2012年11月03日
一ノ森(1,879.2m )
にくぶち橋登山口 にくぶち峠 池の窪 登山道合流点 一ノ森ヒュッテ 一ノ森 槍戸山 槍戸山登山口
8:30) (9:00) (10:00) (11:10) (11:25〜11:50) (12:05) (12:40) (14:30)

本日は初めてのにくぶち橋から一ノ森へ。
にくぶち峠ってどんな所だろう?・・・前から気になっていた場所です。
心配した剣山スーパー林道も、地下足袋王子さんから”通行止めはにくぶち橋から日奈田峠までの間。にくぶち橋までは通行出来ます”との情報をもらえました。(ありがとうございました)
計画はにくぶち橋から登り、槍戸山登山口へと下りるルートにしました。

当日は晴天。
高の瀬からスーパー林道に入った時、遥か遠くに聳える山並み・・・白いです!
霧氷や!この秋初めての霧氷が見えています。ワクワクして来ました。
立ち寄った奥槍戸山の家の広場では、肌寒いものの真っ青な空が広がっています。
(この、WC横からの次郎笈這い登りコースも、ツツジの咲く頃に登りたいと思いつつ、まだ実現出来ていません。)

さて、朝日を浴びる錦秋の山肌に歓声を上げながら、林道を下りて行きますが・・・
あれぇ〜〜?何だか一面曇ってしまいました。あんなに青空だったのに・・・。

青空が広がる奥槍戸山の家広場  にくぶち橋

到着したにくぶち橋、その先には通行止めの看板が立っています。
すっかり雲に覆われた薄暗い空の下で、ちょっと暗い気持ち・・・さっきの青空はどうなったの?

準備をして橋を渡り、見落としてしまいそうなテープの所が登山口でした。

にくぶち谷の紅葉 こんな所に登山口 

ヒメシャラやブナの森が広がります。
とても雰囲気のいい道、光が無いのが残念です。

美しい森  程なくにくぶち峠に

色付く森

30分ほどで、にくぶち峠に出ました。対面に小さく龍光寺が見えています。
コリトリからのこの道も、一度は歩きたい道です)
風がとても冷たいです。
今日はウエアも冬バージョン、帽子もフリースの耳あて付きのものにして正解でした。
ヘリの音がして、こちらへ近付いて来ました。旋回しています。何かあったのかな・・・?

広くて歩き易い尾根道  青空になる

峠からは快適な尾根道が続いています。
風は冷たいですが、ブナの大木もある広々した道は気持ちがいいです。
そして嬉しい事に、青空も戻って来ました!

輝く紅葉

登り詰めて右手の尾根に出ます。ここも広い尾根道。
『この場所は下山時には迷い易い所です。このままつい直進してしまうからです。』とリーダー。
現在地確認をしながら歩きます。

1389m地点で現在地確認 ここも快適な尾根道 

やがて見えて来ました、一ノ森の雄姿。霧氷も見えています。
足取りも軽くなるような気分。

一ノ森が見えて来ました 霧氷も見える!

なだらかな窪地の池の窪に到着。水はありません。
この後登りが急になって来ます。

見上げる彩り 池の窪

樹林帯を抜け、見晴らしが良くなった所で再びヘリが旋回して来ました。
県警のヘリのようです。”訓練やろうかねぇ?”なんて話したのですが・・・。
(後で分かったのですが、遭難者の捜索だったのでした)

ヘリが旋回  いよいよ山頂へと

やがて待望の霧氷の中へ!
やった〜〜!!ヽ(^。^)ノ皆大喜びです。ここで集合写真もパチリ。

コリトリからの道との合流点では、一ノ森北側一面に霧氷がついているのが見え、歓声が上がります。

ワーイ!!初霧氷の中に突入! 霧氷のカケラ 

『これからの道は、写真を撮っている人は追い越して進んで下さい』とリーダー。
半数程は写真撮影に忙しいです。

うれしい眺め

エビの尻尾も  白骨樹にも霧氷

そしてヒュッテに到着しました。
この道を辿って一ノ森に来てみたい、とずっと思っていたので、念願叶いとても嬉しいです。
紅葉・青空・霧氷という最高の日に!

まずはヒュッテ奥の小屋まで行き、ここが冬期は避難小屋として使用出来ると、リーダーから説明してもらいました。
そしてしばしお弁当タイムです。

クリスマスツリー ヒュッテお庭にてお弁当タイム

ヒュッテでは、何組かの登山者と出会いました。
テーブルも混み合って来たので、自分たちは山頂へと。

笹原と白骨樹

ここでまたヘリが飛んで来ました。
捜索とは知らずに、物珍しげに皆ヘリを見上げた事でした・・・。

一ノ森山頂 またヘリが旋回

男前の次郎笈とたおやかな剣山、仲良く並んでいます。いい眺めや・・・。
どちらの山頂にも、沢山の登山者が見られます。

次郎・剣

もっともっとゆっくりしたいですが・・・名残惜しく下山です。

ヒュッテを見下ろす 下山開始

槍戸山へと下って行きます。
もうこの辺りでは汗ばむほど。
名物五葉松は、葉が茶色くなってるのが気になりました・・・。

どこから見ても美しい次郎笈 名物五葉松

登って来た尾根と、今下りている尾根との間に、とても気になる尾根があります。
ここから見る限りでは、笹原でなだらかな尾根。あそこを歩きたいです。道は無いようですが・・・。

白骨樹と次郎笈 気になる尾根・・歩いてみたい・・

槍戸山を過ぎ危険個所も過ぎて、最後のピークからの下り、実はここで道を間違えました。
(下山に時間がかかっているのはそのせいです)
テープに沿って何のためらいもなく急斜面を下ったのですが・・・
”違う、こんな道じゃ無かった。急だけどもっとちゃんとした道だった。”と以前の記憶が、頭の中で警鐘を鳴らしています。
テープも途中で無くなりました。
結局右手に寄り過ぎていたという事で、斜面をそのまま左横に進み、本来の登山道にあっけなく戻れたのですが。
自分ではもっと右ではないか、と思い込んでいた勘違いと、”下りには要注意”というのがおろそかになっていた事に猛反省した次第です。

元の道に戻ってからは、あっという間にデポした車の待つ登山口へと下山しました。
笑い話で終わって良かったですが、いい教訓になりました。

危険個所通過 槍戸山登山口に下山

最後にもう一つハプニング。
車を回収し帰路へと向かう時・・・山の家から少し下った辺りで前を走っていた車が停まりました。
??と見ていると、カメラ片手にメンバーが車から飛び出して来て『クマ!!クマ!!』と叫んでいます。
えーーっ!?クマ!?半信半疑ながら自分たちも大急ぎで車から出て、後を追いましたよ〜〜。
それはクマではなくて黒いカモシカでした・・・。
繁みの中からじっとこちらを見下ろしています。
逃げないので何とか撮影出来ました。

普段は落ち着いたメンバーの、あの慌てよう!あれを写せば良かったわ、と大笑い。
楽しいハプニングの一コマでした。

本日唯一の花一輪 ニホンカモシカに遭遇

日照時間の短いこの時季、メンバーでいろいろ討議して決めた今日のコースでしたが、結果大満足の山行でした。
にくぶちからの道は、初めからずっと素晴らしい道でした。
機会があれば、また歩きたい道です。
”現在地確認”の大切さを痛感した山行でもありました。
リーダーさんお世話さまでした。皆さんお疲れさまでした。
楽しかったですね!