2012年12月23日
平家平(1,673m)
小麦畝登山口 鉄塔尾根 平家平 昼食 高藪登山口
8:35) (10:17) (11:15) (11:40〜12:00) (12:55)

本日は、山の会今年最後の例会で平家平へ。
昨年はラッセルに難儀し、山頂手前で撤退しました。
今年は山頂まで行きたい、と出発時間も早めコースも小麦畝から登り高藪に下山というのに変更。
寒さ対策&アイゼンにピッケル、防寒手袋etcと万全の準備で望んだのですが・・・。

下見に行ってくれたリーダーからは、”雪は拍子抜けする位少ない”との連絡。
当日は、前日に雨が降った事もあり、下見の時より更に雪は無くなっているようでした。
そしてお天気はというと・・・平地は晴れの予報なのに、暗い雲に覆われています〜〜。

まずは高藪登山口に一台車をデポし、小麦畝登山口へ。
念の為アイゼンはザックに入れて出発。
本日は15名のメンバー、大半が昨年も参加した顔ぶれです。

暗い小麦畝登山口からの眺め  雪の無い登山口  いくつか谷を渡り

昨年とは全然様子の違った登山道、いくつかの橋(谷)を渡りようやくうっすらと雪が現れました。

ツララも融けそう やっと少し雪が現れる 

さすがに吹き付ける風は冷たいですが、鉄塔尾根への登りの頃にはお日様も顔を出してくれて、”暑い、暑い”の声。
雪山=半袖のさんは、すでに半袖姿になっています。(彼女は無類のヤブ好き岩好きでもあります)

汗ばむ南斜面  平家平山頂が遠望  尾根へ

尾根に出ると北側斜面に広がる霧氷に、皆の歓声が上がります。
これで真っ青な空だったら・・・と欲張りな事を思ってしまいます。

霧氷がお出迎え

中七番からの道と合流する尾根、まだ歩いた事の無い道を来年は歩きたいものです。

この向こうは未知の道  遠くに二ツ岳

この後は霧氷のトンネルが続きます。
白いブナが次々と迎えてくれ、何とも幸せな道!言う事なしです。

広々した尾根道  霧氷の花咲くブナ

昨年はこの尾根道、ラッセルを交代しながら進み、難儀したものです。
今日は何て歩きやすい事!快適です。

昨年とは大違いの尾根道 快調に進む 

ただ、青空はもうすっかり隠れてしまい、きれいな霧氷も何だかボヤけて来ました・・・。

山頂はもうすぐ  青空は消えてしまう

気がつけば、いつの間にか昨年撤退した場所も過ぎ、山頂が目の前に。

最後の登り

見覚えのある岩だな、と横目で見ていたら”山頂ですよ”との先頭からの声。
昨年の苦労が嘘のように、呆気ないくらい早く山頂に着きました。
雪があると無いとでは、かくも違うのね〜〜とつくづく思います。
今回はとても歩き易かったです。

山頂  本日のメンバー  冠山への道

山頂はさすがに風が寒くて、長居は出来ません。
集合写真を撮り、早々に下山します。
こちらの道も、笹が刈られ歩き易いです。雪も適度のクッションになってくれます。

高藪へと下山  歩き易い道

途中風の当たらない場所でお弁当タイムを過ごし、順調に下山しました。
雪が無くなっても、落ち葉フカフカの快適な道でした。

今回この山が初めての人もいて、”またアケボノツツジが咲く頃に来ようね”って。
雪も好きだけど、春も待ち遠しいな。

風の無い場所にて昼食  高藪登山口に下山  林道歩き

車を回収する間じっと待つのは寒いしで、林道を歩きます。
結構小一時間歩きました。(ヤブ好きのKさんは時折ショートカットしていました)
やっと車が戻って来て大急ぎで汗に濡れた衣服を着替え、暖かい車中に入りホッとした事でした。
山よりも林道歩きの方が寒かったような・・・。

今年の山歩きはこれでおしまいです。
お天気は今ひとつでしたが、皆と楽しく歩き、霧氷にも会えた一日。
一人では長い行程も、仲間と歩けば短く感じます。
今年も沢山の山を歩けて幸せな一年でした。
単独で行った三嶺・天狗塚も、とても心に残っています。

そして”ギッッチャンの山歩き”をご訪問して下さってる皆さま、いつもありがとうございます。
変わり映えしないHPですが、また来年も自分なりの山歩きをしたいと思っています。
良いお年をお迎え下さいね!