2011年11月26日
三嶺(1,893.4m)
光石登山口 さおりが原 カヤハゲ 三嶺 大岩 カヤハゲ さおりが原 光石登山口
(7:35) (8:45) (10:40〜11:00) (12:00〜12:15) (12:30) (13:30) (14:50) (16:00)

今日は女3人でのんびりゆっくり山を歩こう、という計画です。
が、自分の運転となると、行く山は限られてしまいます・・。
綱附森土佐矢筈山も行きたいけど、登山口までの林道が心配です。
何と言っても怖いのは凍結。
いい加減運転も下手なのに、スリップ事故でもしたら大変。
考えた挙句、行程は長いですが、多分凍結はまだ大丈夫であろう光石登山口からの三嶺、という事に決めました。
日照時間の短いこの時季、決して無理はせず行ける所まで、とします。
6時に南国市を出発。

久しぶりの光石登山口には、県外NOの車が2台のみ。
(テントも設営していて、昨夜はここで過ごされたようです。)

登山口からしばらくは紅葉がきれいですが、まだ陽が当たっていなくて映えません。
さおりが原まで、今日はずい分遠く感じました。
やっと着いたさおりが原で、ひと休みします。

堂床休憩所 この辺りのアケボノソウももう茶色に・・ さおりが原に

空気はとても冷たくて、休んでいる内に身体は冷え指先が痛くなり、手袋を二重にしました。

さおりが原の巨人@ A

斜面を登って行き、ようやく西熊〜三嶺の尾根が見えて来ました。
この尾根で、本日初めての登山者とすれ違いました。
単独の男性で、本日はカヤハゲまでだとの事でした。

そしてやっとカヤハゲに到着。

三嶺〜西熊の尾根が見えて来ました カヤハゲに

東に剣〜次郎がクッキリと聳えています。

塔ノ丸〜丸笹〜剣〜次郎・・

ぐっと近付いた三嶺を眺めながら、ここでまた休憩。
温かい物がうれしい季節になりましたね!私はカップ麺で温まりました。

カヤハゲからの三嶺

”行ける所まで”とは言っても、ここまで来たらやっぱりピークまで行かなくてはね!
先日の寒風〜笹とは違って、こちらは霧氷も無く、雪も陰地に少し残ってる程度です。
ヌタ場の氷は、上に乗っても大丈夫な位カチカチでしたが。

ヌタ場は凍ってカチカチ 大岩が近付く

大岩の場所までやって来たら、もう山頂はすぐそこです。
しんどいけど、一気に高度が上がるこの辺りは、ワクワクする場所でもあります。

大岩の横の登り テキサスゲートが設けられた山頂直下

しかしながら、やっと辿り着いた山頂は一面ガスの中。
北側にも霧氷は見られず、冷たい風が吹き付けるばかり。

凍った池を見たくて、避難小屋の方へ行きかけますが、この時点で12時を過ぎました。
帰路の時間を考え、池を見るのは今回は諦めて引き返します。

最後の登り! 誰もいないガスの中の山頂

それでも束の間ガスが晴れて、小屋方面を望む事が出来ました。

一瞬ガスが晴れる

そそくさと下山しますが、剣・次郎方面は相変わらずクッキリと見えています。

剣・次郎はずっとクッキリ望めました

そして・・・大岩まで下りて来て振り返れば、何とガスはすっかり無くなってるではありませんか〜〜!!
ちょっと残念・・。
ま、”またおいで”っていう事かも。
ガスの中から抜けた今は、気持ちも落ち着き、大岩でしばしコーヒーブレイクを。
眺め抜群の、楽しいひとときを過ごしました。
ここで膝サポーターも巻きます。

やっぱりここに登らなくては! 大岩より西熊への縦走路を

下りが好きという同行のお二人は、快調にどんどん下って行きます。
速い速い、カヤハゲまではあっという間でした。

振り返り眺める三嶺は、ガスに隠れていたのが嘘のように、スッキリとした姿。
あのガスは何だったのよね・・。
カヤハゲから下りて行く時に、韮生越から登って来られてる4人のグループが見えました。
どこまで行かれたのでしょう?時間的に遅いので、ちょっと気になりました。

カヤハゲへの登り返し カヤハゲより 左奥に石立山

カヤハゲ〜さおりが原〜、お二人は飛ぶように下りて行き、後からやっと着いて行きます。
下りは苦手や・・・。

さおりが原のムラサキ ネット内では緑が再生されつつあるさおりが原

堂床が近付くと、まだきれいな紅葉がそこここに見られますが、残念もう陽が翳ってしまいました。

終盤の紅葉 堂床の紅葉

登山口手前の紅葉

そして何とか予定通り明るい内に、光石まで戻って来ました。
車は数台増えていましたが、道中出会ったのはカヤハゲ付近での2組だけ。
皆さんどこに行かれたのかしら?天狗塚方面かな?
登山者と殆ど出会わない、静かな本日の三嶺でした。
歩行数約3万歩、よく歩きました。

久しぶりの光石からの歩き。
長いですが、三嶺を全身で感じられる道です。
ゆっくり歩きで、また行きたいものです。
一緒に歩いてくれたとんこさん・ワカ女さんありがとう!お疲れさまでした。