2012年06月22日
稲叢山(1,506.2m)〜 西門山(1,496.7m)
谷沿い登山口 四差路 稲叢山山頂 尾根分岐 西門山 トンネル登山口
(10:45) (11:15)) (11:35〜12:25) (13:20) (14:15) (15:40)

台風4号は警報が出た割にはたいした事も無く過ぎ、続いてやって来た5号は熱帯低気圧に変わりました。
この低気圧の影響で、高知市もかなりの雨が降り、22日に予定していたオオヤマ偵察は中止となりました。
これほどの量の雨が降ったら、山道・林道は危険です。
天気予報を見て、24日に順延という事になったのですが・・・。

当日はゆっくり朝寝して、7時に起きてみれば何と何と!!
抜けるような青空が広がっているではありませんか!予想外に早い天気回復です。
えーーっ、中止にしなくても良かったなぁ・・・。
山へと向かわずにはいられような青空です。
でも・・・かなりの雨だったから林道はどうなんだろう?
有り難い事に、予定していた釣りも中止になったというカツオ氏も同行してくれる事になり、計画より2時間遅れの出発にはなりましたが、一路稲叢山へと向かう運びとなったのでした。

出発時間が遅れてまず思った事は・・・『とうもろこしが買える!!』でした。(また食べ物や・・・)
この時季、通称”とうもろこし街道”と呼ばれる、いの町の高速インター沿いの旧道。
”ゆでとうもろこし”ののぼりがはためき、甘くておいしい茹でたてのとうもろこしが売られているのです。
が、山行きは朝は早くてまだ売られてないし、帰りにはもう終わっていて、なかなか買えないのです・・・。
今日はしっかり買う事が出来ました。良かったです!

心配していた林道も大丈夫でした。
トンネル手前まで来て車窓から見上げると・・・咲いてます咲いてます、オオヤマさま!ちょっと少ないですが。
咲き終わって茶色くなったのもいくつか。

さぁ、これから行く場所のオオヤマはどんなでしょう?楽しみです。
今日は虫除けスプレーもしっかり振りかけて出発です。

 晴天のトンネル口駐車場 少し林道を下って  直登コースから 

昨年と同じくの直登コースから行きます。
いきなりの急登ですが、僅かの登りで尾根に出られるのがうれしいです。
まずは、尾根より左手に咲くオオヤマの場所へと。
蕾もあるし、咲き終わったのも。葉っぱの陰で一つだけ咲いてるのを見つけました。

今年初のオオヤマレンゲ 一つだけ開いていました

さてここで引き返し、四差路へと。
シャクナゲのやせ尾根を進めば、程なく山頂です。
稲叢山にはこの所雨やガスの時ばっかりだったので、こんなに視界良好なのは久しぶり。

本日の山頂 爽やかな雲 

日差しは暑いですが、吹く風は快いです。
ここで絶景を見ながらお弁当タイム。
貸し切りの山頂は賑やかです。

石鎚山系もハッキリ望めます

青空を背に、木々の緑が美しい事!

 
青空に向かうこの花は?  ニガナ

太平洋も望めます。宇佐湾の方のようです。
稲叢山から太平洋を望めたのは、今回が初めてかも。
ほんと今日は、遅い時間からでも来て良かったです!

さて、次は鉄塔尾根へと向かいます。
どんなかなぁ・・早く会いたい!
花が逃げる訳でも無いのに、ついつい足早になります。

ナナカマドと蝶(ツマグロヒョウモンだそうです) 遠く太平洋も(写真では分かりにくいですが)

鉄塔付近のオオヤマ、数が少なかったです。
ここも咲いてるのは一つ二つ・・・。そっと写させてもらいました。

鉄塔のオオヤマさま

毎年目に付くヤブウツギの赤い色も、今年はありません・・・?
ヤマツツジももっと鮮やかだったですが、もう終わったようです。

コルの分岐から西門山へと。

ヤマツツジ オウギカズラ 

いつもの場所にはそこそこ咲いていてくれました。

西門のオオヤマさま 光を受けて 

高い位置に咲いてるので、皆腕を伸ばし一生懸命撮影しました。

二つ並んで

出発時間も遅かったので、今日はここまででとも思ったのですが、まだ日は高いし皆元気な人ばかり。
当初の計画通り、山頂まで行く事にします。
虫もいますが、昨年ほどでは無い。
何より、北側からの風が何とも言えず快いです。
ここは、夏に歩くと気持ちいいだろうと思いました。木陰の道だし。

途中にある登山道脇のオオヤマの小さな木には、蕾がたった一つだけ付いていました。

気になる木  岩にびっしりと

西門山の登山道は、稲叢山とはまた違った趣があり、岩場もあるし変化に富んだ面白い道だと思います。
途中、遠くに稲叢ダム湖が望める場所も。

本日の難所@  難所A

ゴロゴロ八丁(梶ヶ森)のような場所を登って行くと、シャクナゲの森。
昨年はまだ花が残っていましたが・・・今年は花そのものも少なかったですものね。

やがて広々した場所に出ます。北側の岩場からの眺めは最高!
ここまで来れば、山頂はもうすぐです。
そして今年も咲いていました、こんな場所にアヤメが・・・?

今年もアヤメがここに・・  岩場からの展望

ほどなく山頂。
冊子”れいほくネイチャーハント”での西門山山頂は、鬱蒼とした緑に覆われていますが、今は下草は殆どありません。
なだらかな尾根という感の、通り道みたいな山頂です。
(ちなみにこの冊子では西門山は”にしかどや”となっていますが、ヤマケイの分県登山ガイドには”にしかどやま”と書かれています。)

なだらかな場所の西門山山頂 ロープを使っての下降練習 

ゴロゴロ八丁(?)の下りでは、先日教わったロープ&カラビナ、シュリンゲを使っての実習を・・・。

 オオヤマさまに見送られて 下山 

寄り道もしましたが、下りはずい分早く感じられました。
日照時間の長いこの時季は、行動時間にも余裕が持てるのがいいですね。

思いがけない青空に恵まれ、花も眺めも楽しめた一日でした。(道の駅でお買い物も出来たし)
明くる土・日はまたも雨模様(天気予報はどんどん変わります)・・・この日に行って来てほんとに良かったです!

見飽きる事の無い美しいオオヤマレンゲ、さて次もどこかで会えるといいですが。

 本日のトラックログ(カツオ氏GPSより)