2012年01月15日
阿波国見山(1,409m)
後山登山口 上の登山口 山頂 雪上訓練 上の登山口 後山登山口
(8:30) (9:20) (11:00〜11:45) (12:15) (12:50) (13:30)

本日は雪山。
例会で、阿波国見山へと向かいます。参加者は20名と多数。
みんな雪は大好きですものね!雪と遊びたいです。

ただ残念な事に、お天気は曇り。
ま、こればっかりはどうにもなりません。

昨年と比べると、雪の量も少ないです。
林道は凍っていて、滑って尻もちをつく人も。
準備・体操を済ませ、いざ出発です。

後山峠登山口 積雪は少い

上の登山口到着。
今日はここには車は停まっていません。
ここでアイゼンを着けます。(着けない人も半数ほど)

上の登山口 ここでアイゼンを着ける

昨年は交代でラッセルしたものでしたが、今回は雪も少ないし、トレースもしっかり付いていて難なく歩けます。
手軽に雪を楽しめる冬の国見山、沢山の方が入山されてるようです。

ささやかな霧氷 防火帯を登る

深い雪で登りにくかった防火帯も、今回は順調に進めます。

歩き易いほどほどの雪

登りが一段落し、ホッとする尾根道に出ました。
姿は見えませんが、小鳥のかわいらしい声が聞こえて来ます。

尾根に出る  氷菓子みたい

ブナ林の霧氷を楽しみながら歩いている内に、避難小屋に到着。
もうここから山頂はすぐそこ。

ブナ林の霧氷  本日の山頂

昨年は曇り空ながらも展望があり、目の前には寒峰、遠くには天狗塚や三嶺が見えて、歓声が上がった事でした。
今日は残念、遠くの山は見えません。

青空だったら・・・ね!

それでもガスで全く展望が無い事を思うと、これだけでも見えてうれしいです。
メンバーの中には、阿波国見山が初めての人も何人かいて、感動されていました。

山頂西側の眺め

お弁当は、山頂組と避難小屋組とに分かれていただきました。
私は避難小屋の横で、雪景色を眺めながら。
その内、ひと組のご夫婦が登って来られました。
そして何とまだまだ、バス3台での沢山の方たちが登って来られてるらしい。

尾根道ですれ違ったこのグループは、香川からの市民団体の総勢60名様でした。

今日は神妙にお参りしました ここでお弁当   避難小屋屋根の積雪量

さて、私たちは防火帯の下りにて、雪上訓練を実習します。

ラクチンの下山 ここで雪上訓練

ピッケルを使っての、滑落停止の方法を教わります。
ピッケル・・・一応持ってはいますが、未だに使いこなせないです。(今日も持参していません)
仰向けに滑っている時に、瞬時に体勢を変える事さえ難しそう・・・。
でも、山の会ならではの、こんな実習は有り難いです。
経験豊富な大先輩のひと言は、結構いつまでも耳に残っていて、山道を歩くいろんな場面で思い出したりするものです。

ピッケルを使って滑落停止の実習(写とんこ氏) 講師の一挙一動を真剣に見守る(写カツオ氏)

訓練をしている内に、団体さんたちも下山して来ました。

重たそうな枝 木立の雪の幾何学模様 

上の登山口まで戻って来た頃には、遠くの山々もぼんやりではありますが、望めるようになっていました。

遠望 剣&次郎 梶ヶ森

雪の少ない分、登山口付近の階段は凍っていて、今日一番神経使ったのはここかも。
手摺りをしっかり握って、慎重に下りました。

上の登山口に下山

上の登山口で、全員揃うまで待ったり、アイゼンを外したりしている間に、団体さんも次々に下山して来て、広いこの場所は一気に賑やかになりました。
私たちは団体さんたちよりひと足お先に下山し、帰路へと。

今日も汗びっしょりになりました。(頭から湯気が出ていたらしい・・・)
じっとしていれば寒く、指先まで冷たくなりますが、動いてる時は汗がポタポタ・・・
雪山での衣服調節は難しいです〜〜。
下山後は、すばやく着替えてサッパリしました。

みんなと一緒に、何の心配も無く安心して歩けた阿波国見山。
高知から比較的近くて、手軽に雪山を楽しめます。
リーダーさん、雪道走行の4人様お世話さまでした。
皆さんお疲れさまでした!