、ため池があり、ツリガネニンジンが群生していました。

こんな池の場所に出る ? 小さくてかわいい花

通行禁止でなければ、次の山への登り口に下りて来られるのですが、ずい分と迂回しました・・・。
この車道歩きは長かったですね〜〜。
道端でひと休憩、風が強くなりポツポツと雨がまた落ちて来ました。
傘は本来の役目を取り戻し、差して歩きますが、これもすぐに止み、再びストックの役目となりました。

見性寺の奥に登山口 ここも急登が続く

実相寺山も展望は無し。
だんだんと足も疲れて来ました。

ここにもコウヤボウキがいっぱい 山頂 左奥に鉄塔あり

下山途中には開けた場所もありました。
アケビの実も、落ちていましたよ。

下山途中の展望 こぶ山・日山手前に最後の山馬山  奥に屋島 

さて、やっと残すはあと一座。

下山口 堂山六ッ目山等が遠くに見える

車道をテクテク歩き、最後の馬山へと。

”最後が標高の高い山だったらしんどいんですが、低いからホッとします。”とreikoさん。
その通り、いくらも歩かぬ内に山頂に着きました。
バンザーイ!!五座(正確には六座)完登です。

ちょっと分かりづらい登山口 小じんまりした最後の山頂

低山は蚊が多い・・・そそくさと下山します。
最初に登ったこぶ山・日山を右手に眺めながら、スタート地点へと戻りますが、これも結構長かった。

最後の下山 最初に登った山を見ながら車道歩き

道端には花もいろいろ咲いていて、楽しませてもらいました。

道端の花@ A B

そして駐車場所の仏生山公園に戻って来ました。周回終了!!
お疲れさまでした。

仏生山公園に戻る 本日のストック(?)ご苦労さま!

ここでreikoさんとお別れし、私たちは仏生山温泉にて汗を流し、うどんを食べて帰路についたのでした。
良く歩いたわ〜〜携帯の歩行数は約25000歩でした。
案内して下さったreikoさんありがとうございました。お世話になりました。

まだまだ香川の山は、知らない山ばかり。
機会あれば、また出かけたいです。
同行のメンバー・運転してくれたIさん、お疲れさまでした!!