2012年12月04日
伊予富士(1,756m)
寒風登山口 桑瀬峠 伊予富士 桑瀬峠 寒風登山口
8:35) (9:25) (10:55〜11:10) (12:50) (13:20)

本日は伊予富士へ。
厳冬期に積雪に阻まれ、二度撤退している伊予富士です。

今日は自宅を出る時には10℃、寒風登山口もさほどの寒さではありません。
が・・・、どんよりした暗い空からみぞれが舞っています。風も強い。
天気予報とえらい違う・・・ちょっと重い気分で出発です。
ネックウォーマーに冬用のトレッキングパンツ、オーバーミトンもアイゼンもと装備はバッチリ!

暗い寒風駐車場広場  ぼんやりと寒風が・・ 桑瀬峠に 

桑瀬峠から稜線北側の樹林帯では、北風が吹き付け足元も凍っていて慎重に登ります。
アイゼンは何とか使用せずに通過。
雪は少しなので、着けたら却って危ないかもです。

登山道のブナ

一昨年敗退した場所を過ぎ、今年難儀した場所も過ぎ、伊予富士の雄姿が正面に聳える稜線に出ました。
初めて単独でここへやって来た7年前、”ここは天国かしら?”と感動した事を懐かしく思い出します。
今日は残念ながら、伊予富士山頂はガスに隠れています・・・。

稜線へと  伊予富士はガスの中

冷たい風が吹き付けるとネックウォーマーを耳まで引き上げたり、また暑くなって引き下げたり・・・
手袋も薄手のフリースのものでしたが、途中で厚手のに替えました。
オーバーミトンは一応ザックにくっつけていましたが、片方だけぶら下げていたようです。
(もう片方は出発時に落としたらしい・・・相変わらず間抜けです・・・)

うれしい霧氷も付いていますが、そんなに寒くはありません。

霧氷も付いています  姿を現せた伊予富士(写カツオ氏)

風は強く、雲もすごいスピードで南へと流れています。
もっともっと流れてガスを吹き飛ばして〜〜、の願いが叶ったのかどうか、徐々に明るくなって来ました。

ガスが晴れて行きます!  近付く山頂

山頂下の木立の斜面は凍ってはいましたが、木につかまったりしながら何とか進みます。

振り返る尾根  青空です!

この後青空となり、視界もクッキリ!
皆の歓声が上がります。ほんとにうれしい限りです。

遠くに西条の街並み 山頂 

『着いたよ』と先頭のメンバーの声。
凍って要注意の箇所もありましたが、いつの間にか山頂到着です。

短めのエビの尻尾 冠〜平家

寒風〜笹

明るくなった空の下、遠くまでもハッキリと連なる山々が望めます。
寒風〜笹〜冠山〜平家平・・・遠くに二ツ岳も見えました。
遥か南には太平洋、北には瀬戸内海・・・贅沢な眺めを満喫。
今日は山頂で、しばらく眺めを楽しむ事が出来ました。

慎重に下山 ここまで下ればひと安心 

下山も慎重に・・・何とか滑らずに下りました。
アイゼンは今日は出番なしでしたね。

最高のロケーションでランチタイム(写カツオ氏)

風の当たらない場所で、お弁当タイム。
今しがた登って来た伊予富士をたっぷり眺めての、最高のランチ!
Sさんの”栗の渋皮煮”おいしかった!!ごちそうさまでした。

帰りは青空  振り返り見る伊予富士

帰路は凍っていた雪もかなり融けて、道はジュルジュルに。
空も再び雲に覆われて、桑瀬峠まで戻って来た頃には青空は消えてしまいました。

再びどんよりした空に・・・  氷漬けのアセビ

今日は雪山歩きとは言えませんが、私には今季初めての雪。
寒さも厳しくなくて、楽しく歩く事が出来ました。
何たって山頂付近からガスが晴れてくれたのが最高!でした。
お蔭で美しい稜線の眺めを、満喫出来ました。

まだまだお山はこれからが冬本番。
出来れば”快晴・無風”の日にゆっくり歩きたいものです。
皆さんお疲れさまでした。楽しかったですね!