2012年02月19日
工石山(1,176,4m)
登山口 杖塚 ヒノキ屏風岩 賽ノ河原 北の頂上 トド岩 登山口
(10:05) (10:20) (10:50) (11:00) (11:40〜12:05) (12:20) (13:00)

今週末はまたまた寒波到来で、日本列島は冷え込みました。
高知市内でも金・土と、かすかに雪がチラつきました。
四国の道ライブカメラで見ても、根曳峠からもう雪が降っています。

日曜日朝目覚めると、冷たいけれど上天気。
今日は道路工事もお休みだし、先日行きそこなった工石山へ行ってみなくては・・・多分積雪もあり、北の頂上からの展望はさぞかしだろう、と準備をします。

県道は、この下の写真のカーブを左上に回った辺りから、雪が出て来ました。
前方に聳える見慣れた山も、今日はいつもと違って見えます。
この先陰地はビクビク運転しましたが、何とか登山口まで到着。

いつもの場所に先客は3台(1台は森林パトロールの車でした)。
私も用意をして出発!雪の工石山、うれしいなぁ!

県道より 今日は雪化粧

登り始め、前方右手に垣間見える三辻山の尾根、霧氷が付いてるのが分かります。
あそこまで足を延ばせればいいんだけど・・・。

霧氷が見える三辻山の尾根

冬枯れの登山道も、今日は雪化粧。
先客の足跡は北周りの道へと続いています。
私はまだ誰の足跡も無い、南周りを行く事にします。
動物の足跡が付いてるだけ、何ともいい気分です!

雪化粧の登山道 杖塚

ヒノキ屏風岩からもいい眺め!

ヒノキ屏風岩 南を俯瞰 

念の為アイゼンもザックに入れて来ましたが(!)、心配した賽ノ河原も大丈夫でした。
今日は、手すりが有り難かったです。

 
自分の足跡だけ  賽ノ河原上部

シャクナゲはかわいそうに、縮こまって萎れています。(もうちょっとだから我慢してね・・・)

   
シャクナゲもかわいそう・・ いつもの岩場  アケボノツツジ 

シャクナゲ道を進み、頂上が近付いて来た所で、右手奥には白く輝く四国山地の山々が見えて来ました!
うわぁ〜〜きれい!

右手の木々の向こうには・・ 雪を被った山が! 

木々の向こうに見えるのって、何だか余計きれいに見えますね。

うれしい眺めです  ツルシキミ

南の頂上では、単独の方がお食事中でした。
そしていよいよ北の頂上へ。

北の頂上手前  さぁ・・・!頂上です

う〜〜ん!いい眺めです。
石鎚山系の山々がズラリ並んでいます。

本日最高の眺め

ベンチの端の雪を払い、ここでしばし眺めを楽しみながら、ささやかなお弁当を。
この眺めが何よりのご馳走、最高のお弁当タイムですよね!

貸し切りだった北の頂上も、帰り仕度してる頃にはお一人の登山者が。
この後北の登山道を下りて行く間には、何組かの方たちとすれ違いました。
日曜日だし、この好天気ですものね。

二ノ森・石鎚 貸し切りの北の頂上

いつものトド岩からも、今日はいい眺め!

トド岩からの展望

笹ヶ峰方面 ヒノキ風倒木

白鷲岩は、今日は下から眺めるだけにしました。

八起白鷲岩

杖塚まで戻って来ました。雪も少なくなったよう。
三辻山の霧氷も消えています。
トサミズキは、蕾が少しばかり膨らんでいました。

トサミズキ ミツマタ

杖塚から下りてる時に、年配のご夫婦に連れられたかわいい保育園児が、杖を片手に登って来ていました。
おばさんはつい声をかけてアメをプレゼント(お節介です)。
喉に詰まらせないでね、ってまたひと言余計な事を。
時間はもう13時前ですが・・・まぁ工石山だから大丈夫ですかね・・。
かつて15時から登った事のある身としては、何とも言えたものではありませんが。
(しかも秋の日のつるべ落としの時期に)
気を付けてね!

車まで戻って気温を見ると−2℃、冷たく感じた筈です。汗もさほどかきませんでした。
ゆっくりひと回りしても約3時間。
一人で歩くには、もって来いの山です。
もう少ししたら、次々といろんな花も咲いて楽しませてくれる事でしょう。

工石山さん、今年もよろしくね!